更新日2011/06/25
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0603843

プロジェクトID(旧)


4035024E0
 


925


南アジア




対象国名


アフガニスタン


14080












対象国(その他)







 





案件名(和)


識字教育強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20060301日20080731日
 









分野課題1


教育-ノンフォーマル教育


分野課題2


ジェンダーと開発-ジェンダーと開発


分野課題3


平和構築-(旧)公共・インフラ社会サービス支援


分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


教育・職業訓練セクター支援プログラム


プログラムID


4030000000007


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)識字教育強化プロジェクト




(英)The Project on Support for Expansion and Improvement of Literacy Education in Afghanistan

 





対象国名


アフガニスタン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/06/01
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20060301日200807月 31日
   


相手国機関名


(和)

教育省識字局


相手国機関名


(英)

Literacy Department, Ministry of Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


アフガニスタンでは、内戦やタリバン支配の結果、国の教育システムが破壊され、多くの国民が教育を受ける機会を逸した。その結果、成人識字率は男性30%、女性5%にと どまり、非識字人口は700万人に上ると推定されている。これら教育の機会を得ることができなかった人々が、自らの課題解決能力を高め、生活を向上させ、開発に参加し、今 後の同国の平和の定着、民主的な国家の建設、経済的・社会的発展を図る上で、識字教育の推進は重要かつ緊急な課題となっている。  こうした状況を受け、教育省は識字教育の推進を教育の基本政策の柱の一つとし、教育省識字局を中心に識字活動を展開している。教育分野はアフガニスタン政府の復興優先課 題とされており、教育省識字局では12ヵ年開発計画“Development Plan of Vital Literacy(2004 ‐ 2015)”を策定し、段階 的な識字教室の拡充と質の発展、識字局および州局識字部の行政能力の改善、および識字教室の現場に携わるファシリテーターやスーパーバイザーの能力開発を識字教育の戦略に 掲げている。また、国際・国内の各種NGOも識字教育への支援を行っており、一般的な成人識字教室のみならず、女性や不就学児童など、地域や学習者に応じた多様な活動も行 っている。しかしながら、識字局の事業の計画・実施・管理能力は非常に低く、各種NGOによる識字教育の把握はおろか、各州の識字局出先機関による識字教室の実績を正確に 把握することさえできていない。  かかる背景から、アフガニスタン政府は、同国における識字教育の強化に関し我が国に要請した。これを受け、JICAは2004年3月に基礎調査団を、2005年3月には 事前評価調査団を派遣し、具体的な協力項目やプロジェクトの詳細計画について先方政府と協議・合意した。  本プロジェクトは、上記の課題に対応すべく、①同国が今後識字教育を中長期的に推進していくにあたって政策立案と事業推進の核となるべき教育省識字局のキャパシティビル ディングを行う一方で、②膨大で緊急な識字教育のニーズに応えるために、すでに同国各地で活動実績のあるNGOと連携しつつ、識字教室を展開するものである。


上位目標


対象地域の識字率が向上する。


プロジェクト目標


対象地域における識字教育が質的及び量的に改善される。


成果


①成果1:対象地域における識字局の事業実施・管理能力が向上する。 ②成果2:対象地域において識字教室が拡大される。


活動


活動1: (1-1)識字教室の計画・モニタリングに関するデータ管理システムを改善するとともに、識字局職員に対する研修を実施する。 (1-2)対象地域における教本・教具等の在庫管理・配布のシステムを整備し、識字局職員に対する研修を実施する。 (1-3)識字教本・教具を調達・配布する。 (1-4)識字教室スーパーバイザーの業務に関するマニュアルを作成し、研修を実施する。 (1-5)各ドナーやNGOなど識字教育の関係者との定期会合を行う。 (1-6)識字局の更なる能力向上について提言を行う。 活動2: (2-1)対象地域におけるニーズ調査(学習者の数・属性、求められる教育内容、必要な教材等)を実施する。 (2-2)識字教室展開にかかる詳細計画(対象者数、時期、期間、内容等)を策定する。 (2-3)NGO委託により識字教育事業(対象:成人一般、女性、不就学児童など。期間:3~9ヶ月)を実施する。 (2-4)識字局と共に、NGO活動のモニタリングを実施する。


投入




日本側投入


・専門家派遣  総括、識字事業計画、識字教室運営、識字教育データ・教材管理 ・NGO委託識字教室実施経費 ・既存識字教室への教本・教具調達・配布費 ・その他現地業務費 ・研修員受け入れ   年間2~3名程度


相手国側投入


・カウンターパート  教育省識字局担当副大臣、計画部職員、モニタリング・職業教育訓練部職員、発行・編集・カリキュラム部職員、フィールドオペレーション部職員、サービス部、州教育局識字 部職員等 ・専門家執務室の提供


外部条件


・アフガニスタン国側カウンターパートが大幅に交代・減少しない。 ・アフガニスタン国の識字教育政策が大きく変化しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


教育政策アドバイザー、教育プログラムアドバイザー 派遣中 ノンフォーマル教育強化プロジェクト(PROTECO) 2004年3月~2007年3月 教師教育強化プロジェクト(技プロ)2005年6月~2007年6月


(2)他ドナー等の援助活動


UNESCOが識字教育のカリキュラム改善を支援中。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jun.25,2011







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0603843


Title


The Project on Support for Expansion and Improvement of Literacy Education in Afghanistan






Country


AFGHANISTAN






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Nonformal Education


Field 2


Gender and Development-Gender and Development


Field 3


Peace-building-(Prev.)Infrastructure and Social Services






Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title




Program Number


4030000000007


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Jun.01,2005
Term of Cooperation2006/03 ~2008/07


Implementing Organization


Literacy Department, Ministry of Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Feb.12,2005

 ~

Mar.29,2005




Dec.11,2006

 ~

Dec.14,2006






























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成17年度) (外部公開)2006/04/11
終了時評価結果要約表(平成19年度) (外部公開)2010/03/02
R/D(英)(外部公開)2005/05/01
プロジェクト・ドキュメント/PO(和)(外部公開)2010/02/09
PDM(英)(外部公開)2010/02/09
その他(実施協議報告書)(外部公開)2010/03/02
事業完了報告書((和・英))(外部公開)2010/03/03
報告書(基礎調査報告書)(外部公開)2011/08/29
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2011/08/29

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

事業事前評価表/事後評価結果要約表
FM0203XX06
案件概要表

18

03/01/2006
07/31/2008