更新日2016/04/05
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0602345

プロジェクトID(旧)


0541082E0
 


925


南アジア




対象国名


インド


14030












対象国(その他)







 





案件名(和)


女性のリプロダクティブヘルスの向上およびエンパワーメントプロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20050901日20060831日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-人口・家族計画

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0549999999999


援助重点分野


-a


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)女性のリプロダクティブヘルスの向上およびエンパワーメントプロジェクト




(英)Reproductive Health and Women?s Empowerment

 





対象国名


インド


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/09/01
 


プロジェクトサイト


マディアプラデシュ州
 
協力期間20050901日200608月 31日
   


相手国機関名


(和)

マディアプラデシュ州保健・家族省


相手国機関名


(英)

Ministry of Public Health and Family Welfare, Gov. of M.P.









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


1994年のカイロにおける人口と開発に関する国際会議(ICPD)(通称カイロ会議)にて、人口と持続的な開発についての国際的コンセンサスと人口安定を達成するため の政策が構築され、「リプロダクティブヘルス」という新しく包括的な概念が標榜された。インド国政府は同会議で採択された行動計画に沿って、包括的なリプロダクティブヘル ス、保健医療サービスへのアクセスの向上、女性の地位の向上を推進してきた。しかしながらインドでは妊産婦死亡率が高く、リプロダクティブヘルスの水準が極めて低い。慢性 的な栄養不良、劣悪な衛生状況、厳しい労働環境の下で繰り返される妊娠と出産が母体の健康を著しく悪化させ、そのために疾病や死亡率が増加し、子どもの生存にも多大な影響 を及ぼすという構図になっている。  このような背景の下、我が国政府に対し、インド国政府は人間開発指標及び女性の健康指標の同国内でも特に低い北部インドのマディア・プラデシュ(MP)州における女性の リプロダクティブヘルスを向上させるための開発調査を要請越した。MP州はインドの中でも社会開発指標が低く、インド政府によるリプロダクティブヘルス及び子供の健 康(RCH: Reproductive and Child Health)プログラムの対象州(6州)にも選定されており、RCHの改善は喫緊の課題となっている。  このインド国リプロダクティブ・ヘルス支援計画調査(開発調査)は2000年4月に事前調査団を派遣し、S/Wの署名・交換を行い、MP州サーガル郡を対象として同年 11月から2002年3月まで実施された。  本調査の結果、同州のRCHにおける主要な問題として、(1)RCHサービス供給システムにおける問題及び障害、(2)一般住民におけるRCH及びRCHサービスについ ての知識及び認識の低さ、行動変容の欠如、(3)RCH向上を妨げる社会的・文化的要因、(4)ディストリクト及びブロックレベルの保健行政機関及び自治体の行政マネジメ ント能力の低さの4つが指摘された。  同国におけるRCH改善のための試みは、RCHプログラムという開発計画に基づいて実施されており、1997年から2004年にわたって実施されたRCH-Iに引き続 き、RCH-II(2005年-2010年)が策定されている。  このような背景の下、同国政府は上記開発調査で明らかとなったRCHに関する問題を解決するために技術協力プロジェクトの実施を新たに要請してきた。 (*)統計の精度は低いと考えられるが、MP週(全


上位目標


○インド国MP州のリプロダクティブヘルスの水準が向上する。


プロジェクト目標


○RCH-IIをMP州内で広域展開するための計画が策定され、計画の実施に関し関係者の合意が形成される。


成果


○RCH-IIをMP州内で広域展開するための実施可能な計画が策定される。
○MP州内のパイロット地域(**)におけるRCHサービスの質が向上し、利用が増加する。  
(**)パイロット地域とは、ダモー県下の2ブロック(Hatta、Tendukheda)ならびにティカムガル県下の2ブロック(Baldeogrrh、Prithvipur)を指す。これら計4ブロックの人口は約53万人。


活動


1.医療機材の整備を中心としたマネジメント能力を向上させるためのパイロット活動を通じ、MP州全体で当該能力を向上させるために必要な情報収集・分析をおこなう。 1-1.医療機材のインベントリーを作成する。 1-2.上記インベントリーに基づいてパイロット地域で必要な機材を選定する。 1-3.インベントリー作成、機材供与の申請におけるプロセス、問題点を分析し、改善策を検討する。 1-4.医療機材のマネジメントに関する一連のプロセス(選定、調達、据付、維持管理及びそのための資金管理と人材配置)に対する助言をおこなう。 2.保健サービス提供を向上させるための情報収集・分析をおこなう。また、実際にサービス向上に貢献するパイロット活動を実施する。 <指標の整備> 2-1.ダモー県、ティカムガル県におけるRCH関連保健統計(妊産婦死亡率、乳児死亡率、避妊実行率、妊婦健診受診率、専門職による出産立会い率等)の実態を調査し、広 域展開の際のベースライン指標を整備する。 <助産教育> 2-2.助産専門職(ANM:Auxiliary Nurse Midwife)の育成と資格制度について調査する。 2-3.助産専門職(ANM:Auxiliary Nurse Midwife)を対象として実施されている卒後研修制度とその実施状況を把握する。 2-4.助産に関わる医療従事者(医師、ANM等)の業務内容及び知識・技術レベルを調査する。 2-5.研修制度と研修ニーズのギャップを査定し、より効果的な研修制度を検討する。 <医療機材> 2-6.医療機材の使用方法及び維持管理方法について研修を実施する。 <モニタリング・統計> 2-7.RCH-IIのモニタリングシステムがどのように実施されているかを調査・記録する。 2-8.中央組織から末端への情報伝達(通達、技術情報、統計集計結果等の伝達)がどのように実施され機能しているかを調査する。 2-9.末端の保健施設から中央組織への報告(疾病統計報告等)がどのように実施され機能しているかを調査する。 2-10.上記のモニタリング、情報伝達、報告システムにおける問題点を分析し、改善策を検討する。 3.住民の健康に関する知識を向上させるための情報収集をおこなう。(可能ならば、知識を向上させるための活動もあわせて実施する。) 3-1.住民の健康に関する知識レベルを調査する。 3-2.住民の健康に関する知識を向上させるための活動、または類似の村落開発活動を実


投入




日本側投入


○長期専門家(総括:12ヶ月)
○短期専門家(看護:1ヶ月、医療機材:2ヶ月)
○研修員受入
○機材供与(産科医療機材:胎児心拍計、保育器、血圧モニター等)
○現地業務費


相手国側投入


○カウンターパート
○執務用施設
○水道・光熱費
○現地業務費


外部条件


州政府の保健医療政策が変更されない。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


開発調査「リプロダクティブ・ヘルス支援計画調査」(2000年11月~2002年3月)


(2)他ドナー等の援助活動


RCH問題に関してはインド全国にてUSAID/DfID/DANIDA/UNFPA/UNICEF/世銀がそれぞれ協力を実施している。MP州ではUNFPA等主要なド ナーやNGO(MP州で約650が活動中)がRCHプログラムを実施している。これらドナーとの重複を防ぎ、むしろ連携により相乗効果を生むような調整が必要。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Apr.05,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0602345


Title


Reproductive Health and Women?s Empowerment






Country


INDIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Population/Family Planning






Program Title


-


Program Number


0549999999999


Cooperation Priority Area


-a


Development Issue


-






Project Site







Sep.01,2005
Term of Cooperation2005/09 ~2006/08


Implementing Organization


Ministry of Public Health and Family Welfare, Gov. of M.P.


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


09/01/2005
08/31/2006