更新日2015/11/11
東京国際センター

プロジェクト基本情報







30050


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


00283_東京国際センター


在外事務所






 


案件番号



1201568

プロジェクトID(旧)


 


200


北米・中南米地域




対象国名


ブラジル


31310












対象国(その他)







 





案件名(和)


リオデジャネイロ市の貧困地域に暮らす子どもたちへの教育支援事業

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(地域提案型)


JPP(Local Gov. Type)

 



協力期間20120501日20150331日
 









分野課題1


教育-ノンフォーマル教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


3099999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)リオデジャネイロ市の貧困地域に暮らす子どもたちへの教育支援事業




(英)Education support for the children living in poverty in Rio de Janeiro

 





対象国名


ブラジル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2012/05/01
 


プロジェクトサイト


ブラジル国リオデジャネイロ市
 
協力期間20120501日201503月 31日
   


相手国機関名


(和)

在伯NGO ラ・ファビアノ・デ・クリスト


相手国機関名


(英)

Lar Fabiano de Cristo









日本側協力機関名


埼玉県教育委員会
 


プロジェクト概要




背景


ブラジルでは経済面での発展が進む一方、社会から疎外されてしまっている貧困地帯の人々の社会参画が引き続き深刻な問題である。とりわけ、貧困地域に暮らす子どもたちの教育に関し、基礎的な学力を身に付けること、暴力や薬物を逃れ豊かな人間性を育むこと、社会人となるための職業訓練を行うことなどが喫緊の課題とされている。
Lar Fabiano de Cristo(LFC)は、貧困地域に暮らす人々の自立支援活動をブラジル全土で展開しているNGOであり、1958年に極貧層の子どもたち救済のための養育活動をスタートさせた。現在では、孤児や高齢者の支援、家庭に対する物資等の支援をとおした社会参画支援など、総合的な地域支援を行っている。平成23年度現在、ブラジル国内の18州において65か所の支援施設を運営し、5097家族(24,545人)を対象とした支援活動を展開している。地道な活動により、国内の多くの貧困家庭が社会参加を果たす一方、UNESCOの教育分野のアドバイザー機関にも認定されるなど、活動成果が国の内外で評価されている。
2011年8月に埼玉県教育委員会が現地を訪問し、同NGOを視察し協議した結果、埼玉県教育委員会が検討している総合的な教育支援の対象として、最もふさわしい機関であると考えることから、協力相手先として選定されたものである。


上位目標


リオデジャネイロ市でNGO団体Lar Fabiano de Cristoが運営する社会教育活動施設(UPI)に通う。貧困地域の子どもたちが、将来社会に出て自立した社会生活がおくれるようになる。


プロジェクト目標


子どもたちの表現力の向上を図ることで、円滑なコミュニケーションを促し、相互に協力して集団生活が実施できるなその社会性を育成する。


成果


1.施設の指導担当者がコンピュータの操作に習熟し、子どもたちの表現能力向上のための指導に関する知識と技術が向上する。
2.子どもたちがコンピュータの基本操作に習熟し、表現力が豊かになる。
3.人形劇などを活用した創造的活動を通して子どもたちの表現力が向上する。
4.成果発表会など集団活動の指導に関する施設職員の知識が高まり技術が向上する。


活動


1-1 子どもたちの実態に合ったソフトウエア等の開発
1-2 活用マニュアルの作成及び施設職員に対する指導法研究
2-1 ソフトウエアを活用したグリーティングカードの作成
3-1 埼玉県における施設職員対象の研修(講義、授業見学)
3-2 施設の子どもたちによる人形劇などの上演
4-1 埼玉県における施設職員対象の研修(音楽祭見学、計画立案)
4-2 施設における集団活動(学習成果発表会)の企画及び実施


投入




日本側投入


【人的資源】
1.プロジェクトマネージャー1名
2.調査団(初年度のみ)3名程度
3.短期専門家(研修講師、現地指導者)3名程度
4.国内翻訳・通訳(日本語⇔ポルトガル語)1名(研修受入時)
5.現地スタッフ(通訳、ドライバー)傭上
【物的支援】
1.ソフトウエア開発用機材(パソコン1台、ハードディスク1台)
2.学習者(施設の子どもたち)用ノートパソコン10台、タブレットPC7台
3.記録用デジタルカメラ


相手国側投入


【人的資源】
1.事業担当者 1名

【物的資源】
1.施設内会議室(打ち合わせ、資料作成等)


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


NGOラ・ファビアーノ・デ・クリストがプロジェクトサイトである傘下の社会教育活動施設マイン・カルロス校を支援している。


(2)国内支援体制


埼玉県教育委員会の支援のもと埼玉県教育センターが実施している。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00283







Project Domestic Office in charge

As of


Nov.11,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1201568


Title


Education support for the children living in poverty in Rio de Janeiro






Country


BRAZIL






Project Type


JPP(Local Gov. Type)






Field 1


Education-Nonformal Education


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title


-


Program Number


3099999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Rio de janeiro, Brazil





May.01,2012
Term of Cooperation2012/05 ~2015/03


Implementing Organization


Lar Fabiano de Cristo


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side












Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


05/01/2012
03/31/2015