更新日2014/06/14
ケニア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00450_ケニア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0604720

プロジェクトID(旧)


5151128E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


ケニア


41040












対象国(その他)







 





案件名(和)


西部地域保健医療サービス向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20050331日20080331日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2


貧困削減-貧困削減


分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


5159999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)西部地域保健医療サービス向上プロジェクト




(英)Project for Improvement of Health Services with a focus on Safe Motherhood in the Kisii and Kericho Districts

 





対象国名


ケニア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/03/25
 


プロジェクトサイト


ニャンザ州、リフトバレー州
 
協力期間20050331日200803月 31日
   


相手国機関名


(和)

保健省健康予防増進局、ニャンザ州キシイ県及びリフトバレー州ケリチョー県の県保健局


相手国機関名


(英)

Department of Preventive and Promotive Health Services, Ministry of Health District Health Manageme









日本側協力機関名


特定非営利活動法人 HANDS
 


プロジェクト概要




背景


ケニア西部地域(ニャンザ州及びリフトバレー州の一部)は、マラリアやHIV/エイズ等の感染症が多く、人口に比べ社会資本は少なく、保健医療施設は老朽化しているなどの 問題を抱えている。そのような状況の中、ケニア政府は『国家保健医療政策1999~2004 (The National Health Sector Strategic Plan 1999~2004) 』を策定し、地方への権限委譲、人員の適正配置等を重要課題に掲げ、ヘルスセンター(HC)等の第一次保健医療施設 から県病院等の第二次保健医療施設へのリファラルシステムの構築及び医薬品・機材の使用も含むマネージメント機能を中心に、地域保健医療サービスの向上を目指している。ま た、ケニアにおける妊産婦死亡率は、出生10万件に対して1,000(WHO,UNICEF,UNFPA. 2000)と報告されており、世界で最も高い国の一つである。 対象地域の妊産婦死亡率に関する正確なデータは無いが、同地域を含む二州の施設分娩率36.0%は全国平均40.1%と比較し低い数値(Kenya Demographic and Health Survey 2003)となっており、妊産婦ケアも他地域に比べ劣悪な状況となっていると考えられる。 出産時の大量出血など産科合併症が主原因である妊産婦死亡が高い背景には、妊産婦自身や伝統的産婆(TBA)が危険な兆候を認識し、医療機関を受診することの遅れ、HCな ど第一次保健医療施設における基本的な産科ケアやリファラル体制の不備、病院における包括的産科ケアがタイムリーかつ適切に提供されないことがある。50%以上の出産が自 宅で行われていることから、コミュニティと第一次保健医療施設との密な連携を進め、施設分娩率及び熟練助産率を向上させる必要性が高まっている。


上位目標


プロジェクト対象地域において、住民、特に妊産婦の健康が改善される。


プロジェクト目標


プロジェクト対象地域において、HCおよびコミュニティを中心とした妊産婦ケアが改善される


成果


成果1:HCレベルで妊産婦ケアサービスが向上する。
成果2:コミュニティレベルで妊産婦ケアへの適切な対応が行われる。
成果3:リファラル・システム(HC、県病院間)が整備され、機能する。
成果4:HCにおいて保健医療情報システム(HIS)が整備され、診療、運営管理の向上のために有効に利用される。
成果5:HCでの医薬品類管理能力が向上する。
成果6:DHMT(県保健局)によるHCへの支援・監督システムが強化される。


活動


1-1.妊産婦ケア研修システムを確立、機能させる。1-2.施設整備、機材配備、運用体制の確立、施設機材計画策定、施設改修、資機材調達、マニュアルに基づくメンテナンスを実施する。
2-1.活動候補地域において家庭インタビューを含めたコミュニティ調査を行う。2-2.HCスタッフ及びCORP(Community Resource Person)、HC管理コミッティメンバーに対して、HCへのリファラルや地域住民の保健学習支援のための研修を実施する。2-3.CORPによる地域住民への保健学習の実施、コミュニティによるリファラルのための搬送手段、資金確保を支援する。2-4.コミュニティ活動をHCスタッフによるCORPへのスーパービジョンを通してモニターする。2-5.モデル地域での経験を文書化する。2-6.モデル地域での経験を住民自身やCORP同士の現地交流に基づく相互学習、DHMTサポートにより他の地域へ展開していくことを支援する。
3-1.県病院とHCにおけるリファラルに関するインフラを整備する。(県病院とHCへのコミュニケーション機材の設置、県病院の搬送用車両の確保、コミュニケーション、搬送の運営、維持管理のための研修の実施)3-2.リファラル・ガイドラインを作成し、その研修を行う。3-3.リファラル・ケース検討会を実施し、リファラルの質をモニターする。
4-1.HCの保健情報の記録管理/報告の現状、課題を明確にする。4-2.情報の記録管理/報告の簡略性、信頼性、利用度を高める研修を行う。4-3.県レベルのHC保健情報の整理、HCへのフィードバックを促進する。4-4.HISのモニタリング・評価への利用を支援する。
5-1.HCにおける医薬品類の供給、在庫、処方の調査を実施する。5-2.HCにおける在庫管理台帳、処方台帳を整備し、適切な利用を支援する。5-3.県倉庫からHCへの医薬品類配送システムの確立を進める。5-4.HCにおける治療ガイドラインの利用に基づく適正処方の技術指導を行う。
6-1.DHMTによるHCへの支援・監督の現状、課題を明確にする。6-2.DHMTによるHC支援・監督強化のための計画を策定する。6-3.HC支援・監督強化のための研修やロジスティクス整備を支援する。6-4.DHMTのHC支援・監督に対するモニタリング、フィードバックを支援する。


投入




日本側投入


専門家派遣: プロジェクトマネージャー、 ・地域保健/ヘルスマネージメント ・妊産婦ケア ・業務調整 ・コミュニティ活動 等 研修員受入(本邦または周辺国): 妊産婦ケア、ヘルスマネージメント、他 機材: HC用妊産婦ケア関連機材 病院での研修に用いる妊産婦ケア機材 研修用資機材(視聴覚、教材作成用機材) 通信機材(無線または携帯電話) プロジェクト運営機材(車両等) 施設改修:HCの給水設備等 現地活動費: 研修実施、現地コンサルタント活用に係る経費等


相手国側投入


カウンターパート(プロジェクトディレクター、プロジェクトマネージャー)及びその他技術スタッフ、管理スタッフの配置 保健省、キシイ県、ケリチョー県におけるオフィス用施設 電気、水、通信などの基本インフラの提供及び燃料などの維持管理費 免税措置その他


外部条件


・県保健局、HC、コミュニティの各々において最低限の運営資金が確保される。
・HCへのスタッフ配置が維持される。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


本案件はPROTECO(提案型技術協力)として、特定非営利活動法人HANDSに業務委託

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1997~98年:開発調査「ケニア国地域保健医療システム強化計画調査」 2000~01年:無償資金協力事業「ケニア西部地域保健センター整備計画」 2002~04年:個別専門家「地域保健」および「技術協力開発計画」 2005~  :無償資金協力事業「西部地域県保健システム強化計画」


(2)他ドナー等の援助活動


ケニア国の地域保健マネージメント分野では、DANIDAやSIDA、BTC(ベルギー政府)、WBなどが、妊産婦ケア分野ではUNICEF、UNFPA、DFIDなどの 国際機関や援助機関が活動を行っている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.14,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0604720


Title


Project for Improvement of Health Services with a focus on Safe Motherhood in the Kisii and Kericho Districts






Country


KENYA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2


Poverty Reduction-Poverty Reduction


Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


5159999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Mar.25,2005
Term of Cooperation2005/03 ~2008/03


Implementing Organization


Department of Preventive and Promotive Health Services, Ministry of Health District Health Manageme


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities


Outcome 1.Maternal care in the project area is improved. A) To institute a training system for maternal care. 1. Preparation 1)Organizing training team within DHMT 2)Reviewing information on training needs for HC staff 3)Establishing curricula. 4)Selecting health staff to be trained. 5)Formulating training work-plan. 2. Implementation Training in maternal care for HC staff, including essential and emergency obstetric care(life-saving skill), ANC, PAC with client-centered care. 3. Follow-up or Monitoring 1)Follow-up for the trained staff with on-the-job training and re-training utilizing Critical Incidence Analysis. 2)Conducting Maternal Review (MDR). B)To eatablish a system renovating facilities and providing equipment with their maintenance. 1. Preparation 1) Investigating the current status of the facilities and equipment at eachHC. 2)Determining the required renovation and selecting equipment for maternal care. 2.Implementation 1)Renovating facilities and providing equipment. 2)Determining the required renovation and selecting equipment for maternal care. 3. Following-up Monitoring Continuing regular maintenence for equipment and facilities. Outcome 2.Maternal care at the community level is improved. 1. Preparation 1)Conducting community and household surveys at candidate communities. 2)Selecting a pilot community in each District. 3)Identifying CORPs and HCMC members in the community and formulatinh work plan. 2. Implementation 1)Training PHT and nurses at near by health center and developing IEC dor awareness of referral. 2)Training CORPs and HCMC members for awareness and referral for maternal care. 3)Supporting CORPs and community to organizing health learning groups and transportation system with community funds. 3. Following-up or Monitoring 1)Facilitating visits by other communities and peer learning as pilot community activities. 2)Monitoring the community health activities and formulating models for best practices. 3)Supporting and following up for the s


Input Summary byJapanese Side


Human Resources 1. Chief advisor and technical advisor 2. Project manager 3. Project coordinator 4. Midwifery 5. Community-based health Provision of Equipment 1. Equipment for maternal care at HCs 2. Maternal care equipment for training at hospitals 3. Learning materials necessary for training (AV equipment, currisulum production) 4. Communication equipment(Radio system or cell phones) 5. Equipment for project operation(vehicles, etc) Facility Renovetion i.e. Water supply facility at HC, Solar system for HC Counter training Training in Japan and/or third countries, acceptance of trainees 1. Midwifery 2. District health management 3. Others Project Operation Cost 1. Training 2. Employment of local consultants 'including sub-contracting) 3. others






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Aug.01,2004

 ~

Aug.31,2004




Nov.14,2004

 ~

Dec.12,2004






























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成16年度) (外部公開)2011/08/30
中間レビュー(平成18年度) (外部公開)2011/10/04
終了時評価(平成19年度) (外部公開)2011/10/04
事後評価(平成23年度) (外部公開)2013/05/29
プロジェクト・ドキュメント(外部公開)2006/01/27
報告書(総合活動)(外部公開)2012/01/10
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2013/10/16
報告書(事前評価調査報告書)(外部公開)2013/10/16
報告書(中間評価報告書(英))(外部公開)2013/10/16

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

その他関連文書
FM0203XX05
プロジェクト・ドキュメント
案件概要表


03/31/2005
03/31/2008