更新日2013/08/30
エチオピア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00446_エチオピア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0702139

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


エチオピア


41020












対象国(その他)







 





案件名(和)


母子栄養改善プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20080920日20130920日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2


ジェンダーと開発-ジェンダーと開発


分野課題3


平和構築-社会的弱者支援


分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


5069999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)母子栄養改善プロジェクト




(英)Project for Improving Maternal and Child Nutrition status

 





対象国名


エチオピア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/07/08
 


プロジェクトサイト


オロミア州3県(アルシ県、バレ県、東ショア県)
 
協力期間20080920日201309月 20日
   


相手国機関名


(和)

オロミア州保健局


相手国機関名


(英)

Oromia Regional Health Bureau









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


エチオピア(以下エ国)では、年間約3百万人が感染症に罹患しており、成人死亡の約52%、5歳未満児死亡の約73%が感染症に起因している。感染症を引き起こす原因のひとつが栄養失調であり、5歳未満児死亡率(U5MR)の57%が子どもの栄養失調に起因し、単一では最大の原因になっている。特に問題となるのが、離乳食移行期(生後6ヶ月以降2歳以下)の子供の慢性栄養失調(約60%が慢性栄養失調)で、エ国の高い乳幼児死亡率、及び子供のその後の成長に大きく関与している。原因としては、母親の離乳食に関する知識不足(内容、開始時期など)や、出産間隔が短いために生じる第2子以降の子供の食事量不足などが挙げられる。また、50%の子供が貧血であり、80%がビタミンA摂取不足であることから、エ国の地域保健強化プログラムで定められているHEWによる鉄剤やビタミンAの投与が効果的に実施されているとはいい難い。実際オロミア州では、HEWが駐在するヘルスポストが居住地から5km以内にある人口の割合は23%に過ぎず、5歳未満の子供に対する保健サービスがコミュニティまで行き届いていないことが予想される。母親の栄養状態は、子供の栄養状態と密接に関係している。慢性栄養失調のまま育った女性が早期年齢(15-19歳)に妊娠・出産することにより、未熟児の出産、子供の発育不全を引き起こすとともに、女性自身の健康状態をも悪化させる。これは、社会経済的に女性の地位が低いため、十分な食べ物と医療サービスへのアクセスが悪い(痩せ過ぎの女性の割合:27%、妊婦検診利用率:30%)ことが原因であると考えられる。
エ国が従来実施してきた栄養改善活動は、急性栄養失調に焦点を当てており、①Enhanced Outreach Strategy(EOS:ビタミンAや駆虫剤の投与、麻疹の予防接種、急性栄養失調児のスクリーニング、蚊帳の配布をひとつのパッケージとし、キャンペーンとして年2回実施)、②Targeted Supplementary Food(TSF:急性栄養失調である5歳未満児と女性を対象にした補助食の配布)、③Therapeutic Feeding Program(TFP:急性栄養失調児の治療食プログラム)の3つである。こうしたアプローチは、急性栄養失調に即効性がある一方で、自立発展性の点で限界がある。長期的視点から、慢性栄養失調の原因を解決していくことが重要であり、そのためにはコミュニティレベルでの定常的な栄養改善活動の強化が必要である。


上位目標


オロミア州において、栄養失調である5歳未満児と授乳婦・妊産婦の割合が減少する。


プロジェクト目標


対象地域において、5歳未満児と妊産婦・授乳婦の栄養改善を目的としたコミュニティでの保健サービスが強化される。


成果


1)住民参加による5歳未満児と妊産婦・授乳婦の栄養改善活動が推進される。
2)HEWが実施する5歳未満児および妊産婦・授乳婦を対象とした栄養改善活動が強化される。
3)ヘルスポストと医療施設(クリニック、ヘルスセンター、病院)間の連携が強化される。
4)コミュニティでの栄養改善活動が強化・促進されるために必要な州・県・郡保健局の行政管理・指導能力が向上する。
5)パイロット地域において、母子栄養改善を目的とした効果的なセクター間連携モデルが構築される。


活動


1-1コミュニティとの対話促進研修の内容見直し、1-2HEW研修の実施、1-3ワークショップやルーティン業務によるコミュニティとの対話促進、1-4コミュニティでの母子栄養に係る問題特定、1-5HEWの活動支援に必要なVolunteer Community Health Worker(VCHW)の数、役割、機能の特定、1-6母親とHEWsやVCHWsの対話・情報共有方法の検討、1-7コミュニティ内の住民グループ現状調査、1-8栄養改善活動の実施促進に有効な住民グループの特定及び活用
2-1子供の栄養改善に係る既存のIEC教材の見直し及び活用検討、2-2HEWを対象とした栄養改善技術研修の見直し、2-3効果的なアウトリーチ活動実施のためのガイドラインと活動パッケージの策定・活用、2-4 HEWへの栄養改善技術研修の実施、2-5 2歳未満児の発育モニタリングと妊産婦の体重モニタリングの実施、2-6 IEC教材を活用した2歳未満児を持つ母親や妊産婦・授乳婦に対する栄養教育やカウンセリングの実施、2-7 MCHエキスパートに対するTOT研修の実施、2-8 HEWがCBNトレーニングをVCHWに対して実施する。2-9 ORHBがOTP/TFUのカバー範囲の見直し
3-1急性栄養失調児のリファラル・フォローアップのガイドラインや研修プログラムの見直し、3-2急性栄養失調児のリファラル・フォローアップの実施計画作成、3-3HEWへの急性栄養失調児のリファラル・フォローアップの研修実施、3-4ヘルスポストとヘルスセンター間の急性栄養失調児のリファラル・フォローアップ活動促進、3-5ヘルスセンターの支援的スーパービジョン研修プログラム作成、3-6支援的スーパービジョンのプロトコール・チェックリストの作成、3-7ヘルスセンターへの支援的スーパービジョン研修実施、3-8ヘルスポストへの支援的スーパービジョン実施、3-11 RHB/ZHDによるOTP/TFUのトレーニングのHEWに対しての実施。4-1ベースライン調査実施、4-2栄養改善研修プログラムの内容見直し及び改訂、4-3郡保健局 とヘルスセンターへのTraining of Trainers実施、4-4 既存のモニタリング・評価とスーパービジョン体制の見直し、4-5 支援的スーパービジョンのプロトコールやチェックリストの作成、4-6活動の評価結果の文章化及び連邦保健省や国際機関との情報共有、4-7HEWの現任教育プログラムの内容検討、4-8地域の実情に応じた栄養改善活動の計画立案、4-9 RHB/ZHDs/WorHOsによるコミュニティーカンバセーションのためのプラン作成。4-10 RHB/ZHDs/WorHOsによる効果的なIEC教材作成。
5-1州・県保健局による連携セクターの特定、5-2効果的な連携モデルの模索、5-3セクター間連携モデルの実施地域や実施方法の計画、5-4セクター間連携活動の実施、5-5セクター間連携活動のモニタリングと評価の実施


投入




日本側投入


・専門家派遣
 長期専門家(チーフアドバイザー/母子保健・栄養、業務調整員/地域保健)
 短期専門家(2-3名/年:IEC教材、モニタリングシステムツール開発、マルチセクター連携、地域栄養活動モニタリング支  援、行動変容コミュニケーション、サポーティブスーパービジョン強化)
・供与機材(車両等)
・本邦研修(2-3名/年)
・在外事業強化費


相手国側投入


・カウンターパート人件費
 プロジェクトダイレクター(州保健局長)
 プロジェクトマネージャー(州副保健局長)
 カウンターパート
・事務所(州・県保健局内)スペースの確保
・事務所運営に係る光熱費
・その他


外部条件


1)前提条件
プロジェクト実施にあたり、プロジェクト内容が県・郡保健局及びコミュニティに受け入れられる。
2)プロジェクト目標達成のための外部条件
駆虫剤、鉄剤、ビタミンAなどが定期的に供給される。
「エ」国側の政策の変換、人事の大幅な異動が行われない。
3)上位目標達成のための外部条件
大規模な疫病、緊急的な食糧不足、補助食糧の供給停止が生じない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


・長期専門家2名(チーフアドバイザー/母子保健・栄養、業務調整員/地域保健)をオロミア州保健局内(アジスアベバ)に配置


(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・オロミア州で住民参加型初等教育改善プロジェクト実施(2008-2012年)


(2)他ドナー等の援助活動


・UNICEFが緊急栄養失調児に対するTFCを面的展開している。
・2007年度より5カ年計画で、UNICEFがコミュニティベースの必須保健パッケージ(栄養改善活動を含む)を全国150郡(初年度40郡)で開始。オロミア州では、東・西ハラルゲ県、西ショア県の14郡を対象としている。
・世銀が、国家栄養プログラム(10ヵ年)実施に30百万ドルを支援し、栄養改善活動を実施しているドナーの調整を実施する予定である。
・Valid Internationalが保健省家族計画部に対し、Community-based Therapuetic Care(CTC)の実施技術支援を行っている。
・欧米系NGO(Concern、Save the Children USA、GOAL、MSFなど)がオロミア州東・西ハラルゲ県を中心に、コミュニティベースの栄養改善活動を行っている。
・USAIDがEssential Service for Health in Ethiopia (ESHE)プロジェクトの中で、Exclusive Breastfeeding、Complementary feeding practiceの指導を行っている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Aug.30,2013







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0702139


Title


Project for Improving Maternal and Child Nutrition status






Country


ETHIOPIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2


Gender and Development-Gender and Development


Field 3


Peace-building-Assistance for Vulnerable People






Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


5069999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Oromia region(Arsi zone, Bale zone, East Shoa zone)





Jul.08,2008
Term of Cooperation2008/09 ~2013/09


Implementing Organization


Oromia Regional Health Bureau


Background


In the Federal Democratic Republic of Ethiopia (hereinafter referred to as Ethiopia), each year approximately three million people suffer infectious diseases, which are responsible for roughly 52% of the deaths of adults and about 73% of the deaths of children aged less than five years. One leading cause of infectious diseases is malnutrition, as can be seen from the fact that malnutrition accounts for approximately 57% of the mortality rate for children aged less than five years. In particular, the biggest problem is chronic malnutrition of the babies in the weaning transition period which is seriously related to the high infantile mortality rate and the subsequent growth of children in Ethiopia.
This project targets at ten woredas (or counties) in three zones (Arsi, East Shewa and Bale) in the region of Oromia and sets its objective to strengthen health service in the community for improving the nutritional conditions of children aged less than five years, pregnant women, and women in a period of lactation. In order to promote nutritional improvement services in the community, the following components will form the five pillars, thereby supporting the self effort of each community and also creating a health administrative mechanism that supports the community.
1.To promote resident participation in nutritional improvement activities, 2.To facilitate the implementation of the nutritional improvement activities by the health extension workers (HEW), 3.To strengthen collaboration between the health post and the health center, 4.To improve the management and guiding capacities of the regional, zonal and woreda health offices, 5.To create an effective nutritional improvement model in collaboration with other sectors (agriculture and education).


Overall Goal


Malnutrition among under-5 children and pregnant/lactating women are reduced in Oromia region.


Project Purpose


Community-level preventive services are strengthened to reduce malnutrition of under-5 children and pregnant/lactating women in the targeted woredas.


Output


1.Community participation is enhanced to prevent malnutrition of children and pregnant/lactating women.
2.Measures are strengthened to prevent malnutrition of children and pregnant/lactating women by HEWs.
3.Linkages are strengthened between health posts and health facilities.
4.Capacities at regional, zonal and woreda levels are enhanced to strengthen community-based nutrition service delivery.
5.Effective multi-sectoral coordination models are demonstrated at selected locations within the targeted woredas.


Project Activities


1.1. Revise training for HEW on community sensitization .1.2.Conduct the training for HEWs. 1.3. Sensitize community. 1.4. Identify problems that hinder activities for maternal and child nutrition. 1.5. Decide on the functions of VCHWs 1.6.Identify channels for mothers to contact HEWs/VCHWs 1.7.Review community groups. 1.8. Utilize the community groups to enhance community nutrition activities. 2.1. Review existing IEC materials. 2.2. Review nutrition training for HEWs. 2.3. Utilize technical guidelines for HEWs' outreach activities. 2.4. Conduct the nutrition training for HEWs. 2.5. Conduct monthly growth monitoring. 2.6. Conduct the nutrition counseling. 3.1.Revise current guidelines and training program for referral/follow.up of acutely malnourished children. 3.2. to 3.4 Conduct and promote for referral/follow.up of acutely malnourished children. 3.5. Develop training program on supportive supervision for HCs. 3.6. Develop checklists for supervision. 3.7.Conduct training for supportive supervision by HCs. 3.8.Conduct supportive supervision for health posts. 4.1.Conduct baseline survey. 4.2.Revise training program. 4.3.Conduct TOT training for WorHOs and HCs. 4.4.Analyze current supervision mechanisms. 4.5. Develop protocols for supervision by HCs. 4.6.Document the evaluation results. 4.7. Review inservice Refresh Training program with regard to maternal and child nutrition for local adaptation. 4.8.Plan regional adaptation of the experience from the project. 5.1.Identify the collaborating sectors such as agriculture and education 5.2.Find effective coordination models. 5.3.Plan implementation procedures of the models. 5.4. Implement the models at selected pilot keberes.5.5.Monitor and evaluate the models.


Input Summary byJapanese Side


1.Long-term Expert (Chief Advisor, Project Coordinator)
2.Short-term Expert (Maternal and Child Health and Nutrition, Health Education, Participatory Community Development, Human Resource Development/Training Plan for Health, Others as necessity arises)
3.Training expenses
4.Local cost
5.Vehicles






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side


The Project for Strengthening Infectious Disease Prevention in the Region of Amhara is in progress (January 2008 ~ January 2013).
The Project for Strengthening the Farmer Research Group (FRG) is under way (2004~2009) in the zone of East Shewa.


(2)Collaboration with Other Donors


UNICEF is extensively implementing the program to help the children who are affected by acute malnutrition at the therapeutic feeding centers (TFC).
UNICEF started the community.based activities to improve nutrition (Community.Based Nutrition Programme – CBN) in 2007 nationally in 150 woredas under the five.year plan. It is implemented in 14 woredas in the three zones of East Hararghe, West Hararghe and East Shewa in the region of Oromia.
The World Bank will provide 3 million dollars for the implementation of the National Nutrition Programme (for ten years) and plans to coordinate the activities of other donors that carry out nutritional improvement activities.






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成20年度) (外部公開)2011/09/26
中間レビュー(平成23年度) (外部公開)2012/03/15
終了時評価(平成25年度) (外部公開)2013/10/21
R/D(外部公開)2008/07/08
報告書(事前調査報告書)(外部公開)2013/10/10
報告書(中間レビュー調査報告書)(外部公開)2013/10/10
報告書(終了時評価報告書)(外部公開)2013/11/21

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


09/20/2008
09/20/2013