更新日2016/04/14
ベトナム事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00362_ベトナム事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0900423

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


母子健康手帳全国展開プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20110214日20141213日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


保健医療プログラム


プログラムID


0270000000053


援助重点分野


脆弱性への対応


開発課題


社会・生活面の向上と貧困削減・格差是正






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)母子健康手帳全国展開プロジェクト




(英)Project for Implementing Maternal and Child Health Handbook for Scaling Up Nationwide

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/12/27
 


プロジェクトサイト


ディエンビエン省、ホアビン省、タインホア省、アンザン省
 
協力期間20110214日201412月 13日
   


相手国機関名


(和)

保健省母子保健局


相手国機関名


(英)

Maternal and Child Health Department, Ministry of Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


近年、ベトナム社会主義共和国(以下「ベ」国という。)では、政府による保健医療改革、また経済成長による副次的効果及び各国ドナーの援助によって、乳幼児死亡率、妊産婦死亡率、平均寿命等の全国平均の保健基礎指標は年々改善されてきている。しかし、貧困層や地方住民、少数民族の保健指標は全国平均と比較すると極めて低く、その格差が課題となっている。「ベ」国政府は1歳未満乳児死亡率(2000年36.7/1000人→2010年25/1000人)、5歳未満幼児死亡率(2000年42/1000人→2010年32/1000人)、5歳未満栄養不良児率(2000年33.8%→2010年20%未満)等、ミレニアム開発目標(MDGs)を実現するために、さらなる母子保健の状況改善に向けた取り組みを進めている。
 一方、こうした状況の改善のために、政府機関、ドナー等により、独自の冊子やカード、パンフレット等が開発・導入され、受益者である母と子とプロジェクトとの関わりとモニタリングを強化するツールとして配布されている。しかし、保健省が求める標準を満たさない異なる複数の様式が併存すること、多くの冊子の対象は妊産婦用、又は子供用であり妊娠期から乳幼児期を継続的にモニタリングできないこと、受益者である母と子が紛失しやすい、といった課題があり、母子保健サービスの早期改善を目指す保健省にとっては、この状況は障害になりかねないとの認識があった。
 このような状況の下、保健省は、我が国のNGOが南部のベンチェ省等一部の地域において、1998年から導入・普及した母子健康手帳の有用性と展開に着目し、上記課題の解決を図るために、母子健康手帳を全国レベルで導入したいと考えている。母子健康手帳の導入を通じ、妊産婦死亡率や栄養不良児率を改善するとともに、母子保健へのアクセスが難しい地域との関わりを強化し、点在している類似ツールの使用を止め、全国標準となる母子健康手帳を導入・普及したいという希望がある。ただし、全国標準となる母子健康手帳を導入するには、まず地域特性の異なる複数の省でパイロットとして試用し、その有効性及び効率性を実証し、その結果を踏まえて、全国普及に適した内容への改訂、普及方法の改善等を行うことが必要と判断しており、「ベ」国政府は、我が国に対し、本技術協力プロジェクト「母子健康手帳全国展開プロジェクト」を要請した。
 本プロジェクトは、まず条件の異なる地域・社会グループを抱えるベトナムの代表的な4省(ディエンビエン省、ホアビン省、タインホア省、アンザン省)を対象に母子健康手帳を導入する。それは各対象省の保健局(Department of Health;DOH)を中心とした保健行政組織のマネジメント及びモニタリング機能強化、各レベルでの研修活動、モニタリング活動、実施プロセス・効果の評価活動等を通じて実施される。そして、当該パイロット4省での経験及び評価結果を基に、全国標準となる母子健康手帳及びガイドラインを完成させ、全国展開に向けたプロモーション活動及びアドボカシー活動が開始されるという、2段階構造のプロジェクトである。


上位目標


全国的に母子健康手帳が活用されることにより母子保健サービスが改善される。


プロジェクト目標


全国展開用の標準化された母子健康手帳が作成される。


成果


1. 母子健康手帳の運用に関するマネジメント及びモニタリング能力が全てのレベルにおいて強化される。
2. 4省において保健システムと計画に即して母子健康手帳が運用される。
3. 母子健康手帳の実施に関する経験と知識が取りまとめられる。


活動


1-1.PMU(Project Management Unit)を設置するとともに、マネジメント及び実施メカニズムを構築する。
1-2.PMUのマネジメント、モニタリング及び評価能力が改善する。
2-1.4省の保健医療従事者、ボランティアヘルスワーカー及び医療ボランティアのKAP(Knowledge, Attitude, Practice:知識・態度/意欲・行動)を改善する。
2-2.母子健康手帳及びガイドラインを実施する。
2-3.母子健康手帳を活用したIEC活動を実施する。
3-1.ベースライン、中間地点及びエンドラインの評価・調査結果に基づき最終報告書を準備する。
3-2.エンドライン調査結果に基づき、母子健康手帳及びガイドラインを完成する。
3-3. 母子健康手帳の印刷・配布に関する必要な経費を概算する。
3-4. 母子健康手帳運用研修の最適なオプションを提示する。
3-5.最終版の母子健康手帳、ガイドライン及び最終報告書を、承認を受けるために保健省に提出する。
3-6.パイロット地域の母子健康手帳及びガイドラインの実施結果を全国的に普及する。


投入




日本側投入


1.専門家派遣
2.本邦研修
3.プロジェクト活動に必要な機材の提供
4.在外事業強化費


相手国側投入


1.カウンターパート配置
2.プロジェクトの実施に必要な経常的一部経費


外部条件


・研修を受講した大部分の人々が母子健康手帳の実施のために継続して働く。
・リプロダクティブヘルスケアネットワークが安定する。
・保健省、省保健局及び地方政府の権限を有する者が母子健康手帳の実施を支援することをコミットする。
 


実施体制




(1)現地実施体制


●合同調整委員会
・機能:プロジェクトの年間活動計画の作成、プロジェクトの進捗管理及び評価等
・議長:保健省母子保健局長
・メンバー構成:保健省関係部局(人口・家族計画局、国際協力局、医療サービス局、財務計画局、予防医療局)、プロジェクト専門家、JICAベトナム事務所長等
・開催頻度:1年に最低1回
●プロジェクト・マネジメント・ユニット
・保健省及び各パイロット省の保健局に設置


(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


2009年10月に終了した「リプロダクティブヘルスケア広域展開アプローチプロジェクト」では、ゲアン省を拠点として、草の根レベルにおける安全で清潔なお産を実現するための研修にかかる技術・知識の普及等を目的とした活動を展開した。同プロジェクトも、妊産婦死亡率の低下などのMDGsの達成に資するものであるが、主に医療従事者側のサービスの改善に焦点を当てている点、幼児を対象としていない点で、本要請内容とは区別される。他方、同プロジェクトで実現している保健医療セクターと女性連合等の連携などのノウハウは、本要請の実施に活かされることになり、また、両協力間、さらには無償資金協力「国立産婦人科病院機材整備計画」との間の相乗効果により、リプロダクティブヘルス分野において我が国の協力がより大きなインパクトを発揮することが期待される。


(2)他ドナー等の援助活動


リプロダクティブヘルスの分野ではUNFPAを中心に多数のドナーが活動中であるが、関連のドナー会合で確認した限りでは、全国標準の母子健康手帳に関する協力を展開しているドナーはない。
 WHOへのヒアリングでは、母子健康手帳はWHOの「子どもの健康プログラム」の中で活用することができる有効なツールであるとの認識を有している。ただし、母子健康手帳の内容については、WHOが推進している内容と異なるものがいくつかあるため、プロジェクトの過程で改訂作業がある場合は、WHOも参加したいとの意向が述べられた。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Apr.14,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0900423


Title


Project for Implementing Maternal and Child Health Handbook for Scaling Up Nationwide






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Health and medicine


Program Number


0270000000053


Cooperation Priority Area


Responding to vulnerabilities


Development Issue


Social and living-standard improvements and rectifying disparities






Project Site


Dien Bien, Hoa Binh, Thanh Hoa, An Giang





Dec.27,2010
Term of Cooperation2011/02 ~2014/12


Implementing Organization


Maternal and Child Health Department, Ministry of Health


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

プロジェクトホームページ(日本語) 2012/05/10
プロジェクトホームページ(英語) 2012/05/10
プロジェクトホームページ(ベトナム語) 2012/05/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


02/14/2011
12/13/2014