更新日2005/07/20
ケニア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00450_ケニア事務所


本部/国内機関






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


5155092E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


ケニア


41040












対象国(その他)







 





案件名(和)


貧困層の自立支援

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20040601日20050531日
 
延長終了日20060331日
 









分野課題1


教育-その他教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


基礎教育制度の改善


プログラムID


5150001


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)貧困層の自立支援




(英)Empowerment of the Poor Community

 





対象国名


ケニア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2004/10/15
 


プロジェクトサイト


ナイロビ
 
協力期間20040601日200505月 31日
  
延長終了日20060331日
 


相手国機関名


(和)

ケニア共和国内務省児童局


相手国機関名


(英)

Children’s Department, Office of the Vice President,Ministry of Home Affairs and National Heritage, Republic of Kenya









日本側協力機関名


Save the Children Centre(SCC)
 


プロジェクト概要




背景


ケニア国首都ナイロビ市の人口は220万人でそのうち約半数がスラム(低所得者居住区)に住んでおり、町で物乞いなどをするストリートチルドレンは15万人にも達するといわれている。彼らは劣悪な生活環境のなかで生活しており、栄養失調、健康問題、貧困問題、貧困からの犯罪発生など多くの問題が発生している。
これらのスラムに住む人々に対して、現地NGOであるSave the Children Center (SCC)ではストリートチルドレンの更生とスラム住民の生活改善を目的に、1993年より数箇所のスラムにおいて自立援助の活動を行っている。JICAではSCCの活動を基盤にナイロビ市にある4つのスラム地区(キベラ、マザレ、ミトウンバ、シティ・カートン)に済むストリートチルドレンやその家族、その他の住民が自ら生活を改善するために2001年6月から2004年5月を協力期間とした開発パートナー事業を行ってきた。
このような背景のなか、ケニア政府から現地NGOであるSCCとの連携によるスラムの住民やストリートチルドレンを対象とした貧困層の生活改善のためのプロジェクトを我が国に対して要請がされた。
本要請は、上記開発パートナー事業の活動をフォローするとともに対象住民の自立を定着させていくことが期待されている。
「Economic Recovery Strategy for Wealth and Employment Creation 2003-2007」によると、ケニア政府は貧困層への支援を大きな政策のひとつとして掲げ、教育、保健医療を始めとする社会面での支援を拡充していくこととしている。本プロジェクトでは、現在SCCが実施している貧困層の生活改善のための活動を支援するとともに、その支援活動を通じて、住民が相互に協力してコミュニティの問題に取り組みことができるように、コミュニティ活動の運営・指導、カウンターパート機関のキャパシティビルディングを図り、プロジェクト終了後も継続して貧困削減の取り組みがなされることを目指すものである。


上位目標


ナイロビ市にある4つのスラム地区(キベラ、マザレ、ミトウンバ、シティ・カートン)の貧困層の生活改善とストリートチルドレンの減少


プロジェクト目標


現在SCCが実施している貧困層の生活改善のための活動支援を通じて、コミュニティ活動の運営・指導を行い、カウンターパート機関のキャパシティビルディングを図り、住民が相互に協力してコミュニティの問題に取り組みことができるようになる。


成果


成果0:SCCの行っている貧困層の生活改善活動が順調に行われる。
成果1:住民が活動拠点において、自立的に活動できるようにプロジェクトの運営・管理手法を理解する。
成果2:上記手法に基づいてプロジェクトを実践するとともに、その啓蒙活動を行う。
成果3:貧困問題を解決するための住民のコミュニティ組織が形成される。
成果4:コミュニティ組織の運営に関する必要な知識・技術を身につける
成果5:プロジェクトの成果がガイドラインとしてまとめられる。


活動


活動0:SCCの行っている生活改善活動への技術的指導を行う。
活動1:プロジェクトの運営・管理手法の研修を実施する。
活動2:プロジェクトの運営・管理手法のモデレーター研修を行う。
活動3:コミュニティ組織の形成のための支援を行う。
活動4:コミュニティ組織の持続的な組織運営のための支援を行う。
活動5:プロジェクト各活動の評価を行い、コミュニティ組織形成のためのガイドラインを作成する。


投入




日本側投入


短期専門家(プロジェクト評価)1M/M(2004年度派遣済)
現地業務費


相手国側投入


必要な人材配置


外部条件


スラムの治安、生活環境が悪化しない
 


実施体制




(1)現地実施体制


SCC


(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


平成16年度のJICAケニア国別事業実施計画では「人材育成」を5重点分野の1つとして掲げ、「教育格差の是正(特別な保護を要する児童の教育機会の拡充)」はプログラムの1コンポーネントとして位置づけられ、ストリートチルドレンへの生活に密着したきめ細かいケアを行い、家庭や社会への復帰を促すには、NGO等による草の根レベルの活動が不可欠としている。


(2)他ドナー等の援助活動


なし

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
JICA Kenya Office00450JICA Kenya Office







Project Overseas Office in charge

As of


Jul.20,2005







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


Empowerment of the Poor Community






Country


KENYA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Other Education Issues


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


5150001


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Nairobi,Kenya





Oct.15,2004
Term of Cooperation2004/06 ~2005/05
End of Extension at Completion2006/03


Implementing Organization


Children’s Department, Office of the Vice President,Ministry of Home Affairs
and National Heritage, Republic of Kenya


Background


The City of Nairobi is dotted with a large number of low incomes slum areas, some very large like Kibera and Mathare, and some very small with less than 10,000 inhabitants. Unemployment, disease, crimes, drugs, violence, broken families and street children are prevalent. The inhabitants in these areas are often regarded by Kenya society in general being crime inclined and drug addicts etc. Their education and skill level are generally low, majority of them being primary school dropouts and some being secondary school dropouts. The major reason for their shortcoming is that they did not have a chance to acquire proper training for various reasons such as family finance and other socio-economic reasons including unemployment. However, once given learning opportunities, majority of slum inhabitants shows that they are capable of improving their lives for the better. Contrary to stereotyped image and belief towards “slum dwellers” or “street children”, they are very normal, hard working and considerate citizens.
There has been a joint effort with the International Development Associate Ltd. in Japan and Nairobi based NGO, the Save the Children Centre (SCC) which initiated a project“Improvement of Living Conditions of the Poor (ILCP) with financial assistance from JICA. This project started in JFY2001 and was terminated in JFY in 2003. The major purpose of the project was to initiate and enhance self-help efforts of street children, their adult brothers and sisters and their women in Kibera, Mathare, Mitumba and City Carton. ILCP had several contact points with street children and others such as football training, music class, handicraft class, medical check ups etc. The number of children, youths and mothers contacted by ILCP staffs in three years were about 48,000 persons.
By the end of JFY2003, 22 groups were formed among street children, youth and women, who started engaging themselves in various income generating activities. For example, former street girls of Kibera formed a craft-making group. They harvest water hyacinth from Nairobi Dam and started making water hyacinth baskets, tablemats and etc., which are sold in Nairobi and Japan among supporters of the project.
The effort of the project, through technical cooperation from Japan, will be supporting the self-help efforts of the people in difficult circumstances, especially in urban low-income areas. The project though very small is a challenge and demonstration on how NGOs and civil society can commit resources to poverty reduction at the grass roots in Kenya.


Overall Goal


Improvement of living conditions of the poor and reduction of the number of street children in the project areas; Kibera, Mathare, Mitumba and City Carton by the project team formed by Save the Children Centre (SCC).


Project Purpose


1)To assist self-help efforts of residents in the project areas, in solving problems in
education, poverty, sanitation, gender and social development.2)To encourage them to establish their own multipurpose community centers which will be utilized for meetings, library, literacy class, counseling, skill training as well as an information center.


Output


1) Community leaders’ capabilities enhanced and group activities become more productive and lively.2) Community members are empowered to plan their own community activities and implement them voluntarily.3)Community members are more aware and informed about domestic matters and individual family member’s responsibilities and are enable to make efforts
towards solution and improvement of their conditions 4)Street children and youth are given chances for rehabilitation.5)Community members are given information on access to government medical services and their sanitation, environment and health conditions are improved.
6) More people are given learning opportunities.7) Vocational training is provided.8) People are given skills and knowledge on income generation (small scale business, craft making)
9) Networking with other NGO and governmental organizations is strengthened and extended to community groups.


Project Activities


To establish community centre in each target area etc
See attached document for details


Input Summary byJapanese Side


(1)Dispatching one qualified-short-term experts (2005)
(2)Supporting Local Cost
(3)Implementing the activities which is shown as attached document
(4)Others






Consultant Name


N/A






Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



N/A







































































Related Project




(1)Japanese side


This project is related to the national assistance policy by JICA Kenya office.


(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/01/2004
03/31/2006