更新日2012/10/31
セネガル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00456_セネガル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0605482

プロジェクトID(旧)


6425058F0
 


500


アフリカ地域




対象国名


セネガル


41240












対象国(その他)







 





案件名(和)


地方教育行政強化計画

 





スキーム







名称(和)


開発調査


Development Study

 



協力期間20051125日20071125日
 









分野課題1


教育-教育行政


分野課題2


教育-初等教育


分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


セネガル その他プログラム


プログラムID


6429999999999


援助重点分野


セネガル その他重点分野


開発課題


セネガル その他開発課題






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)地方教育行政強化計画




(英)Education System Improvement Program

 





対象国名


セネガル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/09/23
 


プロジェクトサイト


ルーガ州
 
協力期間20051125日200711月 25日
   


相手国機関名


(和)

教育省


相手国機関名


(英)

Ministere de l'Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


1.セネガル国は「教育訓練10ヵ年計画(2000-2010)=PDEF」を策定し、2015年までに就学率100%を達成することを目標としている。現在の就学率は79.9%(2003/2004)とアクセスの改善は着実に成果を上げてきたものの、教育達成率は48.7%(2003)と内部効率が極めて低い状態が続いている。
2.これらの問題は①地域や学校、児童のニーズ、実態に教育行政が的確に応えていないこと、②厳しい財政状況の中教員の確保が追いつかず、教育の質の向上が妨げられていること、に多くが起因していることから、PDEF第2フェーズでは、各州、各県視学官事務所や地方公共団体に必要な権限と予算を委譲する地方分権化の促進による教育マネジメントの改善とそれを通じた教育の質の向上が最重要課題として位置づけられている。
3.しかしながら、地方教育行政を担う州視学官(IA)、県視学官(IDEN)、各学校長はこれまで中央集権的な教育政策の実施機関として位置づけられており、自ら管轄する州、県の教育計画の策定、事業のモニタリング・評価の経験は極めて乏しい。加えて、地方公共団体や各学校、保護者会、教員養成施設との役割分担も必ずしも明確ではないため各州・県の視学官に過重の負担が課されており、効率的な教育行政の展開を妨げる要因となっている。また、各州の責任の下で実施すべき初等教育段階の教員養成や教員研修も明確なヴィジョン、体系的な教員養成政策、効率的、効果的な実施方法・ツールが欠けており、質の高い教員の確保が困難になっている。
4.これらの問題を解決するためには、関係機関に対し、地方分権にかかる意識の浸透を図りつつ、地方教育行政機関全体を通じた教育計画立案能力、モニタリング・評価能力の 向上を図る必要がある。かかる問題認識の下、セネガル政府は、我が国に対し、地方主導型で効果的、効率的な初等教育を展開していく観点から、地方分権化の進展に対応した地方教育行政強化計画の実施を要請した。


上位目標


地方教育行政の機能が強化され、初等教育の質が改善される。


プロジェクト目標


PDEFの推進を図る観点から、PDEF第3フェーズ(2008-2010)に対応したルーガ州教育計画を策定し、その過程で、地方分権化の進展の下、教育の質の向上を図 る観点から、中央及び地方の教育行政官の計画策定能力の向上を図る。


成果


1)ルーガ州教育計画の策定
2)全国で適用可能な地方教育行政強化モデルの作成
3)地方教育行政官の計画策定能力の向上


活動


(1)本格調査概要
 本調査では、地方分権化の進展の下、教育の質の向上を図る観点から、PDEF第3フェーズ(2008-2010)に対応するルーガ州教育計画の策定を支援することを目的とする。その際、①地方分権政策の進展の下、児童・生徒や保護者、地域のニーズに的確に対応した計画を策定する必要があること、②教育の質を改善するためには、極めて短期間で養成されるボランティア教員の質の向上が必要であることに留意しつつ、特に、1)地方公共団体の積極的な参画による教育計画の策定、2)現職教員研修の活性化、に重点を置いた教育計画策定支援を実施する。その過程で地方教育行政関係者の能力向上を図り、そこで得られた成果を踏まえた提言を行うこととする。 第1年次には現状把握と活動方針の策定、第2年次には策定した活動方針に基づき、1)~2)にかかるパイロット事業の実施を含めた教育計画策定支援を実施する。第3年次には、2年次までの活動を反映したルーガ州教育計画を策定し、その策定過程における地方教育行政官の能力向上に関する取組等を踏まえた地方教育行政強化モデルについて提言を行う。
(2)本格調査の調査項目
 第1年次   1)現状分析(初等教育の現状、PDEF進捗状況、地方教育行政機関の役割・責任、現職教員研修         の実施状況等)
       2)全体方針の策定
       3)計画策定にかかる活動方針の策定(地方公共団体の積極的な参加による教育計画の策定、現         職教員研修の活性化)
第2~3年次 1)ルーガ州教育計画策定支援の実施(マイクロプランニング研修の実施・モニタリング、計画         策定、現職教員研修の活性化に係るパイロットプロジェクトの実施)
      2)ルーガ州教育計画の策定・地方教育行政モデルに関する提言


投入




日本側投入


(1)コンサルタントの派遣 総括/教育行政 副総括/マイクロプランニング 統計解析 初等教育/教育評価 教員養成/研修開発 業務調整 通訳(日⇔仏)
(2)C/P研修の実施


相手国側投入


C/Pの配置 C/P出張旅費の負担


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


教育省


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


第4次小学校建設計画 専門家派遣  小学校校長研修の実施


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Oct.31,2012







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0605482


Title


Education System Improvement Program






Country


SENEGAL






Project Type


Development Study






Field 1


Education-Education Administration


Field 2


Education-Primary Education


Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title


SENEGAL


Program Number


6429999999999


Cooperation Priority Area


SENEGAL


Development Issue


SENEGAL






Project Site







Sep.23,2005
Term of Cooperation2005/11 ~2007/11


Implementing Organization


Ministere de l'Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表

2

11/25/2005
11/25/2007