更新日2018/10/06
エジプト事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00430_エジプト事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1000560

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


エジプト


51180












対象国(その他)







 





案件名(和)


アフリカ向け第三国研修「灌漑と排水 第3フェーズ」プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20100919日20130331日
 









分野課題1


農業開発-灌漑・排水


分野課題2


南南協力-南南協力


分野課題3




分野分類


農林水産-農業-農業一般

 





プログラム名


アフリカ地域連携協力支援


プログラムID


4630000000004


援助重点分野


地域安定化促進


開発課題


サブ・サハラ諸国の開発支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)アフリカ向け第三国研修「灌漑と排水 第3フェーズ」プロジェクト




(英)On Farm Water Management;Irrigation and Drainage for Africa Phase3

 





対象国名


エジプト


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/05/02
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20100919日201303月 31日
   


相手国機関名


(和)

研修および水研究のための域内センター


相手国機関名


(英)

Regional Center for Training and Water Studies (RCTWS)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


急激な人口増加に伴い、毎年、世界的に水の需要が増加し続ける中、灌漑農業による水消費がその主となっているため、地球規模で農地用水の有効活用を図ることが重要な課題となっている。特にアフリカ地域では、灌漑を基軸として食糧増産と農村収入拡大が展開されていることから、水管理技術の開発と課題改善に向けた取り組みが急務となっている。
エジプトにおいては、"ナイル川流域イニシアチブ"(通称NBI)のもと、他のナイル川流域国9カ国と共同で水資源管理が進められている。1961年からはDrainage Research Instituteが、ナイル川を中心とする様々な農地排水関連事業に関わりながら同分野の技術を向上に貢献すると共に、Regional Center for Training and Water Studies(RCTWS) を設立し他国からの研修員受入事業を行っている。
このような背景から、ナイル川流域を中心とするアフリカ向け第三国研修「灌漑と排水」が、エジプトで2004年~2006年(第1フェーズ)と2007~2009年(第2フェーズ)に実施され、エチオピア、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダをはじめとしたアフリカ13カ国の80名以上の研修参加者から高い評価を得てきた。本件は、近年ナイル川流域を中心とするアフリカ諸国における水の有効活用が一層求められる中、エジプトのリソースの更なる活用を目指して、第3フェーズとして実施されるものである。


上位目標


ナイル川流域を中心としたアフリカ諸国の灌漑・排水の状況が改善することにより、水の有効活用が図られる。


プロジェクト目標


ナイル川流域を中心としたアフリカ諸国において、灌漑・排水の改善に資する技術者が養成される。


成果


1.研修参加者が、灌漑と排水分野に関し適切な知識と能力を習得する。
2.研修参加者が、自国の水管理に係かる課題を理解、分析し、帰国後、改善を図るために必要な技術とマネジメント能力を強化する。
3.研修参加を通じ、各国参加者がお互いの知識や経験の共有、意見交換を行うことで、今分野への理解を深めるとともに、ネットワーク形成が助成される。


活動


ナイル川流域を中心としたアフリカ諸国の灌漑排水技術者に対し、灌漑及び排水にかかる基本理論、灌漑排水施設の建設計画・設計・管理の技術と知識等について、講義と実習を組み合わせた研修を毎年一回6週間程度、3年間にわたり実施する。


投入




日本側投入


研修実施経費の85%負担
必要に応じ日本からの在外研修講師の派遣


相手国側投入


研修実施経費の15%負担
研修講師及び施設の提供


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


研修および水研究のための域内センター(RCTWS)を実施機関として、応募者の選考、参加者の受入、研修コースの運営を行う。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Oct.06,2018







Overseas Office


JICA Egypt Office


Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000560


Title


On Farm Water Management;Irrigation and Drainage for Africa Phase3






Country


EGYPT






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Agricultural Development-Irrigation/Drainage


Field 2


South-South Cooperation-South-South Cooperation


Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Agriculture-Agriculture/General






Program Title


Joint Assistance for African Region


Program Number


4630000000004


Cooperation Priority Area


Promotion of Regional Stability


Development Issue


Assistance for Development in Sub-Sahara Countries






Project Site







May.02,2010
Term of Cooperation2010/09 ~2013/03


Implementing Organization


Regional Center for Training and Water Studies (RCTWS)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


09/19/2010
03/31/2013