更新日2019/01/08
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1400269

プロジェクトID(旧)


 


100


大洋州地域




対象国名


パプアニューギニア


21080












対象国(その他)







 





案件名(和)


教材の質の改善

 





スキーム







名称(和)


個別案件(国別研修(本邦))


Individual Training(Country focused training (Japan))

 



協力期間20141001日20201215日
 









分野課題1


教育-初等教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-基礎教育

 





プログラム名


島嶼・遠隔地教育支援プログラム


プログラムID


1240000000002


援助重点分野


社会サービスの向上


開発課題


教育の機能強化・人材育成






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)教材の質の改善




(英)Improvement of Quality of Teaching Materials (Short-Term Training)

 





対象国名


パプアニューギニア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


 
協力期間20141001日202012月 15日
   


相手国機関名


(和)

教育省


相手国機関名


(英)

Department of Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


パプアニューギニア独立国(以下、「PNG」)は、世界で2番目に大きい島であるニューギニア島の東半分と約1,000の島々から構成されている。その国土面積は約46万k㎡であり、我が国の1.2倍に相当する上に、その国土は急峻な山岳地域と離島が大部分を占めている。このため、教育分野においても、都市から隔絶した小規模な小中学校が多数点在しており、特にアクセス困難な遠隔地では、教育施設及び教員数が不足しているだけでなく、教員の質にも大きな課題を抱えている。
 これに対しPNG教育省は、テレビ番組による授業改善プログラム(EQUITVプログラム)を通した教育の質の改善を進めており、我が国も、技術協力プロジェクト「テレビ番組による授業改善計画(EQUITV)プロジェクト」(2005-2008)、及び同「メディアを活用した遠隔教育普及・組織強化プロジェクト(EQUITV2)」(2012-2015)等を通じて、EQUITVプログラムの全国展開を支援している。一方で、これらの協力を通じて作成を支援してきた教材の内容に一部課題が見られることや、モデル授業を担うモデル教師および教育省職員の教科知識が不十分なことなど、質の高いテレビ授業の全国普及に当たっては課題が残されている。
 これに加えて、オーストラリアの支援のもとカリキュラム改革の一環として1993年に導入された成果主義教育(Outcome Based Education、OBE)への批判の高まりを受け、PNG政府及び教育省は、OBEの廃止及びPNGの実情に合った新たなカリキュラム(Standard Based Curriculum)の導入を決め、さらに、新カリキュラムに基づいた教科書の開発も計画されている。しかし、教育省内の担当部署であるカリキュラム開発評価局(Curriculum Development & Assessment Division、CDAD)には、カリキュラム開発・改訂に関して十分な知識、経験を持った職員が不足しているのが現状である。また、1993年のカリキュラム改訂以後、ドナーが外国製の教科書をPNG向けに微修正した教科書を配布してきたことから、教育省は独自の教科書を作成・配布しておらず、教育省にとって教科書開発の経験不足も大きな課題である。
 このような背景を受け、EQUITVプログラムの教材の内容を改善することを通じて理数科の正しい教科知識を身に付け、今後の教育省の最重要課題であるカリキュラム開発、教科書開発において中心的な役割を担える人材を開発することを目的に、PNG政府から我が国に対し、教育省職員の能力強化を行うため、長期研修と短期研修を有機的に組み合わせた協力の要請がなされた。


上位目標




プロジェクト目標


カリキュラム改訂、教科書開発、そしてEQUITV教材の改善に向けて、実践的な知見を身に付けた人材が育成される


成果


1. カリキュラム改訂、教科書開発及びEQUITV教材の改善に向けて、教育省職員の理数科知識が向上する
2. カリキュラム改訂及び教科書開発に必要なプロセス及びその中での教育省の役割が理解される


活動


短期研修員の受入
- 3次に分けて実施
- 各次、算数・理科から4名ずつ、同一人物が4回(計5か月/人)研修に参加する予定(3次は2回(計3か月/人)のみ)
- 最初の研修の一部に重ねる形で、教育省幹部を対象にした短期研修を実施する(4名×1週間)


投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Human Development Department00138Human Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Jan.08,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Human Development Department






Project Number


1400269


Title


Improvement of Quality of Teaching Materials (Short-Term Training)






Country


PAPUA NEW GUINEA






Project Type


Individual Training(Country focused training (Japan))






Field 1


Education-Primary Education


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Primary Education






Program Title


Remote and Islands Area Education Support Program


Program Number


1240000000002


Cooperation Priority Area


Improvement of Social Services


Development Issue


Strengthening of Education and Human Resource Development






Project Site







Term of Cooperation2014/10 ~2020/12


Implementing Organization


Department of Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/01/2014
12/15/2020