更新日2015/06/17
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1102533

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


コンゴ民主共和国


41270












対象国(その他)







 





案件名(和)


職業訓練アドバイザー

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20111220日20141231日
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-職業訓練

 





プログラム名


産業人材育成プログラム


プログラムID


6510000000006


援助重点分野


経済開発


開発課題


雇用促進






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)職業訓練アドバイザー




(英)Vocational Training Adviser

 





対象国名


コンゴ民主共和国


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


キンシャサ
 
協力期間20111220日201412月 31日
   


相手国機関名


(和)

国立職業訓練校(INPP)


相手国機関名


(英)

National Institute of Professional Preparation









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


コンゴ民主共和国(以下、コ国)は1990年代より長らく内戦による混乱が続いていたが、2003年に暫定政権が成立して以来、復興・開発に向けた歩みが進められている。政府は「雇用・労働の改善」を経済発展のための優先課題の一つに掲げ、開発を支える産業人材の育成を重点課題としている。
 コ国の首都キンシャサ市に本部を置く「国立職業訓練校(Institut National de Preparation Professionnelle :以下、INPP)」は、コ国の労働力強化を目的に設立され、全国11箇所に訓練校を有するコ国最大規模の職業訓練機関である。しかし、機材や施設の老朽化や収容キャパシティーの不足、指導員の指導技術力不足など様々な問題を抱えており、高まる産業人材育成ニーズに応えるには、訓練機関としての機能強化が求められている。かかる状況下、「コ」国は我が国にINPPの訓練実施能力強化を目的とする協力を要請し、個別専門家派遣(INPP本部の能力強化)、技術協力プロジェクト(指導員の指導技術強化)、無償資金協力(INPPキンシャサ校の施設・機材の設備強化)を組み合わせた協力(「職業訓練プログラム」)をINPPに対し実施する計画が作成された。
 本個別専門家派遣は、INPP本部の事業実施能力強化を目的に実施するものである。INPP本部は、INPPが産業界のニーズに即した訓練を効果・効率的に提供できるよう、各訓練校を統括し、指導員育成体制の構築や産業界連携強化、訓練生の就職支援活動などの各種事業を率先して企画・推進していく立場にあるが、現状ではその役割を果たせていない。そのため個別専門家は、INPP本部の事業実施能力を強化し、質の高いサービスを提供するための各種事業の立案・実施を支援することを目的に派遣する。また個別専門家は、JICAの職業訓練プログラム下で実施する技術協力プロジェクトの成果が、INPP本部を通じてINPP全体に裨益していくよう支援していくとともに、JICAの実施する職業訓練プログラムが、他ドナーの協力内容と協調しながら実施されるよう、調整を行うことも期待されている。


上位目標


国立職業訓練校(INPP)において市場ニーズにこたえる技能人材が育成され、労働市場に輩出される。


プロジェクト目標


INPP本部の事業企画・実施能力が強化される。


成果


1.技術協力プロジェクトの成果を活用しながら、INPPにおける指導員の養成および能力強化に関する方針が整理される。
2.INPPと産業界との連携が強化される。
3.INPPにおける就業・起業支援体制が強化される。
4.INPPの実施する訓練プログラムの課題が整理され、改善策が提案される。
5.職業訓練分野で活動する他ドナーの援助動向に関する情報が収集され、適切な調整が行われる。


活動


1-1 技術協力プロジェクトで実施する指導員研修をINPP全校に普及するための本部の体制整備を支援する。
1-2 技術協力プロジェクトの成果を活用しながらINPPにおける指導員養成・研修制度の構築に対する助言を行う。
2-1 産業界との定期的会合の実施体制を整備し、会合の実施を支援する。
2-2 有効な産業界との連携方法を継続的に検討する。
3-1 就職支援の一環として、インターンシップ促進のための取り組みを支援する。
3-2 起業支援の一環として、起業セミナーの実施を支援する。
4-1 現行のINPPの訓練プログラムにおける課題を整理する。
4-2 産業ニーズに即した効果的な訓練を提供できるよう現行訓練プログラムの改善を検討する。
5-1 各ドナーの活動状況に関する情報収集を行い、必要な調整を行う。


投入




日本側投入


・短期専門家派遣 計12MM程度(H23年度:1ヶ月×1回、H24年度:2ヶ月×3回、H25年度:2.5ヵ月×2回)
・専門家現地活動費


相手国側投入


・カウンターパート:INPP本部人員
・執務室及びその他必要となる施設・設備の提供


外部条件


治安が悪化しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


労働・雇用・社会保障省
国立職業訓練校(本部、11支部)


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


コンゴ民主共和国「職業訓練プログラム」としてINPPに対し下記の投入を実施中。本アドバイザー派遣により、相乗効果発現促進を図る。
・無償資金協力「国立職業訓練校施設整備計画」:INPPに対する施設建設・機材供与等ハード面の支援
・技術協力プロジェクト「国立職業訓練校指導員能力強化計画」:自動車整備、冷凍・空調科を中心に指導員研修の実施体制の構築と指導員の指導技術強化


(2)他ドナー等の援助活動


(1)APEFE、BTC(ベルギー)
ベルギー援助機関であるAPEFE及びBTCは2011-2013年のプログラムにおいて、それぞれ青年・スポーツ省(Le Ministère de la Jeunesse et des Sports)、初等・中等・職業教育省(Le Ministère de l’Enseignement Primaire, Secondaire et Professionnel)が管轄する職業訓練機関への支援を計画している。
(2)AFD(フランス)
東カサイ、南キブ、バ・コンゴの3州のINPP地方校において、①マネージメント、人材、財務運営強化、②指導員能力強化、③既存設備のリハビリ、機材調達をコンポーネントとしたプロジェクトの実施を2012年年初より計画している。JICAの職業訓練プログラムと協力内容が重複する計画も見受けられるため、援助協調を進めていく。
(3)世銀
除隊兵士への職業訓練プログラムとして年間約1,000名(2010年)の除隊兵士への職業訓練を実施しており、INPPが右訓練を受託している。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jun.17,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1102533


Title


Vocational Training Adviser






Country


DEMOCRATIC REPUBLIC OF THE CONGO






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Vocational Training






Program Title


Human Resource Development for Industry


Program Number


6510000000006


Cooperation Priority Area


Economic Development


Development Issue


Promotion of Employment






Project Site







Term of Cooperation2011/12 ~2014/12


Implementing Organization


National Institute of Professional Preparation


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/20/2011
12/31/2014