更新日2019/01/08
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1700208

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ジブチ


41010












対象国(その他)







 





案件名(和)


理数科教育アドバイザー

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20170501日20180916日
 









分野課題1


教育-初等教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-基礎教育

 





プログラム名


基礎教育改善支援プログラム


プログラムID


6030000000007


援助重点分野


経済社会開発を下支えする人材の育成


開発課題


基礎的社会サービスの向上に繋がる人造り






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)理数科教育アドバイザー




(英)Advisor for Strengthening Mathematics and Science Education

 





対象国名


ジブチ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


任地:ジブチシティ
 
協力期間20170501日201809月 16日
   


相手国機関名


(和)

ジブチ国 国民教育・職業訓練省


相手国機関名


(英)

Ministry of National Education and Vocational Training









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ジブチ国は、成長加速・雇用促進戦略(Stratégie de Croissance Accélérée et de Promotion de l'Emploi: SCAPE 2015-2019)における4つの戦略的な基本方針において、人的資源の開発を掲げている。ジブチ国では第三次産業の就業人口が全体の7割強を占め、失業率は48.4%(2012年)に上り、産業開発と雇用機会創出が喫緊の課題となっている。SCAPEにおいて、ジブチ政府は、人的資源の開発のため、教育の質・アクセス・公平性・組織能力等の向上を取組みの柱としている。
ジブチ国における初等教育総就学率は79.0%(2015年、ジブチ国民教育・職業訓練省)、中等教育進学率は59.4%(同)とアクセスが改善傾向にあり、ダブルシフトを採用している学校が10%(同)、教員1名に対し、生徒が33名(教員数:1906名、生徒数:62940名)(同)であるが、教育の質の改善が課題となっている。教材は、練習帳が全学年ほぼすべての生徒が保有、教科書は2名に1冊保有されているが (同)、教育の質の改善が課題となっている。ジブチ国民教育・職業訓練省の行動計画(2014~2016年)において、特に初等・中等理数科教育の質が低いレベルにあるとしている。また、2017~2019年の行動家格においても、引き続きアクセスを拡大しつつ、教育の質、特にフランス語と算数・数学の学力を改善することが急務だとしている。
JICAは、2014年度から2016年度にかけ、国別研修「初等・中等理数科教員養成」を実施し、次官、教育アドバイザー、算数視学官、教員養成校校長・教員、教育省普通教育局長、カリキュラム作成機関の職員を受け入れてきた。国別研修を通じ、授業分析、模擬授業や教材研究、簡易なカリキュラム分析を行った他、理数科教員養成課程やカリキュラムの課題、教員同士の知見共有の仕組みの欠如等が明らかとなった。
国別研修の実績をふまえ、2016年度要望調査において、理数科教育を包括的に改善することを目的とした技術協力プロジェクトがジブチ政府から要請されたが、検討の結果、個別専門家として代替採択された。
2017年1月に個別専門家派遣の要請背景調査を行ったところ、教員による児童の理解度把握、児童の理解に応じた授業展開等に課題があることが確認された。また、ジブチの学力診断テストは、学年当初に行われているが、文章題の形式を主にとっており、児童の基礎学力を適切に診断できるものとは言い難い。
世界銀行は、2014年に「質の高い教育へのアクセスプロジェクト」を開始しており、同プロジェクトは①初等教育へのアクセス改善(小学校建設等)、②初等教育の質改善(教員研修、児童の学力評価)、③プロジェクト運営管理からなる。初等教育の質改善コンポーネントにおいては、低学年児童の数の認知に係る評価(Early Grade Math Assessment: EGMA)が実施されているが、同テストは学年を1~2年生、領域を数と計算の基礎に限っている。本専門家の活動には児童の基礎学力診断テストの実施を含むが、世界銀行による支援に留意して問題を作成する。問題作成過程では、2015年に国別研修フォローアップとして鳴門教育大学により実施された学力テストを参考とし、同大学の支援を得る。なお、2015年に実施されたテストは初等教育段階のうち小学4年生を対象とし、国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)の公開サンプル問題を用いたものである。
また、世界銀行によるプロジェクトの教員研修では主に指導順序、形成的評価が取り上げられる見込みであるが、本個別専門家は、主に教材を用いた授業の展開、基礎学力向上のための支援を研修において取り上げる。研修対象者は指導主事や教員養成校の教員等であり、重なる可能性が高いので、研修実施時期等を調整することで対応する(世界銀行によるプロジェクトでは研修実施時期として3月~5月が想定されているが、本専門家により支援を行う研修は9月~2月が想定される)。


上位目標




プロジェクト目標


本専門家は、主に初等算数の質向上のため、①児童の学習評価(形成的・総括的)に係る調査分析、改善のための提言、②教員研修の見直し研修講師の能力強化、③基礎学力向上に向けた取組みの実施支援・提言等を行う。本専門家は日本国内の協力機関の支援を受けつつ、国別研修参加者と連携して活動を行う。


成果


【成果1】
児童の学習評価(形成的・総括的)に係る調査分析が行われ、同結果に基づき、必要な取組みの提言が策定される。
【成果2】
成果1の分析結果を参照しつつ、教員研修の構成・内容がレビューされ、児童の学習を改善するために有効な教員研修が計画、実施される。
【成果3】
基礎学力向上に向けた取組みが実施される。
【成果4】
上記成果に関し、啓発・広報活動が行われる。


活動


【成果共通】
(0-1)世界銀行等の他ドナーの支援、ジブチ国における教育評価やカリキュラム等の動向を把握する。
(0-2)国別研修の帰国研修員によるチームを形成する。
(0-3)C/Pと協働で活動計画を策定する。

【成果1関連】
(1-1)児童の基礎学力診断テストを作成・実施する。(テストの作成及び結果分析においては、日本国内の協力機関の支援を得る。)
(1-2)上記結果とジブチ国の既存のテストの結果を基に、ジブチ国児童の初等算数科の学力の課題について分析する。
(1-3)課題解決のための方策に関し、提言を策定する。分析及び提言は、日本国内の協力機関の支援を得つつ、C/Pや国別研修の帰国研修員によるチームとの協議により作成する。

【成果2関連】
(2-1) 成果1における分析結果を参照しつつ、教員研修の構成・内容についてレビューし、現行の教員研修についての課題の抽出を行う。教員研修に係る課題の抽出、同課題に基づく計画策定においては日本国内の協力機関の支援を得る。
(2-2) 特定した課題に対し、研修モジュール開発等に係る技術的助言・指導を行う。
(2-3) 研修モジュール等の承認支援を行い、指導主事の実施する研修に関し、企画・実施支援を行う。
(2-4) 研修や授業の実施状況をモニタリングし、教員研修に対するフィードバックを行う。

【成果3関連】
(3-1) 成果1における取組み等をもとに、児童の基礎学力向上に向けた取組み案を策定する。
(3-2) 児童の基礎学力向上に向けた取組みを実施する。

【成果4】
(4-1) 上記の成果を教育省及びドナー関係者、ジブチ国内で対外的に発信する。


投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Human Development Department00138Human Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Jan.08,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Human Development Department






Project Number


1700208


Title


Advisor for Strengthening Mathematics and Science Education






Country


DJIBOUTI






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Education-Primary Education


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Primary Education






Program Title


Program for the Improvement of Basic education


Program Number


6030000000007


Cooperation Priority Area


Improvement of Human Resources for the Socio-economic Development


Development Issue


Human Resource Development for the Improvement of Basic Social Services






Project Site







Term of Cooperation2017/05 ~2018/09


Implementing Organization


Ministry of National Education and Vocational Training


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


05/01/2017
09/16/2018