更新日2018/01/10
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1300491

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ルワンダ


41070












対象国(その他)







 





案件名(和)


TVET機関における産業連携促進アドバイザー

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20130920日20150919日
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-職業訓練

 





プログラム名


科学技術教育・訓練プログラム


プログラムID


6360000000014


援助重点分野


成長を支える人材育成(科学技術教育・訓練)


開発課題


科学技術教育・訓練の強化






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)TVET機関における産業連携促進アドバイザー




(英)Advisor for Strengthening Partnership with Industry for TVET schools

 





対象国名


ルワンダ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


首都キガリ(WDA)
 
協力期間20130920日201509月 19日
   


相手国機関名


(和)

雇用開発局


相手国機関名


(英)

Workforce Development Authority









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ルワンダ共和国(以下ルワンダ)政府は、国家開発計画「Vision 2020」において、知識基盤経済の実現を掲げ、科学技術人材の育成に取り組んでいる。2013年策定の「経済開発貧困削減戦略2(Economic Development and Poverty Reduction Strategy 2:EDPRS2)」では、生産性の向上と若者の雇用を重要テーマとし、教育・訓練分野においても技能開発(skill development)を進める方針としている。EDPRS2との整合性を図るため「教育セクター戦略計画2(Education Sector Strategic Plan: ESSP2)」(2013/14~2017/18)では、市場のニーズに応じた教育・訓練の強化を戦略目標に掲げ、産業界との連携強化を通じて、TVET(技術教育・職業訓練)の適正化を推進していくとしている。ルワンダ政府は、TVET政策の実効性を高めるため、2009年には教育省傘下に雇用開発局(Workforce Development Authority: WDA)を設置し、2013年には教育省にTVET担当大臣を新たに配置した。
 WDAは、TVETの監督・実施を担う当該サブセクターの政策実施機関と位置づけられている。ルワンダの経済成長を支える人材育成手段として、TVETが重視される潮流のもと、TVETサブセクターの予算は増加基調にあり、生徒数(定員)の倍増計画に伴うTVET校の施設・機材整備など、ハード面の拡充が積極的に進められている。ソフト面に関しては、依然として労働市場のニーズから乖離した教育や訓練が提供されており、今後WDAがTVETと民間セクターとの連携を強化し、カリキュラム改善、TOT(Training of Trainers)の制度構築といった施策の実行が急務である。ただし、TVETの政策実施においては多様なステークホールダーを擁すため、活動に関与するパートナー間の調整が必須となるため、WDAが調整を主導し、パートナーシップを牽引することが求められてもいる。(IPRC)構想の急速な進展に伴い、WDAとIPRCs(全国4県とキガリに設置)間での業務委譲の推進や、IPRC North(北部県)が2013年6月には設立され、同年9月に開校が見込まれてもいる。
 これらを踏まえ、本派遣により、ルワンダ国のTVET政策推進に要するWDAの実施体制強化を支援することとし、こうしたWDAの組織強化を通じたTVETの適正化の推進を目的とする。


上位目標


TVETが労働市場のニーズに応じるよう、WDAによるTVETの適正強化がなされる。
WDA strengthens the relevance of technical and vocational education and training to meet the labor market demands (corresponding to ESSP2 Strategic Goal 3)


プロジェクト目標


ルワンダにおいてTVET事業が適切に実施される。
TVET is properly structured to provide quality services.


成果


TVET事業が適切に行われるための政策や制度がWDAにより整備される。
TVET policy and relevant implementation systems are articulated by WDA.


活動


・現行TVETシステムのレビューを行う。
・上記レビューを踏まえ、ドラフト中のTVET政策・戦略や現在構築中の新制度に関する各種アドバイスを行う。
・WDA及びIPRCの事業計画策定・モニタリングに係る実施体制支援を行う。
・卒業生就業率や雇用主満足度等、ESSP2におけるTVET指標モニタリングに係る実施体制支援を行う。
・企業内実習(Industrial Attachment Program: IAP)及びキャリア・ガイダンス・フレームワーク(Career Guidance Framework: CGF)策定に係る実施体制支援を行う。


投入




日本側投入


長期専門家派遣(1名×24MM)
在外事業強化費(初年次1,870千円、2年次2,970千円、3年次1,626千円)


相手国側投入


執務スペース


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


日本側:JICA
ルワンダ側:雇用開発局(Workforce Development Authority: WDA)


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


「TVETセクター産業連携専門家(2010年9月~2012年1月)」
WDAに配置され、TVET機関による企業実習実施体制の整備支援の一環として、TCTの企業実習に関する経験の他TVET機関との共有を支援した。
「トゥンバ高等技術専門学校強化支援プロジェクト(2007-2012)」
「トゥンバ高等技術専門学校強化支援プロジェクトフェーズ2(2013-2017)」


(2)他ドナー等の援助活動


ルワンダにおけるTVETサブセクターの主要ドナーは、ドイツ(中央レベル)、ベルギー(南部県)、オランダ(中央レベル)、世銀(全国)、スイス(西部県)である。ドイツはGIZ及びKfWが共有する経済・雇用促進プログラムのもと、産業人材育成に係る政策や制度へのインプット、ToT実施、民間セクターとの連携強化、TVETの建設・補修及び機材整備に取り組んでいる。2013年は、TVETの能力強化に係る技術支援プールファンドに資金を投入し、2014年からこれを活用した事業を展開する予定である(KOICAも当該ファンドに資金注入予定)。ベルギーはCompetency-based Training (CBT)に基づいたカリキュラムやルワンダTVET資格制度の導入、ToT、認証及び品質管理、学校運営、官民連携、施設・機材整備等の包括的な支援を南部県のIPRCと10校のパイロット職業訓練校(VTC)を対象に進めている。オランダはWDAを対象とした、TVET政策・戦略の策定、RTQFの制度構築とそれに基づいたToT戦略の策定、ToTの実施、TVET情報システム構築、WDA及びIPRCの能力強化を、2013年から3か年のプロジェクトを実施中である。世銀は、5か年のSkills Development Project労働市場のニーズを踏まえたカリキュラム開発、評価のための情報整備、品質管理システム、訓練評価、施設・機材整備といったコンポーネントを選定した7つのパイロットVTCと8つの分野で実施している。スイス(Swiss Contact)は、本国の民間企業による資金を原資としたプロジェクトを2013年から西部県にて展開している。最初の2年間で5つのVTCの新設と機材供与を行い、これらパイロットVTCを中心に西部県のVTCへのRTQFを踏まえたカリキュラム開発、ToT、品質管理、民間連携、学校運営等を行っていく予定。KOICAがIPRC Kigaliにおいて、ToTセンター(仮称)の建設、Kuwait Fundの資金を使って施設の拡充を予定している。中国政府は、IPRC Northの施設建設を進めている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jan.10,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1300491


Title


Advisor for Strengthening Partnership with Industry for TVET schools






Country


RWANDA






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Vocational Training






Program Title




Program Number


6360000000014


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Term of Cooperation2013/09 ~2015/09


Implementing Organization


Workforce Development Authority


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(専門家活動報告)(外部公開)2015/12/04

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


09/20/2013
09/19/2015