更新日2018/05/09
東京国際センター

プロジェクト基本情報







30050


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


00283_東京国際センター


在外事務所






 


案件番号



1402181

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ラオス


11080












対象国(その他)







 





案件名(和)


少数民族の子どもたちのための、就学前・初等教育における指導能力改善事業

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(パートナー型)


JPP(Partner Type)

 



協力期間20140701日20180331日
 









分野課題1


教育-ノンフォーマル教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


その他-その他-その他

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0249999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)少数民族の子どもたちのための、就学前・初等教育における指導能力改善事業




(英)Improvement of capacity of teaching in Pre and Primary education for children especially for minority.

 





対象国名


ラオス


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2014/02/07
 


プロジェクトサイト


ラオス・ルアンパバーン県ヴィエンカム郡
 
協力期間20140701日201803月 31日
   


相手国機関名


(和)



相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ラオス国は2015年のEFAとMDGsの達成に向けて、教育のアクセスと質の両側面から改善に努めてきているが、その取り組みは地方農村部や少数民族が多く暮らす地域までには行き届いておらず、中央と地方の格差が広がっている。当会では、少数民族の子どもたちの教育の課題を定め、現職の教員育成、教材開発、コミュニティの学校運営の参画、そして教育行政官のモニタリング能力向上を通じて、教育の質の改善を目指す。


上位目標


就学前・初等教育における少数民族の子どもたちへの授業と学習環境が改善する。


プロジェクト目標


就学前・初等教育における少数民族の子どもたちへの、教員の授業の指導能力が向上する。


成果


1.研修を通じて、複式学級における教員の授業の準備・授業指導方法等の運営技術が向上する。
2.少数民族のこどもたちへのラオス語の授業を補助するための指導方法・読書教材を作成する。
3.研修を通じて、手作りを含めた指導教材・読書教材が教員によって効果的に活用される。
4.教育行政官が初等教育における少数民族の現状と複式学級の運営方法を理解する。


活動


1.複式学級での授業運営のための研修会(全5活動)
2.指導教材・読書教材の制作(全8活動)
3.指導教材・読書教材活用のための研修会(全5活動)
4.モニタリングシステム作り(全3活動)


投入




日本側投入


【SVA・人材】
➤ ラオス事務所
・プロジェクトマネージャー(日本人)1人
・事業運営管理者(ラオス人)1人
・副調整員(ラオス人)1人
・事業スタッフ(ラオス人)2人
・経理総務スタッフ(ラオス人)2人
・運転手(ラオス人)2人
➤ 東京事務所
・ラオス事業担当(日本人)1人
・経理担当(日本人)1人
・終了評価担当者(日本人)1人
・手作り教材の講師(日本人)1人

【SVA・資材】
・TOT
・研修会、研修会資料
・絵本・紙芝居
・フラッシュカード、フラッシュカード使い方の手引き


相手国側投入


【現地側・相手国実施機関 人材】
・教育スポーツ省就学前・初等教育局
・教育スポーツ省国立教育研究所
・教育スポーツ省教員教育局
・ルアンパバーン県教育スポーツ局就学前・初等教育局
・ヴィエンカム郡教育スポーツ局
・情報文化観光省・出版委員会

【現地側・相手国実施期間 資材】
・複式学級研修会テキスト


外部条件


1.研修を受けた教員が大幅に他の郡へ異動しない。

2.少数民族の現状、教育の質を理解したルアンパバーン県教育スポーツ局、ヴィエンカム郡教育スポーツ事務所の行政官が大幅に異動しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


プロジェクトマネージャーは、ラオス事務所に駐在し、本事業の運営管理を行う。


(2)国内支援体制


東京事務所ラオス事業担当が本事業の管理・調整・派遣等のスケジュール管理を行なう。現地のプロジェクトマネージャーが病気等で一時的に勤務ができなくなった場合には、現地に短期派遣され、事業の管理を行う。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Tokyo International Center00283Tokyo International Center







Project Domestic Office in charge

As of


May.09,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Tokyo International Center






Project Number


1402181


Title


Improvement of capacity of teaching in Pre and Primary education for children especially for minority.






Country


LAOS






Project Type


JPP(Partner Type)






Field 1


Education-Nonformal Education


Field 2




Field 3








Sector


Others-Others-Others






Program Title


-


Program Number


0249999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Viengkham district in Luangprabang province, Lao PDR





Feb.07,2014
Term of Cooperation2014/07 ~2018/03


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side












Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

終了時評価(平成29年度) (外部公開)2018/05/21

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

終了時評価
FM0203XX06
案件概要表


07/01/2014
03/31/2018