更新日2003/09/25
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


6421015E1
 


500


アフリカ地域




対象国名


セネガル


41240












対象国(その他)







 





案件名(和)


日本・セネガル職業訓練センター(A/C)

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間200207200312
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)日本・セネガル職業訓練センター(A/C)




(英)The Senegal-Japan Vocational Training Center

 





対象国名


セネガル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2001/11/19
 


プロジェクトサイト


首都ダカール市内
 
協力期間200207200312月 
   


相手国機関名


(和)

職業訓練・識字・国民言語省、職業訓練局


相手国機関名


(英)

(Ministere de la Formation Professionnel Publique et Privee, de l'Alphabetisation et des Langues Nationales:MFPPPALN) (Office National de Formation Professionnelle:ONFP)









日本側協力機関名


厚生労働省、雇用・能力開発機構
 


プロジェクト概要




背景


セネガル共和国は独立以来の落花生や燐鉱石などの第一次産品に大きく依存した経済体制から脱却するため、国家開発計画の中で軽工業などの発展を唱え、これに必要な人材育成を目的とした協力を我が国に要請してきた。
これを受けて、我が国は、無償資金協力にて1984年に日本・セネガル職業訓練センター(CFPT)を建設し、同年から5年間で中堅技術者の養成を目的としたプロジェクト方式技術協力を実施した。2年余りの延長も含め、91年に終了した後、同センターは現在も同国随一の職業訓練校として中堅技術者資格(Brevet Technisien: BT)を持つ技術者を養成しており、これらの卒業生は産業界から高い評価を受けている。92年以降、周辺諸国の留学生受け入れや夜間訓練を開始し、さらなるプログラムの充実をはかっている。94年には第一回アフターケア調査団を派遣し、95年4月より12月まで第一回アフターケア協力を行い、追加機材の供与、短期専門家の派遣、研修員の受入を行った他、99年11月には外部の有識者による第三者評価を実施した。同センターでは、さらに、最近のセネガル国の技術発展に伴い、レベルの高い上級技術者育成の必要からバカロレア資格保持者(高等学校卒業レベル)を対象とするディプロマ・レベルの上級技能者資格(Brevet Technisien Superieur: BTS)コースを1999年6月より5カ年計画で実施中実施中であるが、スタッフの多くは、当初のプロジェクトからの継続雇用である。
今般、フランス語圏アフリカでも3指に入る職業訓練校としての規模を誇る本案件のさらなる充実をはかるため、現在実施中のBTSコースとは別にBTコースへのアフターケアとして、老朽化した機材を補充するための新機材の供与、及び、日進月歩で技術革新が進む中での、研修員の受け入れ、短期専門家派遣による新技術の移転がセネガル側より要請された。


上位目標




プロジェクト目標


指導員への技術移転や機材供与により、BTコースが充実する。


成果


1)指導員の技術が向上する。    
2)機材が適切に活用され、維持管理される。


活動


1-1 短期専門家による指導員への技術移転を行う。
1-2 日本でのC/P研修により指導員への技術指導を行う。
2-1 電子科、産業電子科、電子工学科、自動車整備科の老朽化した機材の代替機材供与


投入




日本側投入


短期専門家(H15年度にコンピュータメンテナンス、電子の2名)
研修員受入(コンピュータメンテナンス、電子 計2名)
機材供与 (電気機械科(自動制御分野)、自動車整備分野、電気電子分野 等


相手国側投入


要員:センター人員 計54名 C/P(BTコース指導員17名、事務職員4名)

施設等整備:BTSコース実習室をセネガル側が建設済み
   2001年9月から17000(千CFA)で研修所増設


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


無償資金協力(1981年E/N、施設建設16億円、機材4億円)プロジェクト方式技術協力(日本・セネガル職業訓練センター)(1984~1991)、フォローアップ(1991~1993)、アフターケア協力(1995)、第3国研修(1999~2003) 拡充計画(1999~2004)、無償資金協力(2005)


(2)他ドナー等の援助活動


なし

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jul.01,2004







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


The Senegal-Japan Vocational Training Center






Country


SENEGAL






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Nov.19,2001
Term of Cooperation2002/07 ~2003/12


Implementing Organization


(Ministere de la Formation Professionnel Publique et Privee, de
l'Alphabetisation et des Langues Nationales:MFPPPALN) (Office National de
Formation Professionnelle:ONFP)


Background


Senegal has made efforts to move away from an economy dependent on peanut exports and develop light industries. In its National Development Plan, it gives high priority to the fostering of human resources. The Senegal-Japan Vocational Training Center (CFPT-S/J) was established by project-type technical cooperation with Japan. As Senegal's first vocational training institution, the Center now fosters talent with the メQualification of Technicianモ (Brevet de Technicien, BT) and the graduates have a high reputation in industry. However, the industry of this country needs high-level technicians of a higher educational level. To meet this need, the Senegalese Government sanctioned a High-Level Technician Qualification (Brevet de Technicien Superieur, BTS) Course at the diploma level by a Presidential decree. This training course was aimed at persons having the qualification of baccalaureat (senior high school graduate level). In response, CFPT planned to newly establish a BTS course. This high-level tec




















hnician education aimed at utilizing the Center's high training techniques to foster skilled technicians who could satisfy the needs of the industry more effectively, and for this purpose a request was made to the government of Japan for cooperation.


Overall Goal




Project Purpose


Overall Goal: To satisfy the needs of Senegalese industry for high-level technicians in the industrial electronics and information technology areas to activate the economy of the country.


Output




Project Activities


1. Establishment of BTS course 1) To prepare a curriculum for BTS course 2) To development training materials 3) To prepare an instructor training programme 4) To conduct instructor training 5) To establish a training equipment maintenance and management structure 2. Grasping and survey of needs 1) To monitor the needs of the industry and reflect the monitoring results in the training programme 2) To survey the training needs of the applicants for admission 3) To differentiate clearly between BTS and BT courses 3. Equipment and materials 1) To procure and accept equipment and materials 2) To install and adjust equipment 3) To prepare an apprenticeship programme 4) To prepare a maintenance and management manual


Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Aftercare Study

Nov.04,2001

 ~

Nov.23,2001



Supplementary Study






Implementation Study






Management Consultation






Mid-term Evaluation















































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


Grant aid (E/N in 1981, facility construction エ1.6 billion, equipment エ400 million), Project-type technical cooperation (1984 to 1991), Follow-up (1991 to 1993), After-care cooperation (1995), Third-country training (1999 to 2003)






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


07/01/2002
12/31/2003