更新日2018/06/23
タンザニア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00460_タンザニア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1100558

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


タンザニア


41090












対象国(その他)







 





案件名(和)


州保健行政システム強化プロジェクト フェーズ2

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20111025日20141024日
 









分野課題1


保健医療-保健医療システム


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


保健システム強化プログラム


プログラムID


5480000000007


援助重点分野


ガバナンス・行政サービス能力の向上


開発課題


行政サービスの改善






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)州保健行政システム強化プロジェクト フェーズ2




(英)Project for Capacity Development in Regional Health Management Phase 2

 





対象国名


タンザニア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2011/07/28
 


プロジェクトサイト


ダルエスサラーム
 
協力期間20111025日201410月 24日
   


相手国機関名


(和)

保健福祉省


相手国機関名


(英)

Ministry of Health and Social Welfare









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


タンザニア国(以下「タ」国)においては、地方分権化政策ならびに保健セクター改革プログラムのもと県への権限委譲が進んでいる。しかし、保健サービスの質とアクセスを向上させていくためには、県保健局を指導監督する州保健局の能力強化が重要であること、また州保健局から県保健局及び州病院に対する、政策周知・徹底および巡回監督指導(サポーティブ・スーパービジョン)の強化が保健福祉省及び保健セクター関係者に強く認識されてきており、「タ」国保健セクター戦略計画Ⅲ(HSSPⅢ:2009-2015)においても州保健行政強化が重点政策として謳われている。
 我が国は2008年4月より2011年3月まで「州保健行政システム強化プロジェクト(フェーズ1)」を行い、州保健局への人員・予算の配置、州保健局の基礎的マネジメント能力の向上、保健福祉省から州保健局に対する定期的な巡回指導の標準化・制度化などの成果が達成された。しかしながら2010年9月に実施された終了時評価において、州内の保健サービスの安定と質の確保のための州保健局の人材・財政・情報管理能力の強化、県保健局・州病院へのサポーティブ・スーパービジョンの実践の強化等の課題について更なる改善の必要性が認められた。
 本事業は、フェーズ1の成果をふまえ、基礎的保健サービス提供を担う県保健局および州病院の機能向上に貢献することを念頭に、州保健局による県保健局および州病院への支援機能の強化を目的として実施するものである。


上位目標


州病院管理チーム及び県保健局のマネジメント業務がより効果的に遂行される。


プロジェクト目標


州保健局による県保健局および州病院管理チームの支援業務がより効果的に遂行される。


成果


1:州保健局における県保健局と州病院管理チーム支援のための知識と技能が向上する。
2:州保健局における県保健局と州病院管理チームの支援に関する役割と機能が強化される。
3:州保健局が機能を遂行するためのガイドラインとツールが開発される。


活動


1-1 新たに設立された州の州保健局職員に対し、県保健局と州病院管理チームの支援のためのマネジメント/コーチング技能の研修を実施する。
1-2 州保健局の研修パッケージを以下の項目につき開発する。(県年次保健計画と計画ツール、県年次保健計画及び県保健報告書の審査、州保健局/州病院管理チーム/県保健局のリソース管理(財政・人的資源)、データ管理、州保健局計画・報告ガイドライン、州保健局から県保健局への支援的巡回指導に関する標準化ツール及び手順)
1-3 上記項目に関し州保健局に対する研修を実施する。
1-4 州保健局に対し以下の項目につきオリエンテーションを実施する。(病院改革・計画、県保健サービス委員会、病院諮問委員会、保健サービス協定の確立)
2-1 州保健局年次レビュー会議を開催し州保健行政に関する課題を検討する。
2-2 「州保健管理システムの機能」文書を改訂し、州保健局と州病院管理チームの現行組織体制を明確にする。
2-3 州保健局のウェブサイトとニュースレターを作成し、州保健局の役割と機能を関係者に周知させる。
2-4 中央から州への支援的巡回指導と州保健局の四半期/年次報告書に基づき、州保健局の業務のモニタリングと分析を行う。
2-5 州保健局の業務状況を「年次保健セクタープロファイル報告書」に掲載する。
3-1 既存の政策・戦略・ガイドラインに基づき、州保健局から県保健局に対する支援的巡回指導に関する標準ツール及び手順を開発する。
3-2 州保健局から州病院管理チームに対する支援的巡回指導に関する手順を標準化する。
3-3 技術作業部会を通じ、マネジメント関連の支援的巡回指導活動間の調整を促進する。
3-4 州保健局のインターネット接続環境に関する現状調査に基づき必要に応じて州保健局にインターネット接続を設置する。


投入




日本側投入


①専門家派遣
 総括/保健システム、保健マネジメント、保健人材開発/研修開発、保健計画/財務管理、業務調整他
②機材供与
 車輌、インターネット接続機材・モデム等
③本邦および第三国研修
 課題別研修枠を活用(地方保健行政分野)
④在外事業強化費
 教材印刷費、研修実施にかかる経費等、タンザニア側が負担できない実施経費


相手国側投入


①人材配置
 プロジェクトディレクター:保健福祉省 主席医務官、
 プロジェクトマネジャー:保健福祉省 政策計画局長
 カウンターパート:保健福祉省政策計画局保健セクター資源事務局職員等6名程度
②施設・機材 
 保健福祉省内プロジェクトオフィススペース
③その他
 タンザニア側職員の給料・手当、プロジェクト事務所経費、その他経費


外部条件


(1)事業実施のための前提
 ・州保健局において適切な要件を満たす職員が必要な人数配置される
 ・州保健局に対する予算が継続的に配分される
 ・SWAPメカニズムにおける技術作業部会が維持される。
 ・州保健局の強化が引き続き国家政策である。
(2)成果達成のための外部条件
 ・州保健局において巡回指導のための適切な交通手段が確保される。
 ・研修を受けた人材の人事異動が頻繁に起こらない。
 ・必要に応じプロジェクトに対する地方自治庁からの協力が得られる。
(3)プロジェクト目標達成のための外部条件
 ・州保健局における予算が適切な時期に支出される。
 ・州保健局に対する他の開発パートナーによる支援が予定通り実施される。
(4)上位目標達成のための外部条件
 ・州病院管理チームと県保健局において財源及び人材が確保される。
 ・州病院管理チームと県保健局に対する他のプログラムによる支援が予定通り実施される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


実施省庁:保健福祉省 政策計画局 保健セクター資源事務局
対象州: タンザニア本土全25州


(2)国内支援体制


必要に応じ人間開発部による技術支援を得る。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


本件に先立つ案件
 「モロゴロ州保健行政強化プロジェクト」2001年4月~2007年3月
 「州保健行政システム強化プロジェクト(フェーズ1)」2008年4月~2011年3月
保健行政システム強化プログラムにおける他案件
 「保健人材開発強化プロジェクト」(2010年11月~2014年11月)
 「HIV/エイズサービスのための保健システム強化プロジェクト」(2010年10月~2014年10月)


(2)他ドナー等の援助活動


保健セクターワイドアプローチ(SWAPs)のもと、バスケットファンドを含め、11のドナーが支援を行っている。
技術支援として、ドイツ(GIZ)は県の保健サービス向上、スイス(SDC)は県保健計画策定、米国(USAID)が財政管理能力向上・人材管理強化等を行っている。また、WHOが保健福祉省の巡回指導、モニタリング・評価の支援を行っている。タンザニアにおいては、県レベルでの支援を行うドナーが多い中、州レベルの強化に取組んでいるのはJICAのみであり、他ドナーとの連携のもと保健行政システム強化をめざす本プロジェクトの意義は高い。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.23,2018







Overseas Office


JICA Tanzania Office


Headquarters
Domestic Office








Project Number


1100558


Title


Project for Capacity Development in Regional Health Management Phase 2






Country


TANZANIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Health System


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Program of Health Systems Streangthening


Program Number


5480000000007


Cooperation Priority Area


Improvement of Governance and the Public Service Delivery


Development Issue


Improvement of the public service delivery






Project Site


Dar es Salaam





Jul.28,2011
Term of Cooperation2011/10 ~2014/10


Implementing Organization


Ministry of Health and Social Welfare


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成23年度) (外部公開)2011/09/26
終了時評価(平成26年度) (外部公開)2017/10/06
報告書(詳細計画策定調査・実施協議調査報告書)(外部公開)2013/10/11
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2017/10/31
プロジェクトホームページ(日本語) 2012/06/08
プロジェクトホームページ(英語) 2012/06/08

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/25/2011
10/24/2014