更新日2014/06/25
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0701031

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


エジプト


51180












対象国(その他)







 





案件名(和)


上エジプト学校保健サービス促進プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20081128日20121127日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2


保健医療-保健医療システム


分野課題3


教育-初等教育


分野分類


保健・医療-保健・医療-基礎保健

 





プログラム名


基礎医療サービスへのアクセス向上支援/学校保健の充実


プログラムID


4630000000015


援助重点分野


貧困削減・生活水準の向上


開発課題


公共サービスの拡充・改善






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)上エジプト学校保健サービス促進プロジェクト




(英)Promotion of school health services in Upper Egypt

 





対象国名


エジプト


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/09/16
 


プロジェクトサイト


上エジプトファユーム県タメイヤ郡
 
協力期間20081128日201211月 27日
   


相手国機関名


(和)

保健省


相手国機関名


(英)

Ministry of Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


エジプト国(以下、「エ」国)における保健をとりまく状況は全般的に改善傾向にあるが、地域、経済、教育水準など様々な要因により格差が拡大しており、地方や農村部の貧困層では保健医療サービスへのアクセスが低く、保健指標の改善が遅れている。特に地方あるいは都市部の貧困コミュニティの学齢期の子どもの間では、貧血、成長不良、寄生虫症などの発生が大きな問題となっている。しかしながら、これまで「エ」国における他ドナーの支援は、主に乳幼児や妊産婦を対象としており、学齢期の子どもを対象とした健康改善・保健医療サービス向上を目的とした支援はあまり行われてこなかった。
「エ」国では、1957年大統領令第273号により、学校保健部門が教育省から保健省に移管されることとなり、1993 年には全ての学童の健康保険加入が制度化され「学校保険法ガイドライン」が定められた。同ガイドラインでは、健康保険庁(HIO)の管轄するクリニックに所属する学校医・学校看護師等によって、定期健康診断、予防接種、感染症の報告、医学的な診察検査、健康的な学校環境の維持、健康教育、飲料水検査などの学校保健サービスが実施されることが規定されており、学校における子どもへの保健サービスはこの健康保険制度により保障されている。しかし実際には、学校医・学校看護師等は複数の学校を管轄していることが多く、また学校医・学校看護師の増員計画はあるものの早急な配置は見込めないため、十分な学校保健サービスが行き届くには至っていない。他方、学校医・学校看護師等がいない学校は保健人口省プライマリヘルスケアセクターが管轄する一次医療施設の医師・看護師によってカバーされることになっているが、他業務との兼ね合いにより学校保健サービスが十分に提供されているとはいえない。さらに、教員や学童は学校保健活動を主体的に行う意識が醸成されていないため、学校での保健活動の実践は不十分である。
 このような状況に対し、行政官や学校医・学校看護師等による学校保健実施体制の整備を図るとともに、学校医、学校看護師等だけに頼らない、地域の医師・看護師、教員、学童、保護者を含むコミュニティを巻き込んだ形での学校保健活動の実践が必要であるとして、エジプト政府から日本側に協力要請がなされ、2008年11月から本プロジェクトが開始された。
 これまでに学校保健を実施する医師及び看護師への研修、マニュアルやガイドラインの作成、各種健康教育教材の開発、モニタリング・スーパービジョンの体制作り等に対する支援を行った。その結果、エジプト側カウンターパート(C/P)が自主的にプロジェクト運営に携わる、上エジプト地域に止まらず全国的にマニュアル・ガイドラインを普及したいという意欲が見られるなど、一定の成果を上げている。しかし、2011年1月に「エ」国において政治的なデモが発生したため、第4年次に予定されていた活動のいくつかを中断することになった。2011年度は治安が回復し次第、活動を再開し、C/Pが各種マニュアル・ガイドラインの最終版を完成させ、普及するための支援を行うと同時に、プロジェクト終了を視野に入れて、ナショナルアクションプランの策定など自立発展性を高めるための活動も行う予定である。


上位目標


上エジプト地域におけるヘルスプロモーションスクールと学校保健サービスの拡大を通じて、学校保健が推進される。


プロジェクト目標


ヘルスプロモーションスクールの普及を通じて、タメイヤ郡において学校保健サービスの質が向上する。
上エジプト地域において、ヘルスプロモーションスクール普及の基盤が整う。


成果


成果1:学校保健モニタリング・指導監督の仕組みが、郡レベルで開発・設置されるとともに、中央・県レベルで強化される。
成果2:タメイヤ郡において、学校保健サービスの提供が促進される。
成果3:学校保健に関わる人材が強化される。
成果4:教員や保護者などによるヘルスプロモーションスクールを支援する活動が強化される。


活動


<成果1> 1-1)学校保健モニタリングガイドライン・実践マニュアルの策定
1-2)学校保健モニタリング・指導監督計画の策定
1-3)ヘルスプロモーションスクールのパイロット校選定
1-4)ベースラインデータ収集
1-5)行政官に対する学校保健モニタリングに関する定期的な研修の実施
1-6)学校保健モニタリング及びスーパービジョンに関するガイドライン(ドラフト)の作成
1-7)学校保健モニタリング及びスーパービジョン計画(ドラフト)の作成
1-8)作成したガイドラインの実施
1-9)学校保健モニタリング及びスーパービジョンガイドラインの見直し
<成果2> 2-1)パイロット校に必要な学校医・学校看護師および検査技師の任命、配置
2-2)各パイロット校における学校保健活動実施場所(スクールクリニック)の確保・整備
2-3)学校医・学校看護師および検査技師を対象とした研修実施
2-4)健康教育マニュアルの開発
2-5)学齢期児童健康部と健康保険庁との連携会議の定期開催
2-6)
<成果3> 3-1)パイロット校以外の学校保健関係者に対する研修実施
3-2)一次医療施設における保健医療スタッフの職務分掌や学校保健専任医師の配置等の検討
3-3)学校保健に関する卒前教育カリキュラム改訂の検討
3-4)ヘルスプロモーションスクール普及のためのナショナルアクションプラン策定
3-5)ヘルスプロモーションスクール普及のためのセミナー開催
<成果4> 4-1)パイロット校の教員を対象とした研修の実施
4-2)保護者及びコミュニティに対するキャンペーン実施と啓発のための学校保健推進教材の開発
4-3)学校の環境衛生に関する地方行政機関とヘルスプロモーションスクールとの連絡協議会設置
(一部抜粋)


投入




日本側投入


・専門家派遣
・供与機材(学校保健クリニックの基本設備、事務機器、車両等)
・研修員受け入れ
・現地業務費(研修実施経費、現地コンサルタント活用費ほか)


相手国側投入


・カウンターパートの配置(保健省、県・郡保健事務所)
・カウンターパートの人件費
・プロジェクト事務所スペースの提供(保健省学齢期児童健康部、ファユーム県・郡保健事務所)、事務所維持経費(電気代、水道代等)
・パイロット校におけるスクールクリニックのスペース提供(20校)


外部条件


1「エ」国政府による学校保健への積極的な参画が継続する。
2 プロジェクトにより能力強化された人材が、他部署に異動しない。
3 深刻な伝染病などが発生しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


保健省 学齢期児童健康部、健康保険庁
ファユーム県保健局


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


保健医療分野広域企画調査員として力丸徹専門員を平成17年7月から平成19年2月まで派遣し、本案件を形成した。


(2)他ドナー等の援助活動


1)WFP:学校給食改善(本プロジェクトに関してJICAとの協力に関心を有している。)
2)WHO:Health Promoting School事業(1999年~HIOと教育省との連携のもとで実施。教材、マニュアルの作成、児童に対する啓発活動、教員への研修等。「エ」国では20県400校が対象、2006-2008年ファユーム県が対象地域となり研修を受けた93名の教員のうち15名がタメイヤ郡に配属。)
3)UNICEF:学校衛生教育分野でのSchool Sanitation programの実施。
4)Save the Children UK:コミュニティ活動を中心としたSchool Development Programの実施。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jun.25,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0701031


Title


Promotion of school health services in Upper Egypt






Country


EGYPT






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2


Health-Health System


Field 3


Education-Primary Education






Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Basic Healthcare






Program Title


Improvement of Access to Primary Health Service / School Health


Program Number


4630000000015


Cooperation Priority Area


Poverty Reduction / Improvement of Life Quality


Development Issue


Expansion and Improvement of Public Service






Project Site


Fayoum Governorate Tammia District





Sep.16,2008
Term of Cooperation2008/11 ~2012/11


Implementing Organization


Ministry of Health


Background


The Arab Republic of Egypt (hereinafter referred to as Egypt) is showing a tendency to improve overall health conditions. However, disparities have been expanding due to various factors such as region, economy and level of education. For instance, poor people in rural and urban areas are deprived of good access to health and medical services, and the improvement of health indicators lags behind. In particular, the prevalence of anemia, poor growth and parasitic diseases looms as a large problem among school children in poor communities. However, assistance by other donors focuses on infantile diseases and pregnant women. That is, there has been little assistance that aims to enhance health and medical services for school-aged children.
In 1993 it was mandated for all school children to join health insurance and the guidelines, "MANUAL OF STUDENT HEALTH INSURANCE ACT", were stipulated. The Guidelines provide that the school doctors and nurses who belong to clinics under the Health Insurance Organization (HIO) shall provide school health services such as periodic health check-up, preventive inoculation, report on infectious diseases, maintenance of school environment, health education and so on. Nonetheless, in many cases one school doctor or one school nurse is responsible for many schools. Although there is a plan to increase the numbers of school doctors and nurses, no quick solution can be expected. On the other hand, it is stipulated that the schools where there are neither school doctors nor nurses shall be covered by physicians and nurses of primary health care unit under the Primary Health Care Sector of the MOHP. However, they cannot provide adequate school health services due to their other duties. Furthermore, both teachers and school children lack a sufficient awareness of carrying out school heath activities. As a result, health activities at school are insufficient.


Overall Goal


School health is promoted by expanding Health promotion School* and school health services in Upper Egypt.


Project Purpose


-The quality of school health services in Tammia district is improved through the dissemination of Health promotion School.
-The framework to disseminate Health Promotion School in Upper Egypt is prepared.


Output


(1)Monitoring and supervisory mechanism on school health is developed at district level and is strengthened at governorate/central level.
(2)The provision of school health services is facilitated in Tammia district.
(3)Human resources for school health are strengthened.
(4)Supporting activities of Health promotion School by supporters such as teachers and parents are strengthened.


Project Activities


1-1 To conduct the workshop on monitoring/supervisory of School Health to administrators at (1) district, (2) governorate, (3) central, and (4) representative of school doctors and nurses
2 To draft the guideline and practical manual for the monitoring on school health
3 To select pilot Health promotion Schools in Tammia district by involving related actors including school principals
4 To draft the plan of actual monitoring /supervision involving pilot schools in Tammia
5 To collect the baseline data for the monitoring and evaluation
6 To implement (registration, record at PHU and monitoring School doctors/nurses and pilot schools), evaluate, and modify the drafted plan of the monitoring/supervisory mechanism
7 To provide the regular training on monitoring/supervisory of School Health to administrators at (1) district, (2) governorate, (3) central level.
2-1 To appoint necessary school doctors, nurses and laboratory technicians for the pilot Health promotion Schools
2 To ensure, at each school, the place for the health activities by utilizing existing classroom in case of no existence of school clinic
3 To provide the training on School Health and Health promotion School to school doctors and school nurses and laboratory technician
4 To develop health education manuals for school (learning materials for pupils, teaching materials for teachers/instructors, guiding manuals for school nurses)
2-5 To hold coordination meeting regularly between SAHCD, HIO.


Input Summary byJapanese Side


1.Training program in Egypt and abroad
2. Japanese experts
3. Local experts






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preparatory Survey

Feb.02,2008

 ~

Feb.22,2008




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


1) WHO:It has been implementing the "Health Promoting School" in the Middle East including Egypt, in which teaching materials and manuals concerning school health have been developed. The program also provides training to teachers as well as education to children.
2) UNICEF:It carries out school sanitation and hygiene education activities at 350 schools in four governorates in Egypt. It takes the child-to-community approach in which what children have learned including school health is diffused to community and residents in the region.
3) Save the Children:It implements the "School Development Program" at five schools in the governorate of Faiyum. The activities focus on the initiatives of children, caretakers and teachers.
4) USAID:Its focus is on the measures for reproductive health.






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成20年度) (外部公開)2011/10/13
中間レビュー(平成23年度) (外部公開)2012/07/24
R/D(外部公開)2008/09/16
報告書(事前評価調査報告書)(外部公開)2013/10/17
報告書(中間レビュー調査報告書)(外部公開)2013/10/17
PDM(外部公開)2013/12/09
報告書(プロジェクト事業完了報告書)(外部公開)2014/01/08

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


11/28/2008
11/27/2012