更新日2004/07/06
アジア第一部-第一グループ

プロジェクト基本情報







10100


























主管区分


本部


本部/国内機関


00092_アジア第一部-第一グループ


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0545046D0
 


925


南アジア




対象国名


インド


14030












対象国(その他)







 





案件名(和)


「インディラ・ガンジー国立公開大学教材制作センター整備計画」フォローアップ協力(現地調達・本邦決裁)

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間200407下旬200503下旬
 









分野課題1


教育-その他教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)「インディラ・ガンジー国立公開大学教材制作センター整備計画」フォローアップ協力(現地調達・本邦決裁)




(英)Follow-up Cooperation for the Project for Improvement of Educational Media Production Facilities of Indira Gandhi National Open University

 





対象国名


インド


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


デリー市
 
協力期間200407下旬200503月 下旬
   


相手国機関名


(和)

インディラ・ガンジー国立公開大学


相手国機関名


(英)

Indira Gandhi National Open University(IGNOU)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


<F/U協力対象案件の概要>
 インドでは現在、高等教育機関に約425万人の学生が学んでいる。これは当該年齢人口の6%に過ぎず、高等教育や成人教育に対する国民の需要に十分こたえきれていない状況にある。インディラ・ガンジー国立公開大学は、遠隔教育手法を用いることで、既存の教育機関では限界がある高等教育及び成人教育の普及を推進することを目的に1985年に設立された。しかしながら、同大学が有している視聴覚教材制作施設は分散している上に、制作スタジオが急造のものに過ぎず、また、機材も不十分であったことから十分な遠隔教育を実施することが困難な状況にあった。このような状況の下、インド政府は「インディラ・ガンジー国立公開大学教材制作機材整備計画」、「インディラ・ガンジー国立公開大学教材制作センター整備計画」を策定し、この計画実施のための教材制作センターの建設及びテレビスタジオ・オーディオスタジオ用機材等の調達につき我が国政府に対し無償資金協力を要請してきたものである。

<案件概要>
・無償資金協力「インディラ・ガンジー国立公開大学機材制作機材整備計画」1988
E/N:1998.11.8(6.11億円)
協力サイト:ニューデリー市
機材:CCDカメラ(10セット)、ビデオスィッチャー(1セット)、TVコンバーター(2セット)、ベータカムVTR(2セット)、UマティックVTR(16セット)、Uマティックプレイヤー(10セット)、A/Bロール(4セット)、マスターコントローラー(1セット)等
コンサルタント:視聴覚機材コンサルタントセンター
調達業者:トーメン

・無償資金協力「インディラ・ガンジー国立公開大学教材制作センター整備計画」1993、1994
E/N:1993.8.6(15.97億円)、1995.1.30(6.79億円)
協力サイト:ニューデリー市
施設:教材制作センター(2階建 総床面積4,779㎡)
機材:ビデオスタジオ1用機材、ビデオカメラシステム、テレプロンプシステム、ビデオスィッチングシステム、タリーンシステム、オーディオミキシングシステム、照明用機材、ビデオカセットレコーダー、ビデオモニタリングシステム、オーディオモニターシステム、有線通話装置、コンソール類中央機械室用機材、信号発生・分配システム試写室用機材、ビデオ再生システム拡声システム機材、拡声システム修理・調整用測定機材、測定機材類等
コンサルタント:山下設計
施工・調達業者:共同企業体(三井建設・トーメン)

・フォローアップ協力(フォローアップ調査B)2003.11

<フォローアップ協力の概要>
 平成15年度に先方からのF/U協力要請(30品目405点)に対し、現地コンサルタントによるF/U調査(B調査)を実施し、協力の妥当性、必要性、自立発展性などに加え機材の絞込みが行われた。この結果、協力対象機材が26品目220点に絞り込まれ、このうち9品目については新規機材への更新が必要となった。右調査結果をうけ、本F/U協力では必要部品及び更新機材の調達を現地にて実施することとする。


上位目標


高等教育レベルの向上、ひいては教育事情の改善に寄与する


プロジェクト目標


遠隔教育機会が提供できる


成果


不具合を起こしている機材が修復される


活動


・機材の現地調達
・機材修理・部品交換


投入




日本側投入


機材調達


相手国側投入


・施設の運営・維持管理及び機材の保守管理の実施
・機材修理・部品の交換


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Group I, Regional Department I (Southeast Asia)00092Group I, Regional Department I (Southeast Asia)







Project Headquarters in charge

As of


Jul.06,2004







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Group I, Regional Department I (Southeast Asia)






Project Number




Title


Follow-up Cooperation for the Project for Improvement of Educational Media Production Facilities of Indira Gandhi National Open University






Country


INDIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Other Education Issues


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Term of Cooperation2004/07 ~2005/03


Implementing Organization


Indira Gandhi National Open University(IGNOU)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


07/21/2004
03/31/2005