更新日2010/07/31
アフリカ部

プロジェクト基本情報







20160


























主管区分


本部


本部/国内機関


00113_アフリカ部


在外事務所






 


案件番号



0613365

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ガーナ


41150












対象国(その他)







 





案件名(和)


「アッパーウエスト州住民の健康改善プログラム」ベースライン調査

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20061215日20070315日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-基礎保健

 





プログラム名


アッパーウエスト州住民の健康改善プログラム


プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)「アッパーウエスト州住民の健康改善プログラム」ベースライン調査




(英)Programme for the improvement of health status of people living in Upper West Region

 





対象国名


ガーナ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2006/10/10
 


プロジェクトサイト


アッパーウエスト州
 
協力期間20061215日200703月 15日
   


相手国機関名


(和)

ガーナ国保健省


相手国機関名


(英)

Ministry of Health Ghana









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ガーナ国アッパーウェスト(Upper West:UW)州は、国内の貧困地域といわれる北部に位置し、他州と比べ基礎保健サービスへのアクセスが限定されている。その結果として5歳未満児の死亡率が全国平均の約2倍にあたる208(2003年ガーナ人口保健調査、1000出生あたり)に上るなど保健関連指標が著しく低く、基礎的保健サービスの向上が重要な課題となっている。かかる状況の中、ガーナ国保健省は(1)保健サービスの質の改善、(2)保健サービスへのアクセス向上を戦略の柱とした「第二次国家保健5ヵ年計画(2002年~2006年)」を策定し、「健康状態の向上と健康における不平等の削減」を目指している。
上記背景のもと、我が国は、農村部の地域保健医療サービスへのアクセスと質の向上(技術協力プロジェクト、無償資金協力)及び住民参加による健康改善活動の促進(青年海外協力隊)によって同州の住民の健康が改善されることをプログラム目標として2005~2009年までを実施期間とする「アッパーウエスト州住民の健康改善プログラム」を実施している。

調査目的:
本調査は、上記背景を踏まえ、医療施設の既存データ(二次データ)調査及び地域住民へのインタビュー調査を通じて、1)同州における保健状況の把握、2)今後の本プログラム(及びプロジェクト)の評価・モニタリングにおける活用を図ることを目的とする。また、今後、継続した評価・モニタリング調査実施の為、3)調査ガイドラインを作成することも目的とする。


上位目標


アッパーウエスト州の住民の健康状態が改善する。


プロジェクト目標


保健医療サービスへのアクセスと質の向上、住民参加による健康改善活動の促進、中央レベルでのプログラム成果の普及


成果


技プロ:
1.州保健管理局及び郡保健局のCHPS拡大にかかるマネイジメント能力が向上する。             2.CHOおよび準郡保健チーム(SDHT)の能力が向上する。             
3.CHPS活動に関する監督システムが改善される。                     
4.CHPS、ヘルスセンター及び病院間のリファラル・カウンターリファラル体制が改善される。
無償:
1. 州/郡病院において医療機材が整備される。
2. 保健所の医療機材が整備される。
3.コミュニティ保健師養成校において教材実習機材が整備される。
4.保健所や郡(州)病院において無線機や救急車が整備される。
JOCV:
1. ステージ1郡において、住民の水・衛生・栄養等健康に関する知識が増進されるとともに、住民の健康改善活動が促進される。
2. ステージ2郡において


活動


技プロ:
・プロジェクト合同調整委員会(JCC)の開催
・既存CHPSの把握とレビュー
・研修の実施(RHMT・DHMT・CHN・CHO・SDHT・CHV)
・パフォーマンス・スタンダードの作成(RHMT・DHMT・CHN・CHO・CHV)
・CHPS拡大計画の作成支援
・DHMT,郡議会、郡保健委員会、他セクター、NGOや他の援助機関とCHP活動に係る支援の連携を強化するための会議(郡)CHPSフォーラムの実施
・CHO・SDHT研修ニーズの把握及び研修用モジュール作成
・現地NGO再委託
・合同定例会議の開催
・研修の実施(RHMT・DHMT・CHN・CHO・SDHT・CHV)
・CHPS活動モニタリング・評価マニュアルの作成/CHPS保健情報システムガイドラインの策定
・スーパービジョンシステムの現状分析及びガイドラインの策定/スーパービジョン研修(SDHT)
リファラルカウンターリファラル体制の改善支援
・現地NGOによる住民参加促進活動実施
・相互視察とグットプラクティスの共有
・本邦研修の実施
・プロジェクト合同調整委員会(JCC)の開催
無償:
・協力対象範囲の検討、機材仕様等の検討、相手側との合意形成(基本設計調査)
・州/郡病院の活動に必要な基本的医療機材の調達、据付
・保健所の活動に必要な基本的な医療機材の調達、据付
・コミュニティ保健師養成学校の教育実習機材の調達
・州/郡病院の患者


投入




日本側投入


専門家(総括/地域保健行政、地域保健計画、母子保健、計68人月)
機材(車両、CHPS用バイク、自転車、医療機材、無線通信機器など)
研修員(保健行政管理、母子保健)
現地業務費(現地NGO委託費、研修、ワークショップ開催経費等)
教育・実習機材


相手国側投入


運営維持管理要員(カウンターパートの配置、CHOの配置)
プロジェクト事務所
運営予算の確保(事務事業経費)
CHOコンパウンド建設


外部条件


対象地域の治安が悪化しない。
保健省やガーナ保健サービスのCHPS拡大に要する予算確保がなされる。
必要な援助獲得がなされる。
 


実施体制




(1)現地実施体制


現地では、プログラム調整委員会(事務局:ガーナ事務所、メンバー:左記他技プロチーム・協力隊員を設置し、活動進捗状況の把握、情報共有、関連活動の調整を行う。


(2)国内支援体制


国内では、プログラム運営委員会・作業部会(事務局:ガーナ事務所・アフリカ部、メンバー:左記他人間開発部・無償資金協力部

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動


オランダ、 DFID、 DANIDA 、EU 、世銀等は「ヘルス・ファンド」と呼ばれるセクターファンドを行っていたが、近年は一般財政支援への移行がみられる。その他、過去にDANIDAによりUW州の半数の病院等への無線機等の供与が行われるとともに、現在USAIDにより北部三州を除く州においてCHPS拡充が行われている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00113







Project Headquarters in charge

As of


Jul.31,2010







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0613365


Title


Programme for the improvement of health status of people living in Upper West Region






Country


GHANA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Basic Healthcare






Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Upper West Region





Oct.10,2006
Term of Cooperation2006/12 ~2007/03


Implementing Organization


Ministry of Health Ghana


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(評価報告書)(外部公開)2011/11/15

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/15/2006
03/15/2007