更新日2004/12/27
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0604967

プロジェクトID(旧)


5451025E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


ウガンダ


41080












対象国(その他)







 





案件名(和)


職業訓練指導員研修プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20040119日20070319日
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)職業訓練指導員研修プロジェクト




(英)Vocational Training for Instructors

 





対象国名


ウガンダ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2004/10/03
 


プロジェクトサイト


Ministry of Education and Sports, Nakawa Vocational Training Center
 
協力期間20040119日200703月 19日
   


相手国機関名


(和)

教育・スポーツ省、ナカワ職業訓練校


相手国機関名


(英)

Ministry of Education and Sports, Nakawa Vocational Training Institute









日本側協力機関名


厚生労働省、雇用・能力開発機構
 


プロジェクト概要




背景


ウガンダ国は、アミン政権以降の政治・社会混乱状況を経て、1986年の現ムセベニ政権樹立以来、復興開発計画(1993/94~1995/96)に基づき国家の再建を進めてきた。しかしながら、長期にわたる内戦による技能労働者の不足は、同国の産業振興、経済発展にとって大きな阻害要因となっており、同国政府は同計画において人的資源開発を最重点課題とし、教育の再建、職業訓練及び雇用の問題に優先的に取り組んでいる。
これを踏まえJICAは1997年からの7年間、ナカワ職業訓練校において、従来から実施されてきた在職労働者に対する徒弟訓練、向上訓練に加え、産業界から特にニーズの高い若年無技能者に対する養成訓練を実施すべく、産業界における優先度の高い電気、電子、機械、自動車、溶接、板金、木工の7分野について技術協力を実施した。
このプロジェクトの効果は非常に高く、国内外からの評価を得られたものの、ウ国全体でみると、既存の職業訓練指導員養成校が優秀な人材の不足等により、その役割を十分に果たしていない実情がある。
この状況から、ナカワ職業訓練におけるトレーナーズトレーニング実施機能を持たせるべくナカワ職業訓練校の整備計画の策定、および同校における第三国・現地国内研修の実施に関する要請がウ側からあった。


上位目標




プロジェクト目標


「職業訓練指導員研修/第三国・現地国内研修」実施についてサポートし、事業効果を高めるとともに、「ナカワ職業訓練校に指導員養成機能を持たせるための計画が策定される。


成果


(1)第三国・現地国内研修
・「職業訓練指導員研修/第三国・現地国内研修」が円滑に実施運営される。
(2)職業訓練指導員養成のためのナカワ職業訓練校整備計画策定
・ナカワ職業訓練校にて職業訓練指導員養成を実施するための同校の整備計画が策定される。
・ナカワ職業訓練校にて職業訓練指導員を養成するための実施体制が整備される。


活動


(1)第三国・現地国内研修
1-1. ニーズ調査の実施と研修内容の見直しを行い、産業界との乖離が生じないように、技術面での助言や必要な支援(供与機材、短期専門家派遣など)を行う。
1-2. 研修の円滑な実施運営に必要なコース運営促進面での助言を行う。
1-3. 実施機関がJICAに提出する各種報告書作成に関して、必要な助言を行う。
(2)職業訓練指導員養成のためのナカワ職業訓練校整備計画策定
2-1 ナカワ職業訓練校整備計画の取りまとめ 
2-2 指導員要請訓練実施体制の構築


投入




日本側投入


長期専門家1名
短期専門家 (必要に応じて)1名/年
カウンターパート研修 1名/年
一部現地業務費


相手国側投入


カウンターパートの配置
現地活動費


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


国内支援委員会なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


プロ技「ウガンダ職業訓練センター」68.6.28~74.6.27
無償協力(施設・機材) 97年度 約9.8億円
個別専門家派遣(「職業訓練計画」('94.4~'97.4)及び「機械」('95.5~'97.5))
技プロ「ウガンダ・ナカワ職業訓練校プロジェクト」('97.5~04.5)


(2)他ドナー等の援助活動


GTZが実施する職業訓練と協力し、レベル別の訓練を実施していく計画である。
(GTZが基礎レベル訓練、JICAがアドバンストレベルの訓練)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Dec.27,2004







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0604967


Title


Vocational Training for Instructors






Country


UGANDA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Oct.03,2004
Term of Cooperation2004/01 ~2007/03


Implementing Organization


Ministry of Education and Sports, Nakawa Vocational Training Institute


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(運営指導調査報告書)(外部公開)2011/02/25

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


01/19/2004
03/19/2007