更新日2017/03/04
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0901050

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


アンゴラ


41470












対象国(その他)







 





案件名(和)


職業訓練支援

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20120115日20140614日
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-職業訓練

 





プログラム名


職業訓練


プログラムID


5570000000006


援助重点分野


多様な人材育成


開発課題


開発に資する人材育成






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)職業訓練支援




(英)Vocational Training Program in the Republic of Angola

 





対象国名


アンゴラ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


ルアンダ市内(アンゴラ国の首都)
 
協力期間20120115日201406月 14日
   


相手国機関名


(和)

行政・雇用・社会福祉省


相手国機関名


(英)

The Ministry of Public Administration, Employment and Social Security









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


アンゴラ国(以下「ア」国)は2002年の和平合意以降、経済復興を目指す中で開発に資する人材育成を重要な開発課題とし、職業訓練の強化に取り組んでいる。他方、産業界が必要とする分野では技能労働者が大幅に不足し、また労働市場は現在の「ア」国内の人材では対応できない高い水準を求めている。特に公共事業に欠かすことのできない土木建設や機械・電気設備、情報通信関係等の業種では、優秀な技能労働者が求められている。
 近年の高い経済成長を支えるための技術系人材の育成を強化することを目的に、「ア」国政府は「社会経済発展にかかる職業訓練計画」を策定し、この政策の下、行政・雇用・社会保障省(MAPTSS)とその下部機関である雇用・職業訓練機構(INEFOP)は、「国家労働評価政府指示プログラム」を実施している。同プログラムは、農工業や公共事業の分野で、職業訓練(訓練センター)と就業支援(雇用センター)の改修、新設等の全国展開に取り組んでいる。
 このような状況の下、わが国は建設分野に特化したヴィアナ職業訓練センター(CENFOC、2008年に開校)に、産業界のニーズに応えるための3学科(構造物鉄工科、建築施工科、建設測量科)を新設するための支援にかかる要請を受け、協力を実施することを決定した。無償資金協力によるハード面での支援(施設建設、機材調達)に加え、ブラジルのリソース活用を前提として(a)3学科の立ち上げ、(b)訓練カリキュラムの策定、(c)教材の作成、(d)学科の運営維持管理、(e)訓練技術の指導等に取り組む「土木分野職業訓練近代化プロジェクト」(PROMOCC)の実施を予定している。尚、PROMOCCは当初「日本ブラジルパートナーシッププログラム(JBPP)」の枠組みに基づいて協議がなされていたものの、ブラジル側の事情によりJBPPとして実施する事が出来なくなったため、アンゴラ側との協議を重ねた結果ブラジルのリソースを活用したJICAの技術協力プロジェクトとして実施される方向で現在検討がなされている。
 本専門家にはCENFOCの能力強化のみならず、PROMOCC開始に向けた総合調整を行うことが期待されている。


上位目標


・建設現場の監督者となり得る技能を備えたアンゴラ人の技能者が輩出される。


プロジェクト目標


・ブラジルを交えた3カ国間協力の調整役として、CENFOCにおける新設3学科の開講に必要なアンゴラ人指導員、訓練カリキュラム や教材等が整備され、3学科が円滑に開始・運営される。


成果


・3カ国間協力を前提としたPROMOCCの活動について、適切かつ効果的な活動計画が立案され、実施にあたる進捗管理が行われる。
・新設3学科の開講へ向けたブラジル専門家チームによる訓練カリキュラムの策定、教材の作成、訓練技術指導に関する活動の円 滑な実施のための支援がなされる。
・新設3学科が開講へ向けた適切な調整が行われる。


活動


・アンゴラ人指導員の養成計画を検討するにあたり、現状確認・問題抽出を行い、これを共有しつつ、PROMOCCの活動に関する具 体的な計画立案をフォローする。
・職業訓練分野で活動する他ドナーの援助動向に関する情報を収集し、将来的な連携の可能性を探る。
・PROMOCCの活動が円滑に行われるために、定期的に「ア」国カウンターパート(MAPTSS、INEFOP、CENFOC等)およびブラジル側 関係者と協議を行い、必要に応じて提言等を行う。
・ブラジル人専門家チームによる訓練カリキュラムの策定、教材の作成、訓練技術指導に際し、「ア」国における現状および他ド ナーの活動等を踏まえた適切な内容となるべく、助言を行う。
・ブラジル人専門家チームによる活動に関し、実施促進のための側面支援を行う。
・必要に応じて、日本人短期専門家派遣の提案と派遣時期の調整を行う。
・必要に応じて、訓練で使う機材の現地調達を行う。


投入




日本側投入


・長期専門家(個別専門家)の派遣 (計24 M/M)。
・現地活動費(在外事業強化費)。
・短期専門家(必要に応じて、3M/M以内)。


相手国側投入


・カウンターパートの配置。
・執務室とそのほか必要となる施設の提供。


外部条件


・CENFOCにおいて土地利用等で他ドナーの案件と競合しない。
・現地の治安が悪化しない。
・現地の物価上昇が事業実施に必要な物資の調達を妨げない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


・PROMOCC総括にかかるカウンターパートは、MAPTSSである。
・CENFOCや3学科についての実務的な調整は、INEFOPと連携して実施する。


(2)国内支援体制


・厚生労働省および(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・2007年度に職業訓練計画アドバイザー(個別専門家)を派遣した。
・無償資金協力「ヴィアナ職業訓練センター整備計画」により、3学科(構造物鉄工科、建築施工科、建設測量科)の開講にかか る施設建設が行われ、現在機材を調達中である。


(2)他ドナー等の援助活動


・ブラジルが職業訓練分野(カゼンガ職業訓練センター他)に協力実績あり。
・ドイツのGIZが職業訓練分野で支援を実施中。
・2000年以降、世銀およびアフリカ開発銀行(AfDB)は、資金協力により、DDRの一環として帰還兵士に対する就業支援を実施中。
・USAID, UNDP, NORADは石油資本(Chevron Texaco, INTSOK)と連携して、主に石油産業育成の一環としての職業・技能訓練を実施 中。
・フランスはインフォーマル・セクター振興計画、ポルトガルとブラジルは職業訓練指導員の育成、中国は職業訓練センターの建 設等を実施中。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Mar.04,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0901050


Title


Vocational Training Program in the Republic of Angola






Country


ANGOLA






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Vocational Training






Program Title


Vocational training


Program Number


5570000000006


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Luanda (Capital City of Angola)





Term of Cooperation2012/01 ~2014/06


Implementing Organization


The Ministry of Public Administration, Employment and Social Security


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(専門家活動報告)(外部公開)2015/01/07

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/15/2012
06/14/2014