更新日2016/05/21
ラオス事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00388_ラオス事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0800211

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ラオス


11080












対象国(その他)







 





案件名(和)


国立大学ITサービス産業人材育成プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20081201日20131130日
 









分野課題1


情報通信技術(ICTの利活用を含む)-情報通信技術


分野課題2


教育-高等教育


分野課題3




分野分類


公共・公益事業-通信・放送-通信・放送一般

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0249999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)国立大学ITサービス産業人材育成プロジェクト




(英)Human Resource Development in IT Service Industry at NUOL

 





対象国名


ラオス


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/11/28
 


プロジェクトサイト


ラオス国立大学工学部
 
協力期間20081201日201311月 30日
   


相手国機関名


(和)

ラオス国立大学


相手国機関名


(英)

National University of Laos









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


近年、周辺国が情報技術の活用による経済発展の加速化を図る一方で、ラオス国では情報技術分野の導入と開発が遅れており、同分野を活用した経済振興において、他国との格差が一層拡大することが懸念されている。2001年3月、ラオス国第7回党大会において、IT教育の重要性と、その技術の活用により同国経済の活性化を図ることが明言された。2003年1月に実施された全省庁の課長職以上対象の「ラオス国における工業化および近代化実施政策」のセミナーにおいても、情報技術分野の教育の重要性と、通信分野のみならず、観光、交通、保健及び環境分野など全ての分野でITを導入し、国全体の経済の活性化を図ることが述べられている。
 ラオス国立大学工学部は、その責務の一つとしてIT分野の人材育成が位置づけられており、我が国の支援を受けて「ラオス国立大学工学部情報化対応人材育成機能強化プロジェクト」(2003年4月から5年間)を実施した。これによって高等ディプロマ資格取得者以上を対象とした教育課程を提供する仕組みができ、短期間で効果的にIT分野の人材育成を図ることが可能となった。
 他方、産業界からはデータベース、ネットワーク、アプリケーションといった分野で、より実践的なITスペシャリスト確保への強い要請がある。しかしながら、IT産業が未発達のラオスでは実践的な経験を積む機会が限られており、また、産業界で勤務している人材は外国人か海外留学からの帰国者がほとんどである。既存の教育機関も、産業界が要望する実践的な人材の育成には充分応えられていない現状にあった。
 このような背景の下、ラオス国政府より我が国に対し、持続的に実践的なIT人材育成の体制構築を行うことを目標とする技術協力プロジェクト実施の要請がなされた。なお、このようなラオス国におけるIT分野の人材育成需要の現状は、基本的には我が国政府が2002年来進めている「アジアITイニシアチブ」の趣旨に合致している。


上位目標


ラオス国においてITサービス産業が発展する。


プロジェクト目標


ラオス国立大学(NUOL)工学部IT学科によるITSC(IT Specialist Course:研究生コース)を通じて、ITサービス市場に応じた人材が育成される。


成果


1) NUOL工学部IT学科においてITSCが適切に運営される。
2) NUOL工学部IT学科においてITBU(IT Business Unit:IT学科内会社)が適切に運営される。
3) ITSC担当教員及び将来の修士コースを担当する教員のソフトウェア・エンジニアリングに関する実践的スキルおよび指導力が 強化される。
4) 実践的なソフトウェア・エンジニアリング・スキルおよびビジネス・スキルを習得するためのITSC及び修士コースが整備・実施される。
5) 産学官の連携が強化される。


活動


成果1.
各種必要ガイドラインおよびその実施記録表の作成、ラオス側スタッフ(カウンターパート)のTOR作成、卒業生と雇用者とのJob Matchingの仕組みの確立、IT関連機材の運用、機材のインベントリーの定期的な実施、ガイドラインに沿った活動状況のモニタリング、ITBUでの教員活動を教員評価に反映、卒業後の進路のモニタリング
成果2.
ITBUの事業計画およびその実績管理表の作成、ITBUの事業計画に沿った活動(営業活動、広報活動など)の実施、ITBUの事業計画の進捗状況のモニタリング、ITBUにおける起業の奨励
成果3.
教員の技術移転計画の作成、教員用研修のカリキュラムおよび教材の作成、教員の実践的スキルを評価するためのシステム開発用の評価表の作成、教員研修の実施、教員の実践的スキルおよび指導力の習得状況の定期的なモニタリング
成果4.
ITサービス産業の市場ニーズ調査の実施、カリキュラム・ボードの設置、市場ニーズに応じたITSCおよび修士コースのカリキュラム、シラバス、教材の作成、カリキュラム・ボードを通じてITSCおよび修士コースのカリキュラムの評価、ITSC及び修士コースの実施、カリキュラム、シラバス、教材の定期的な更新、ITSC及び修士コースの満足度調査の実施
成果5.
産・学・官による勉強会(IT産業振興政策、サイバー法、市場開拓など)の設置(「学」には、卒業生・学生団体を含む)、勉強会を通じたシンポジウムの実施、年次合同セミナーの開催、客員講師による講義の実施


投入




日本側投入


1.人材 
・長期:チーフアドバイザー、業務調整員
・短期:ネットワーク構築、データベース、プログラミング、学科内会社運営、産学官連携支援、各種セミナー講師
※第三国人材の活用を含む
2.本邦および第三国研修
3.施設整備 講義室およびITラボ建設
4.機材供与 IT関連機材など
5.現地活動費


相手国側投入


1.人材
・プロジェクト・ディレクター、プロジェクト・マネージャー、IT学科内会社マネージャー、専任教員、兼任教員、
システム管理者、IT学科内会社の事務職員
2.客員講師雇用に必要な経費
3.プロジェクト実施に必要な執務室および施設設備の提供
4.その他
 運営・経常費用
 電気、水道などの運用費等


外部条件


・政府組織およびITユーザー企業が、ITサービス企業にシステム開発などの発注を行うようになる。
・通信インフラの整備およびIT機器の普及が促進される。
・ITサービス産業振興策に必要な政策や諸制度が整備され、実施される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


ラオス側:ラオス国立大学(工学部IT学科)、教育・スポーツ省、ラオスICT商業協会(LICA)、郵政通信省、科学技術省 他


(2)国内支援体制


特に想定していない。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


【ラオス国立大学支援】
・技術協力プロジェクト「国立大学工学部情報化対応人材育成機能強化プロジェクト」2003年4月~2008年3月
・技術協力プロジェクト「国立大学経済経営学部支援プロジェクト」2000年9月~2007年8月
・技術協力プロジェクト「日本人材開発センタープロジェクト」2005年9月~2010年8月
・技術協力プロジェクト「ラオス日本センター・ビジネス人材育成プロジェクト」2010年9月~2014年8月
・青年海外協力隊員派遣(ラオス国立大学工学部IT学科) 2010年~2014年
【サバナケット大学支援】
・技術協力(個別案件) 「南部地域産業人材育成アドバイサー」2012年11月~2015年3月
・技術協力(個別案件) 「サバナケット大学 経営アドミニストレーション学部能力強化支援」2012年9月~2015年8月


(2)他ドナー等の援助活動


・KOICA:IT分野におけるボランティア派遣の実施
・インド:無償留学生受入(IT分野修士課程)
・中国:
 ①ラオス政府のプロジェクト
 「The Project for Using of ICTs to improve the Quality of and Accesss to Education(2011-2012)」に対する
 施設整備(教育行政機関内におけるEMIS整備、ICTセンター及びICT教育モデルスクールの設置)
機材供与及び人材育成分野(教育スポーツ省内におけるICT人材育成)での支援
②NUOLにおけるブロードバンド敷設、郵政通信省におけるIT機材整備支援
・ADB「Basic Education Sector Plan Ⅱ」におけるラオスの「ICTマスタープラン1」、「ICTマスタープラン2」及び
 政策・戦略ペーパー作成支援
・ADB「Strengthning higher education」プログラム(グラント)におけるNUOL、チャンパサック大学、スパヌウォン大学に対する
 IT機材整備支援

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


May.21,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800211


Title


Human Resource Development in IT Service Industry at NUOL






Country


LAOS






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Information and Communication Technology(Utilization of ICT)-Information and Communication Technology


Field 2


Education-Tertiary Education


Field 3








Sector


Public Works/Utilities-Communications/Broadcasting-Communications/Broadcasting/Gen.






Program Title


-


Program Number


0249999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Faculty of Engineering, National University of Laos





Nov.28,2008
Term of Cooperation2008/12 ~2013/11


Implementing Organization


National University of Laos


Background


Compared to the situation whereby developed countries and nearby ASEAN countries are utilizing Information Technology (IT) to the acceleration of economic development, the advancement of informatization in Lao PDR has been delayed. Therefore, it is a concern that the economic gap has widened. Regarding IT development policy in Lao PDR, the importance of IT education was recognized at the 7th Lao People's Revolutionary Party Congress in 2001. The utilization of IT has been promoted as a means to promote economic and national development in Lao PDR. The government of Lao PDR (GOL) recognized the necessity of the utilization of IT fields as major means to actively promote industrialization and modernization. In this regard, in January 2003, the policy for industrialization and modernization stated that it is necessary to 1) focus on IT education, 2) promote socio-economic growth though the use of IT not only in the field of communication but also in the fields of tourism, transportation, health and environment.
In order to develop human resources in IT field efficiently and effectively, the technical cooperation project namely "the Project for the Upgrading IT Education (Information Technology Bridging Course)" was implemented in National University of Laos (NUOL) for 5 years from April 2003. Then, to develop human resources in IT field has been considered as important role of NUOL.
On the other hand, the existing education institutes in Lao PDR have been facing difficulties to meet the strong demand from the IT service industry for developing practical IT specialists/ engineers especially in the field of database, network and application.
Against this background, the GOL requested the technical cooperation of the Japanese government on this matter in relation to the FE at NUOL. This project aims to contribute to the economic development of Lao PRD by establishing the sustainable system for developing human resources in the government and private sectors. The concept of this project is in line with "Asia Information Technology Initiative (AITI)" advocated by Japanese government from 2002.


Overall Goal


IT service industry is well-developed in the Lao PDR.


Project Purpose


Human resources are developed according to the IT service market through the postgraduate courses by the Department of Computer Engineering and Information Technology of the Faculty of Engineering at the NUOL.


Output


3-1.Postgraduate courses are properly operated at the Department of Computer Engineering and Information Technology of the Faculty of Engineering, the NUOL.
3-2 The IT Business Unit is properly operated at the Department of Computer Engineering and Information Technology of the Faculty of Engineering, the NUOL.
3-3 Practical skills and teaching capabilities of lecturers in charge of the postgraduate courses are enhanced in the field of the software engineering.
3-4 Postgraduate courses for the practical software engineering and business skills are developed and implemented.
3-5 Collaboration among the government, industry, and academia is reinforced.


Project Activities


1-1 Prepare various types of necessary guidelines and the format of the implementation records
1-2 Prepare the TOR of the counterparts
1-3 Establish the mechanism of the job matching between the graduates and employers
1-4 Operate IT-related equipment
1-5 Conduct the inventory of the equipment regularly
1-6 Monitor the actual activities along the guidelines
1-7 Reflect the lecturers' activities in the IT Business Unit into the lecturers' evaluation
1-8 Monitor the career options of the graduates
2-1 Prepare the plans of the IT Business Unit and the format of the achievement records
2-2 Conduct the activities, such as sales promotion, PR activities, etc., along the plans of the business unit
2-3 Monitor the progress of the plans of the IT Business unit
2-4 Encourage the graduates to promote new businesses (judged by the time of the mid-term evaluation)
3-1 Prepare the plans for the technical transfer to the lecturers
3-2 Prepare the curriculum and learning materials for the lecturers' trainings
3-3 Prepare the evaluation sheet of the system development for assessing the practical skills of lecturers
3-4 Conduct the lecturers' trainings
3-5 Monitor the practical skills and teaching capabilities of lecturers on regular basis
4-1 Study the market needs in the IT service industry
4-2 Set up the curriculum board
4-3 Develop the curriculums, syllabi, and learning materials for the postgraduate courses according to the market needs
4-4 Evaluate the curriculums of the postgraduate courses through the curriculum board
4-5 Conduct the postgraduate courses
4-6 Revise the curriculums, syllabi, and learning materials on regular basis
4-7 Study the satisfaction ratings of the postgraduate courses
5-1 Set up the study sessions, such as the IT industrial development, cyber laws, new market exploration, etc., by the government, industry, and academia (including students and alumni association)
5-2 Conduct the symposiums, etc. by the study sessions
5-3 Hold the joint annual seminars
5-4 Deliver lectures by the visiting lecturers


Input Summary byJapanese Side


1. Expert
Japanese long-term experts: Chief advisor, Project coordinator
Japanese short-term experts:
Network construction, Database and programming, Business unit operation,
Industry-academia- government collaboration, Lectures for seminars
Third-country experts
2. Training for counterpart personnel in Japan and the third-countries
3. Facility construction: Lecture rooms and IT laboratory
4. Equipments: IT related equipments
5. Operational expenses






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Ex-ante Evaluation Team

Jul.06,2008

 ~

Jul.26,2008




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成20年度) (外部公開)2011/07/08
中間レビュー(平成23年度) (外部公開)2013/09/09
終了時評価(平成25年度) (外部公開)2014/09/12
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/06/10
プロジェクトホームページ(英語) 2010/06/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/01/2008
11/30/2013