更新日2018/06/02
東京国際センター

プロジェクト基本情報







30050


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


00283_東京国際センター


在外事務所






 


案件番号



1702067

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


ヨルダン


51070












対象国(その他)







 





案件名(和)


社会性育成を主眼に置いた特別活動実践と体制構築事業

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(パートナー型)


JPP(Partner Type)

 



協力期間20180601日20210531日
 









分野課題1


教育-その他教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


4249999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)社会性育成を主眼に置いた特別活動実践と体制構築事業




(英)Project for Enhancing Education Support Activity Model at Public Schools

 





対象国名


ヨルダン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2018/06/01
 


プロジェクトサイト


アンマン市
 
協力期間20180601日202105月 31日
   


相手国機関名


(和)

ヨルダン教育省


相手国機関名


(英)

Minitry of Education, Hashemite Kingdom of Jordan









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ヨルダンには、2011年のシリア紛争以降、多くのシリア難民が流入、現在約66万人(UNHCR, 2016年11月時点)が生活、うち約8割は難民キャンプ外のホストコミュニティで暮らす。子どもたちは二部制校(午前ヨルダン人、午後シリア人)に通うが、シリア人とヨルダン人の生徒間で軋轢が生じている。しかし、学校では、他者理解や協調性を高める取り組みが十分と言えない。異なる国籍の子どもらが共に学び、他者理解や協調性、規範意識といった社会性を高めることを目指し、学校の現場において、特別活動の実践とその実施体制の構築が不可欠となっている。


上位目標


ヨルダン、アンマン市内の公立校に通う生徒が生きる基盤としての社会性を身につけ、多国籍生徒を抱える学校での生活改善が図られる。


プロジェクト目標


ヨルダン、アンマン市内のシリア人生徒の多い公立学校が、他者理解、規範意識、協調性などの社会性を育む特別活動を自立的に実施できるモデルが構築される。


成果


1. 教育省と協働で、社会性育成を目指した特別活動の共通認識を構築する。
2. 教育省、対象地域の教育局および対象校と協働で、ガイドライン、ハンドブックに即した特別活動を計画する。
3. 教育省、対象地域の教育局および対象校と協働で、特別活動を実施する。
4. 対象地域において、特別活動強化が自立的に図られるようになる。
5. 対象校以外の公立校へ特別活動のモデルケースを提言する。


活動


1-1.シリア人生徒が多いダブルシフト校の実態についてベースライン調査を行う。
1-2.教育省職員と教育専門家がヨルダン公立校の現状に対応した特別活動について協議し、概要を決定する。
1-3.教育専門家の助言のもと、教育省職員が主導し、当団体職員と共に特別活動ガイドラインを策定する。
1-4.教育省職員が主導し、当団体職員と共に特別活動ハンドブックを作成する。
1-5.特別活動の評価方法、項目について教育専門家、教育省、当団体職員で協議し、策定、モニタリングシートを作成する。
2-1.特別活動導入のための対象校および研修に参加する教員の選定方法について教育省と協議、決定する。
2-2.教育省と研修内容を策定する。
2-3.特別活動ハンドブックの活用方法に関する研修を教育省および教育専門家が対象地域の教育局担当職員および対象校の選抜教員に実施する。
2-4.研修に参加した教員が勤務校で他教員を対象とした特別活動デモンストレーションを実施し、特別活動ハンドブックを対象校教員全員へ配布する。
2-5.対象校教員が特別活動ハンドブックを参照し、特別活動の計画を作成する。
3-1.研修を受けた教員が主導し、対象校で特別活動として朝の会などの学級活動を実施する。
3-2.研修を受けた教員が主導し、特別活動として学年の縦割りグループで構成される委員会活動を実施する。
3-3.学級活動に関する研究授業を各対象校で公開実施する。
3-4.対象校において特別活動の一環として学校行事を開催する。
4-1.教育省指導の下、対象地域で教育局職員と教員のための特別活動に関する勉強会を開催する。
4-2.教育省及び教育局職員が対象校へのモニタリングを実施する。
4-3.特別活動の取組みについてレビューを行う。
5-1.アンマン市内の対象校以外の公立学校において、特別活動のモデルケースが紹介される。


投入




日本側投入


プロジェクト・マネージャー1名
現地調整員1名
国内調整員1名
教育専門家(邦人)1名


相手国側投入


ナショナルスタッフ4名
教育専門家(現地)1名
教育省スタッフ4名


外部条件


<負の外部要因>
教育省、教育局の方針が変更され、特別活動実施が不可能となる。

<前提条件>
●本事業の対象校が協力を確約していること
●事業対象地の行政が本事業を承認していること
 


実施体制




(1)現地実施体制


教育省・公教育課及び対象地域の教育局と共に、活動実施に際してはヨルダン、日本の各教育専門家等、当団体の専任スタッフが従事する。


(2)国内支援体制


国内調整員が四半期報告の作成支援・内容確認を行うとともに、プロジェクトマネージャーと現地調整員の事業実施状況をモニタリングする。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Tokyo International Center00283Tokyo International Center







Project Domestic Office in charge

As of


Jun.02,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Tokyo International Center






Project Number


1702067


Title


Project for Enhancing Education Support Activity Model at Public Schools






Country


JORDAN






Project Type


JPP(Partner Type)






Field 1


Education-Other Education Issues


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title


-


Program Number


4249999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Amman





Jun.01,2018
Term of Cooperation2018/06 ~2021/05


Implementing Organization


Minitry of Education, Hashemite Kingdom of Jordan


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side












Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/01/2018
05/31/2021