更新日2004/04/01
ボリビア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00409_ボリビア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0603358

プロジェクトID(旧)


3061090E0
 


200


北米・中南米地域




対象国名


ボリビア


31300












対象国(その他)







 





案件名(和)


ラパス市母子保健に焦点を当てた地域保健ネットワーク強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20040101日20051231日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


地域医療ネットワーク強化プログラム(1/2)


プログラムID


3060005


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ラパス市母子保健に焦点を当てた地域保健ネットワーク強化プロジェクト




(英)TheProject for Strengthening Health Networks- Improvement of Maternal and Child Health

 





対象国名


ボリビア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


 
協力期間20040101日200512月 31日
   


相手国機関名


(和)

ラパス市保健局


相手国機関名


(英)

Health Department of La Paz City









日本側協力機関名


無し
 


プロジェクト概要




背景


ラパス市はボリビア国の首都であり、政府機関や国際機関が集まる中心都市であるにも関わらず、新生児死亡率や乳幼児死亡率などはボ国平均を上回っている。これは同市住民の大部分が住む地域の貧困の深刻さを反映していると共に、同地域住民の文化的背景の違いをも反映している。
ラパス市第1および第2保健サービスネットワークは、同市北西部および南西部に位置する。第2保健サービスネットワークには、市内唯一の公立第2次レベル医療機関である病院があり、薬205,000人の住民が同地区内に居住している。また、第1保健サービスネットワークには230,000人以上が居住するにも関わらず、第2次レベル医療機関が存在しない。
政府は、基礎健康保険の中で、5歳以下の幼児と妊産婦に基礎的医療サービスを無償で提供すると確約しているが、政府のこのような取り組みにも関わらず、妊娠や出産時に医療機関を受診しないケースが全体の約40%を占め、このことが出産や妊娠に関する死亡率を高める1つの要因ともなっている。これを解決し、対象地域における妊産婦および幼児死亡率を低減するため、ボ国政府は我が国に対し、母子保健に焦点を当てた医療ネットワーク構築にかかる技術協力を要請した。


上位目標


ラパス市の第1次医療施設のサービス内容の改善により、第2、第3次医療施設利用者が第1次医療施設を利用するようになる。


プロジェクト目標


ラパス市のモデル保健ネットワークの第1次レベル保健医療サービス内容が母子保健分野を中心に改善される。


成果


ラパス市にモデル保健ネットワークが形成され、第1次レベルの母子保健医療サービス供給の課題および問題が認識される。そして、それらを改善するための計画が立案、実施、評価される。
第1次医療施設が自ら母子保健分野のサービスを見直し、改善のための活動が行えるようになる。


活動


1. ラパス市地域保健委員会(DILOS)・各保健ネットワークの保健計画・予算・人事に関する今後の計画  を把握する。
2. モデル保健ネットワークの保健計画・予算・人事に関する今後の計画を把握する。
3. モデル保健ネットワークが住民の健康状態とサービスの現状についての課題と問題を共通認識する。
4. モデル保健ネットワークが年間計画を作成する。
5. 各保健ネットワークの第1次保健医療サービスの母子分野の人材について知る。
6. 第1次医療施設のサービスの必要とする機材が標準化される。
7. モデル医療施設が、担当区地域住民の健康状態とサービスの現状についての課題と問題を認識する。
8. 現在提供しているサービスを検討し、課題を明確にする。
  (妊婦健診、出産準備教育、出産、産褥、乳幼児健診の現状を明らかにし、サービスを検討する。)
9.検討された課題達成に向けて計画を立案する。
10.計画した活動を展開する。
11.第1次医療施設職員の学習活動を支援する。
12.第1次医療施設職員が有している健康教育の教材を把握・登録する。
  (職員のための教材、住民への健康教育活動支援のための教材、それぞれを登録する。)


投入




日本側投入


長期専門家
短期専門家
機材供与
研修


相手国側投入


カウンターパート配置
執務環境整備
ローカルコスト負担


外部条件


ボリビア政府による母子保健分野に対する大幅な政策変更が行われない。
地域保健行政システム[地域保健委員会(DILOS)-保健サービスネットワーク(Red)]が変更されない
 


実施体制




(1)現地実施体制


ラパス市保健局
ラパス市地域保健委員会(DILOS)
第1および第2保健サービスネットワーク(Red)の3者を核とした合同調整委員会及び実施委員会設置


(2)国内支援体制


母子保健分野アドバイザーを中心としたアドバイザリーチーム(JICA直営)

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


14年度医療特別機材供与


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
JICA Bolivia Office00409JICA Bolivia Office







Project Overseas Office in charge

As of


Apr.01,2004







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0603358


Title


TheProject for Strengthening Health Networks- Improvement of Maternal and Child Health






Country


BOLIVIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


3060005


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Term of Cooperation2004/01 ~2005/12


Implementing Organization


Health Department of La Paz City


Background


The infant mortality rate is higher than national mean rate, in spite of La Paz City is capital of Bolivia. It is reflection of servious poverty and difference in socio-economic,
ethnicity and culture that existence this area.

Secondary Network has an estimaited population of 205,000. There is secondary medical facility in this network. Primary Network's population is about 230,000. But thaere are only primary facility here.

The government of Bolivia has focused on maternal-child health as key sectors and provided health services for them gratuitously. Though those activitys about 40% mother don't consult a medical facility. It is cause of increasing high mortality rate. In order to cope with this situation, it is important to create a model for strengthening the health networaks.


Overall Goal


Secondary and thirdly medical facility user transfer to primary facility through improvemento of health service.


Project Purpose


Primary facility's service of Health-Networks in La Paz are improved while focus Maternal-Child Health.


Output


Health-Networks Model are established in La Paz City. Issue and problem of Matarnal-Child Health service on a primary facility level is recognized. Planning, operation and evaluation are practiced to improve those problems. Primary facility's personnel can put plan into action themselves.


Project Activities


1-1. The pilot health center recognizes problems of care quality it offers.
1-2. Training for pregnancy and delivery is performed in the primary and the secondary networks.
1-3. Training of neonatal care and breastfeeding is performed in the primary and the secondary networks.
1-4. Monitoring and evaluation flow of practised training are documented and implemented.
1-5. Inventories of medical machienery and equipment in the primary facilities of the primary and the secondary networks are performed and the use of them is appropreated.
2-1. The pilot health center recognizes problems of the current health condition of the residents and services for them.
2-2. The pilot health center helds health meetings and events in the communities where the residents live.
2-3. In the pilot health center, maternal and child health meetings and events that the residents suggested are actualized.
2-4. The pilot health center sorts out existing health education materials and uses them for enrich the residents' knowledge.
2-5. The pilot health center makes an expremental model for monitroing and evaluation of residents' activities and regional health meetings.
2-6. The results of monitoring and eveluation that were implemented according to the experimental modelare presented at DILOS and the health networks.
2-7. The pilot health center makes POA based on the residents' needs and submit it to the health networks.


Input Summary byJapanese Side


Long-term expert
JOCV
Third country expert






Consultant Name


Project support organizations are as follows:






Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Ex-ante evaluation study

Dec.01,2003

 ~

Dec.15,2003




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

R/D(外部公開)2006/02/06

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

その他関連文書
FM0203XX05
事業完了報告書
案件概要表


01/01/2004
12/31/2005