更新日2002/08/14
社会開発調査部-社会開発調査第一課

プロジェクト基本情報







10160


























主管区分




本部/国内機関


社会開発調査部-社会開発調査第一課


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


5121043F0
 


500


アフリカ地域




対象国名


ガーナ


41150












対象国(その他)







 





案件名(和)


技術教育計画開発調査

 





スキーム







名称(和)


開発調査


Development Study Project

 



協力期間200003200111
 









分野課題1


教育-その他教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)技術教育計画開発調査




(英)Study for Development of a Master Plan to Strengthen Technical Education in the Republic of Ghana

 





対象国名


ガーナ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1999/12/10
 


プロジェクトサイト


ガーナ全域
 
協力期間200003200111月 
   


相手国機関名


(和)

教育省


相手国機関名


(英)

Ministry of Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


1 ガーナ国は人口約1,850万人(1998年)、面積約23万9千、一人当たりGDPは約400US$(1998年)である。1983年から開始した「経済復興計画」を端緒に世銀の主導の下で構造調整計画を推し進めた結果、1990年代に入ってからは着実な経済発展を遂げてきた。現在、2020年までに中進国入りすることを目標とした工業化推進が進められている。しかしながら、同国の経済は、カカオ、金、木材などの一次産品生産に大きく依存しているのが現状である。
2 ガーナ国政府は、1987年から教育改革に着手し、6・3・3制の導入、基礎教育の無償化・義務化のプログラムを進めている。また、1995年に中長期の国家開発マスタープランとして作成された「ビジョン2020」の中でも、人材開発を主要開発目標に掲げ、職業技術の訓練機会増加、職業技術教育セクターと産業界との連携の強化を中期目標としている。特に、 工業化推進のためには、質の高い労働力の確保が重要であるとの認識に立ち、基礎教育とともに技術高校・ポリテクニックでの技術教育の充実が緊急の課題であるとして、各ドナーの協力の下その強化に力を注いでいる。
3 ガーナの技術教育は、中等教育レベルの技術学校(TI:Technical Institute)、高等教育レベルのポリテクニック及び大学に分類される。本調査の主要対象機関となるポリテクニックは、1993年、中堅技術者養成を目的として、TIから格上げされた機関である。しかし、現在のところ、技術レベルは決して高くはなく、産業界との連携も弱く、所期の目標を達するに到っていない。ガーナ政府としては、高等教育の機会拡充の観点からも、ポリテクニックを今後強化し、将来的にはポリテクニックを技術教育全体の牽引車としたいとの方針である。
4 かかる状況下、1998年12月、JICAは、職業技術訓練分野にかかるプロジェクト形成調査を実施した。これを受けて、ガーナ国政府は1999年3月、我が国に対し、技術教育の拡充を図るためのマスタープラン策定及びモデル校設立のフィージビリティ調査にかかる協力を要請してきたものである。同要請に基づき、JICAは1999年12月に事前調査団を派遣し、S/Wを署名・交換した。
5 なお、同分野に対しては、1993年より世銀及びアフリカ開銀がポリテクニックの施設・機材整備を中心に協力を実施しているほか、現在、世銀が技術教育政策立案に係る協力を行っている。
6 これまでの調査では、技術教育の現状を把握すると共に、2020年を目標年次とした人的資源開発のための技術教育分野のマスタープランを策定した。マスタープランでは、Competency Based Training の導入と技術教育を支える基金の設置等を提言した。


上位目標




プロジェクト目標


技術分野の人的資源開発及び技術教育施設改善に資するため、技術教育分野のマスタープランの策定とポリテクニックの組織強化プログラム作成を行う。


成果




活動


1.技術教育の現状分析
(1)現在の技術教育システム及び技能開発政策のレビュー 
(2)現在の技術教員の訓練システムのレビュー 
(3)既存の産業開発計画のレビュー 
(4)政策、予算、運営・管理を含む技術教育の現状調査 
(5)技術分野において必要な人的資源の明確化

2.2020年を目標年次とした人的資源開発のための技術教育分野のマスタープラン策定
(1)教育と産業界との連携の現状把握 
(2)ポリテクニック、TI、技術教育教員養成校を含む技術教育機関の役割・機能の明確化 
(3)現在のカリキュラム及び学習材のレビュー 
(4) (1)から(3)に基づき技術教育機関の強化に主眼をおいたマスタープランの策定 
(5)実施スケジュールの策定及び予備的費用試算 
(6)資金源及び組織強化等マスタープラン実施のための戦略の提案

3.モデルポリテクニックの組織強化プログラム作成
(1)プログラム実施のためのモデルポリテクニックの選定 
(2)モデルポリテクニック周辺地域の産業構造調査 
(3)技術分野ニーズの把握 
(4)モデルポリテクニックの課題及びポテンシャルの明確化 
(5)モデルポリテクニックの組織強化策の作成(管理、運営、カリキュラム、産業との連携強化を含む) 
(6)実施スケジュールの策定及び費用積算 
(7)組織強化プログラムの技術的、財政的、経済的妥当性の検討

4.総合評価・提言


投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


文部省

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
1302








As of


Aug.14,2002







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


Study for Development of a Master Plan to Strengthen Technical Education in the Republic of Ghana






Country


GHANA






Project Type


Development Study Project






Field 1


Education-Other Education Issues


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Dec.10,1999
Term of Cooperation2000/03 ~2001/11


Implementing Organization


Ministry of Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

その他関連文書
FM0203XX05
事業完了報告書
案件概要表

18

03/01/2000
11/30/2001