更新日2005/01/01
フィリピン事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00380_フィリピン事務所


本部/国内機関






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0125062C0
 


910


東南アジア




対象国名


フィリピン


11040












対象国(その他)







 





案件名(和)


初中等理数科教員研修強化計画

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20020410日20050409日
 









分野課題1


教育-基礎初中等教育(旧)


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


初等・中等教育の充実


プログラムID


0120033


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)初中等理数科教員研修強化計画




(英)Strengthening of Continuing School Based Training Program for Elementary and Secondary Science and Mathematics Teachers in the Republic of the Philippines

 





対象国名


フィリピン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2002/03/18
 


プロジェクトサイト


Region V, VI, VII,XI
 
協力期間20020410日200504月 09日
   


相手国機関名


(和)

教育省及び地域事務所


相手国機関名


(英)

Department of Education (DepEd) & its Regional Offices









日本側協力機関名


埼玉県教育局、青年海外協力隊技術顧問
 


プロジェクト概要




背景


 フィリピン政府は、教育と訓練への投資によって人的資源を開発することは、将来的に経済発展を促し、貧困の悪循環を断ち切る役割を果たすことから重要視しており、国家開発計画である「新中期開発計画 (2001-2004)」においては学校の主体的運営、学校建築、対生徒のテキスト数改善、理数英のカリキュラム改善が挙げられている。また「基礎教育マスタープラン〔1996-2005〕」において「国家教育目標と具体的な目的」として「質の高い基礎教育の普遍化」と「理数科教育の改善」を挙げている。特に理数科分野は教員が不足し、理数科養成・新規採用研修の経験を持たない専門外教員が多いことから指導技術不足であり、国際的にもフィリピンの理数科達成度は常時下位であるため、理数科学習課程(カリキュラム)、及び理数科教員養成の改善を目指している。
 このような背景の下、我が国は各種協力スキームを組み合わせた理数科教育パッケージ協力(1994-1999)を実施してきたが、同協力終了のフォローアップ(1999年6月~)として、個別専門家3名及びJOCVチーム派遣により、理数科教員の質の向上を図るための「学校群運営教員再研修プログラム(SBTP)」をパイロット3地域(Region V, VI, XI)で開始した。初等・中等学校のそれぞれ数校からなる学校群(Cluster)が現存の教育資源を活用し、主体的かつ定期的、継続的(低コスト)に行う、学校現場への適応と授業への直接寄与を重視した教員再研修プログラムの導入が展開された。
 同パイロット・プログラムについては、その効果が確認されたことから、2000年12月、フィリピン教育省側から我が国に対し、SBTPの定着と拡大に関わる技術協力の要請がなされた。また、2002年度より新教育課程BECが施行され、それに対応した教員研修としてSBTPがその効果的普及の場を提供することが期待されている。


上位目標


初等中等学校の生徒の理数科の学力が継続的に向上する。


プロジェクト目標


初等中等教育において生徒中心の授業を行うための理数科現職教員の授業構築力・教科指導力が向上する。


成果


1.学校群運営教員再研修プログラム(SBTP)の手法を強化する。
2.SBTPによる研修内容が充実する。
3.SBTP既導入地域内においてSBTPが導入されていなかったクラスターにSBTPが普及する(Region V及びVI)。
4.SBTPが導入されていない地域にSBTPを導入する(Region VII)。


活動


1-1 SBTPパイロット事業実施計画を策定する。
1-2 SBTPパイロット事業を実施する。
1-3 SBTPパイロット事業をモニタリング・評価する。
1-4 SBTPの現状、問題点を調査、分析、評価する。
1-5 これまでに確認されたSBTP実施上の問題点に対して改善策を策定する。
1-6 SBTP実施マニュアルを作成する。
1-7 SBTPモニタリング及び評価フォーマットを作成する。

2-1 定期連絡会議、ワークショップ等を開催する。
2-2 ライティング・ワークショップを実施する。
2-3 集中トレーナー研修を実施する。
2-4 定期トレーナー研修を実施する。
2-5 SG及びLPモデルを作成する。
2-6 教材モデルを作成し、それを普及する。

3-1 SBTP導入地域でSBTPを実施していないクラスターへのSBTP普及の現状及び問題点を調査、分析及び評価する。
3-2 SBTP導入地域でSBTPを実施していないクラスターにおいてSBTPを普及させるためのアクション・プランを策定する。
3-3 アクション・プランに基づいてSBTPを実施する。
3-4 SBTP実施状況のモニタリング及び評価を行う。
3-5 SBTP普及方法に係る評価を行う。

4-1 SBTP未導入地域においてSBTPを普及させるための方策(新規導入マニュアル)を策定する。
4-2 新規導入マニュアルに基づいてSBTPを実施する。
4-3 SBTP実施状況のモニタリング及び評価を行う。
4-4 SBTP普及方法に係る評価を行う。


投入




日本側投入


長期専門家 3名(教員研修36M/M、教員研修行政36M/M、業務調整24M/M)
短期専門家 1-2名/年(教員研修評価・モニタリング、理数科教科指導法)
研修員受入 個別一般研修(短期)2-3名/年(現職教員研修)
青年海外協力隊(理数科教員)一般5-7名×24ヶ月、短期3-5名×12ヶ月、シニア36M/M
機材供与(理数科実験機材) 10,000千円


相手国側投入


カウンターパートの配置
運営職員の配置および訓練
建物、事務室及び他施設の提供
ローカルコスト
 ・フィリピン側スタッフの給与、諸手当
 ・電気、ガス、水道、燃料費
 ・日本側から供与される機材の関税、保管、国内移送、据え付け等の必要経費
 ・施設及び機材の補修費
 ・その他の必要経費


外部条件


・教育政策が大幅に変更されない。
・教育予算がカットされない。
・フィリピン側関係機関が継続的にSBTPを実施する。
・SBTPを受講した教員が退職することなく、研修成果を実施する。
・生徒が中途退学しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


教育省


(2)国内支援体制


埼玉県教育局、青年海外協力隊技術顧問

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・プロジェクト方式技術協力「理数科教師訓練センター(94. 6~99. 5)」
・(旧)チーム派遣協力「初中等理数科教員研修強化計画(02.4~05.4)」
・国別特設(理数科教育行政)(1996, 97, 98):3人/年
・第三国研修(教員のための教育技術)(1999-2003):20(2) 人/年
・青年海外協力隊(理数科教員): 一般60人 シニア4人
・無償資金協力「学校校舎建設計画(第1期-4期:91~97)」
・無償資金協力「教育施設拡充計画(第1次-6次:97~)」
・有償資金協力「初等教育事業(1990)」
・有償資金協力「貧困地域初等教育計画(1996)」
・有償資金協力「貧困地域中等教育拡充計画(1999)」


(2)他ドナー等の援助活動


・世界銀行、(国際協力銀行) Third Elementary Education Project (97-04)
・アジア開発銀行、(国際協力銀行)Secondary Education Development and Improvement Project(00-06)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
JICA Philipines Office00380JICA Philipines Office







Project Overseas Office in charge

As of


Jan.01,2005







Overseas Office


JICA Philipines Office


Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


Strengthening of Continuing School Based Training Program for Elementary and Secondary Science and Mathematics Teachers in the Republic of the Philippines






Country


PHILIPPINES






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Basic/Primary/Secondary Education


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


0120033


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Region V, VI, VII





Mar.18,2002
Term of Cooperation2002/04 ~2005/04


Implementing Organization


Department of Education (DepEd) & its Regional Offices


Background


To improve pupils'/ students' learning competencies in science and mathematics at basic education level is one of the critical education issues in the Philippines. The Governmant of the Philippines prioritizes universalization of basic education in good quality and improvement of science and mathematics education as national objectives in the Master Plan for Basic Education (1996-2005). Accordingly, the Department of Education (DepEd) has been struggling to improve curriculum and teacher training for science and mathematics education.

However, it is difficult to spare the limited budget to development expenses such as teacher training, since 88% of the budget (FY2000) goes to salaries for teachers and staff. As a result, it depends on the funds coming from external resources whether or not teacher training is held. Also, there exists insufficient support for teaching methods in in-serve training (INSET), inadequate training materials, and few qualified supervisors for science and mathematics education. Under these circumstances, DepEd highly prioritizes to establish continuous and sustainable INSET system and to introduce school-based INSET to all the regions in the Philippines.

In response to a request from the Government of the Philippines, the Government of Japan had been carrying out the Package Coorperation for the Development of Elementary and Secondary Science and Mathematics Education (1994-1999), in order to establish effective INSET system and to disseminate the method of practical work at regional level. However, it was difficult to keep teacher training programs running in response to local needs since there was no adequate financial and administrative support for teacher trainers to conduct teacher training at division and school levels.

Consequently, as the follow-up pilot program of the Package Coorperation, the School Based Training Program (SBTP) (1999.6~) was launched in the pilot regions (RegionV, VI, XI), in which teacher training was carried out in the model clusters of schools in regular, sustainable and cost-effective basis.


Overall Goal


Preformance level of pupils and students in science and mathematics at basic education is continuously improved.
*Overall goal is supposed to be achieved by 2010 by the Government of the Republic of the Philippines.


Project Purpose


To upgrade teaching skills and deepen understanding of subject matter content for facilitating learner-centered classroom instruction in science and mathematics education.


Output


1. The operation and managemnet method of SBTP is strengthened.
2. The content of SBTP is upgraded.
3. SBTP is implemented in non-pilot clusters in pilot regions (Region V,VI).
4. SBTP is implemented in a non-pilot region.


Project Activities


1-1 To prepare an implementation plan for pilot SBTP.
1-2 To implement pilot SBTP.
1-3 To monitor and evaluate pilot SBTP.
1-4 To assess the current situation and problems arisen in SBTP implementation.
1-5 To solve problems arisen in SBTP implementation.
1-6 To develop a SBTP implementation manual.
1-7 To prepare monitoring and evaluation sheets.

2-1 To hold regular meetings and workshops.
2-2 To hold Writing Workshop.
2-3 To hold Training of Trainers.
2-4 To hold Monthly Trainers' Meeting.
2-5 To develop Session Guide/Lesson Plan (SG/LP) models including user manuals.
2-6 To develop and disseminate instructional materials.

3-1 To assess the current situation and problems of implementing SBTP in non-pilot clusters.
3-2 To prepare an action plan to implement SBTP.
3-3 To implement SBTP in the non-pilot clusters based on the action plan.
3-4 To monitor and evaluate SBTP implementation.
3-5 To evaluate the method of dissemination of SBTP.

4-1 To develop a manual for expansion of SBTP to non-pilot regions.
4-2 To implement SBTP in a new region based on the manual.
4-3 To monitor and evaluate SBTP implementation.
4-4 To evaluate the method of expansion of SBTP.


Input Summary byJapanese Side


・Long-term Experts:3 persons
a)Teaching methods and system/Project leader:36M/M
b)Developing SG/LP & instructional materials:36M/M
c)Management of teacher training program/Project coordinator:24M/M
・Short-term Experts:if necessary
・C/P Training
・Provision of equipment, and other materials
・Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCVs)






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preliminary Study

Nov.06,2001

 ~

Nov.30,2001




Nov.23,2003

 ~

Dec.05,2003




Nov.21,2004

 ~

Dec.10,2004
























































Related Project




(1)Japanese side


・Package Coorperation:The Science and Matehmatics Education Manpower Development Project (1994.6-1999.5)
・JOCV Team:Enhancement of Practical Works in Science and Mathematics Education at Regional Level(1994.11~2001.5)
・JOCV:Science and Mathematics Teacher
・The Project for Constructing Primary and Secondary School Buildings (Phase 1-4:1991~1997)
・The project for Improvement of Educaional Facilities (Phase 1-6:1997~)


(2)Collaboration with Other Donors


・World Bank:Third Elementary Education Project (1997-2004)
・ADB:Secondary Education Development and Improvement Project (2000-2006)






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

終了時評価(平成16年度) (外部公開)2012/10/22
報告書(調査団報告書)(外部公開)2010/02/23

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

事業事前評価表/事後評価結果要約表
FM0203XX06
案件概要表


04/10/2002
04/09/2005