更新日2016/04/14
ベトナム事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00362_ベトナム事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0900426

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


南部地域医療リハビリテーション強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20100510日20130509日
 









分野課題1


保健医療-保健医療システム


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0279999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)南部地域医療リハビリテーション強化プロジェクト




(英)Project for Strengthening Medical Rehabilitation Service in the Southern Area of Vietnam

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/03/01
 


プロジェクトサイト


ホーチミン市他
 
協力期間20100510日201305月 09日
   


相手国機関名


(和)

保健省チョーライ病院


相手国機関名


(英)

Cho Ray Hospital, Ministry of Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ベトナム社会主義共和国(以下「ベ」国という。)では、ドイモイ政策による市場経済を導入した1986年を境に、死亡原因に急激な変化がみられるようになった。1986年以前は全死者数の50%強を占めていた既存感染症疾患による死者数が2005年には20%を下回り、代わって、多くは生活習慣の変化が主要因と考えられる循環器系疾患、糖尿病、癌等の非感染症疾患による死者数が1986年当時は40%弱であったものが、2005年には62%を占めるに至っている。また、7%程度であった交通事故による死者数は、2005年には3倍の20%強に増えている 。さらに、死亡原因や疾病傾向の変化に伴い、医療機関を利用する患者数も増加している。ホーチミン市以外の居住者が入院患者の7割を占めるチョーライ病院の最多疾患は循環器系疾患で、2位は外傷である。両症例のうち、中枢神経障害の原因となる頭部外傷(TBI:traumatic brain injury)及び脳血管障害(CVA:cerebrovascular accident)の2007年の患者数を南部地域7省の8つの総合病院で調査した結果、TBIは3病院で1位、CVAは3病院で2位、4病院で3位であった。日本では中枢神経障害の治療は、発症後の早い時期から患部治療のための医療リハビリテーションがなされることで、機能的な障害の軽減に大きな成果を上げている。他方、「ベ」国においては医療リハビリテーションの効果及び重要性に対する認識が低く、急性期だけでなく回復期及び維持期における対応も十分に行われていない。
 JICAはチョーライ病院に対し、2006年1月から2008年12月まで、草の根技術協力プロジェクト「ベトナムにおける地域リハビリテーション及び障害当事者エンパワメントを通した身体障害者支援事業」を実施し、主にTBIとCVAによる障害者に対する運動療法及び作業療法によるリハビリテーション技術の移転を行った。これにより、チョーライ病院の理学療法士(PT:physical therapist)の技術と障害者に関わる態度は大きく改善されたが、チョーライ病院は、この成果を基盤としてさらに同病院の医療リハビリテーション技術を発展させるとともに、習得した技術を南部地域の医療機関に広く移転させることを目的として、保健省を通じて本プロジェクトの要請を行った。
 なお、保健省は地域社会に根差したリハビリテーション(CBR:community based rehabilitation)によって医療リハビリテーションサービスへのアクセスを保障する政策を有しており、中核病院及び省総合病院の医療リハビリテーション技術の向上を目標とする本プロジェクトは、単に対象者の技術的(質的)な向上のみではなく、成果の持続性やサービスへのアクセスの向上なども十分に念頭に置き実施する必要がある。


上位目標


チョーライ病院及び南部地域医療機関において提供されるCVA及びTBIに関するリハビリテーションサービスが向上する。


プロジェクト目標


チョーライ病院におけるCVA及びTBIに関するリハビリテーション技術及び指導能力が向上する。


成果


1.チョーライ病院におけるCVA及びTBIに関するリハビリテーションサービスの質が向上する。
2.チョーライ病院が省病院のリハビリテーション従事者に対して当該分野の適切な技術指導を実施できるようになる。
3.チョーライ病院における当該分野の患者に対し、退院時に適切な指導が行われる。


活動


1-1 チョーライ病院におけるリハビリテーション基準を作成する。
1-2 作成されたリハビリテーション基準に基づき、PT及びリハビリテーション従事者がCVA及びTBIにおける強化すべき技術の分析及び評価を行う。
1-3 PT及びリハビリテーション従事者に対し、CVA及びTBIリハビリテーションに関する院内研修を実施する。
1-4 医療及びリハビリテーション従事者向けのCVA及びTBIに関するガイドブックを作成する。
1-5 チョーライ病院におけるチームリハビリテーション基準及びガイドラインを作成する。
1-6 障害評価システムに基づく診断・評価を行う。
1-7 各症例について介入開始時から終了時までの結果を適切に記録する体制を構築する。
1-8 CVA及びTBIの症例に基づくケースカンファレンスを定期的に実施する。
1-9 リハビリテーションの早期介入(急性期リハビリテーション)を強化・促進する。
2-1 省病院における研修ニーズを把握する。
2-2 省病院の研修ニーズに基づき、研修カリキュラム、モジュール及び教材を作成する。
2-3 講師の選定・訓練を行う。
2-4 各コースの年間実施計画を策定し、計画に基づいて研修を実施する。
3-1 退院後も継続的なリハビリテーションを行うための患者及び家族向けハンドブックを作成する。
3-2 ベトナム南部地域におけるリハビリテーション実施機関やCBR活動など、退院患者のリハビリテーション継続に資する情報収集を行う。
3-3 収集した情報を活用し、リファラルマップを作成・周知する。
3-4 ハンドブック・リファラルマップに基づく退院時指導を実施する。
3-5 退院患者に対し、申し送り書を手交する。


投入




日本側投入


・専門家
 長期専門家(1名):チーフ・アドバイザー/理学療法
 短期専門家:チーム医療、理学療法、作業療法、言語療法等
・研修:本邦研修
・供与機材:研修用機材等
・研修活動費の一部(教材作成費等)
・プロジェクト活動費


相手国側投入


・カウンターパート及びプロジェクトスタッフの配置
・事務所及びその他必要な施設・機材の提供
・プロジェクト運営に必要な日常的経費
・研修活動費の一部(講師謝金、交通費、日当、宿泊費等)


外部条件


1.成果達成のための外部条件
・CVA及びTBIの患者が激減しない。
・チョーライ病院が省病院に対する研修を実施する体制(増員、インセンティブ等)を確保する。
・講師がプロジェクト期間中にチョーライ病院を退職しない。
・省人民委員会と省保健局がプロジェクトに賛同し、必要な財政的支援を行う。
・リファラルマップの内容が保健省に承認される。
2.プロジェクト目標達成のための外部条件
・少なくとも4省以上の省総合病院が、プロジェクト終了時まで研修に参加し続ける。
・退院患者・家族が、ハンドブック、リファラルマップ及び申し送り書を活用する。
 


実施体制




(1)現地実施体制


責任機関:保健省
実施機関:チョーライ病院(ホーチミン市)


(2)国内支援体制


国際医療福祉大学他

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


草の根技術協力「地域リハビリテーション及び障害当事者エンパワメントを通じた身体障害者支援事業」(実施期間:2006年1月~2008年12月)の成果を基盤とした協力となる。また、南部地域に派遣中の協力隊員との連携も期待できる。


(2)他ドナー等の援助活動


米国のNGOであるHVO(Health Volunteers Overseas)が、USAIDから資金提供を受け、1992年から2007年までリハビリテーション技術の移転と障害者支援に関するプロジェクトを全国各地で実施していた。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Apr.14,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0900426


Title


Project for Strengthening Medical Rehabilitation Service in the Southern Area of Vietnam






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Health System


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


0279999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Ho Chi Minh City





Mar.01,2010
Term of Cooperation2010/05 ~2013/05


Implementing Organization


Cho Ray Hospital, Ministry of Health


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表

2

05/10/2010
05/09/2013