更新日2019/02/02
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1600507

プロジェクトID(旧)


 


100


大洋州地域




対象国名


パプアニューギニア


21080












対象国(その他)







 





案件名(和)


教育政策アドバイザー

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20160601日20180930日
 









分野課題1


教育-教育行政


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


島嶼・遠隔地教育支援プログラム


プログラムID


1240000000002


援助重点分野


社会サービスの向上


開発課題


教育の機能強化・人材育成






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)教育政策アドバイザー




(英)Education Policy Advisor

 





対象国名


パプアニューギニア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


ポートモレスビー
 
協力期間20160601日201809月 30日
   


相手国機関名


(和)

パプアニューギニア教育省


相手国機関名


(英)

National Department of Education, PNG









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


本協力は、パプアニューギニア独立国(以下、「PNG」)教育セクターにおける政策目標の達成に向け、教育省(National Department of Education: NDoE)の能力強化及び教育セクターに対する援助効果の最大化・効率化を図る。我が国が協力したEQUITVプログラムが全国の小学校で活用されることを支援し、今後開始される教科書・指導書開発支援の成果達成に向けた側面支援を実施する。
そして今後、PNG基礎教育支援プログラムの策定に向けた、最新情報収集および日本としての支援の方向性検討など、PNG教育セクターへの積極的な支援・関与を図る。さらには、日本と大洋州の関係強化の観点から、基礎教育分野の課題に関し、PNGならびに他の域内諸国の学びあいにつき一層の促進を図る。


上位目標




プロジェクト目標


(1)PNG教育省の政策立案・実施・評価に係る能力を強化。
(2)PNG教育省のeラーニング政策の強化、および、eラーニングを牽引するEQUITVプログラムのより一層の普及及び活用の促進。
(3)我が国の技術協力プロジェクト「理数科教育の質の改善プロジェクト」の側面支援。
(4)PNG教育セクターにおける援助協調の促進。
(5)我が国協力の一層の戦略化(JICA協力プログラムの戦略化)、位置付けの明確化、成果発信の強化を促進。


成果


(1)JICAが技術協力を行ったEQUITVプログラム(12州を対象に実施し、2015年12月にプロジェクト終了)がPNG教育省によりPNG全土22州まで展開され普及率が上がり、小学校での活用が促進される。
(2)技術協力プロジェクト「理数科教育の質の改善プロジェクト」で開発される教科書・指導書の印刷・配布にかかる財源確保に向け、PNG教育省と協議し、具体的な方策が作成される。
(3)開発パートナーのPNG教育セクターに対する協力の現状・計画、協力マッピングが把握される。
(4)我が国のPNG教育セクターに対する協力の方向性が明らかとなり、今後の支援プログラムのベースとなる。
(5)基礎教育分野について、周辺国及びグローバルでの学びあいの機会が拡充され、JICA支援のアセットが多くの国に波及する。
(6)援助協調の場において、我が国教育協力の成果・強みがNDoEや開発パートナーに発信されるとともに、我が国協力の位置付けが明確化される。


活動


活動内容【eラーニング政策支援】
(1)開発政策や報告書等の関連文書を通して、PNG教育セクターのeラーニングにかかる現状・今後の見通し、日本を含む開発パートナーによるこれまでの教育協力の成果等を把握・分析し、NDoEがeラーニング政策の目標を達成するための課題を抽出・整理する。
(2)NDoEが進めるeラーニング政策・計画の立案、実施、モニタリング・評価の各段階に可能な範囲で関与し、ICT局やカリキュラム開発局、必要に応じて州教育局とともに、適宜改善に向けた助言・提案を行う。
【EQUITVのさらなる普及及び活用支援】
(3)PNGの国家教育計画を踏まえ、EQUITVプログラムのモニタリングや評価を行い、同プログラムの教材面ならびにシステム面の改善をNDoEと協議する。
(4)NDoEならびに地方自治体の各レベルに対し、EQUITVプログラムの継続実施に必要な財源確保に向けた支援を行う。
(5)eラーニング局および評価局に対し、EQUITVのモニタリングの精緻化を図り、児童の学習達成度へのインパクトを正確かつ迅速に測定する仕組みづくりへの支援を行う。
【カリキュラム・教材開発支援】
(6)初等教科書・指導書を開発する技術協力プロジェクト案件に関し、全体を俯瞰する立場からプロジェクトとPNG実施機関を側面支援するとともに、JICA本部・事務所と課題を共有し、対応策を検討する。特に教材の全国配布に必要となる予算負担や配布・モニタリング方法について、計画段階からNDoEや関連ドナーとの協議に参加し、JICAの持つ支援スキームをフルに活用した支援を考案して、JICA本部・事務所に提案を行う。
(7)本邦研修で日本の教材開発の知見を身につけた鳴門教育大学からの帰国研修員の技術協力プロジェクトへの効果的活用を促進し、技術協力プロジェクトの特にカリキュラム・教材開発に関する成果発現を図る。
【対PNG協力プログラム形成・その他】
(8)日常的な情報共有・意見交換等を通して、PNG教育セクターの特にeラーニングに関する各種開発パートナーの協力の現状・棲み分け、今後の支援計画等を把握する。
(9)我が国協力の方向性及び協力プログラムに基づき、NDoEが我が国に期待する新規案件(無償、有償、技協)の発掘・形成を支援する。
(10)貧困削減支援(PRS)無償に関し、PRSの政策マトリックスの形成・実施促進・モニタリングについて、PNG実施機関及びJICA事務所を側面支援する。
(11)NDoE及び開発パートナーに対し、あらゆる場面で我が国教育協力の成果・強みを発信するとともに、PNG教育セクタープログラムの中でのスケールアップを推進し、我が国協力の政策等における主流化及び開発効果の拡大に努める。
(12)年度ごとに「PNG教育セクター概説」の情報更新・改訂を行う。


投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Human Development Department00138Human Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Feb.02,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Human Development Department






Project Number


1600507


Title


Education Policy Advisor






Country


PAPUA NEW GUINEA






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Education-Education Administration


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title


Remote and Islands Area Education Support Program


Program Number


1240000000002


Cooperation Priority Area


Improvement of Social Services


Development Issue


Strengthening of Education and Human Resource Development






Project Site







Term of Cooperation2016/06 ~2018/09


Implementing Organization


National Department of Education, PNG


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(専門家活動報告)(外部公開)2018/10/11

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/01/2016
09/30/2018