更新日2019/01/08
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1200260

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020












対象国(その他)







 





案件名(和)


教員養成機関指導者育成

 





スキーム







名称(和)


個別案件(国別研修(本邦))


Individual Training(Country focused training (Japan))

 



協力期間20130801日20191231日
 









分野課題1


教育-前期中等教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-中等教育

 





プログラム名


その他


プログラムID


0060000000080


援助重点分野


その他


開発課題


その他






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)教員養成機関指導者育成




(英)Short-Term Training for Lecturers of Institutes of Teachers Training and Education Personnel (ITTEP) to Japan

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


日本/インドネシア全土
 
協力期間20130801日201912月 31日
   


相手国機関名


(和)

教育文化省


相手国機関名


(英)

Ministry of Education and Culture









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


(1)当該国における教育セクターの開発実績(現状)と課題
 インドネシアでは前期中等教育の質とりわけ教員の質の低さが大きな問題となっている。前期中等教育では全国で36.36%(約22.7万人)の教員が基準である学士号以上の学歴資格を取得していない状況にある。また、2012年のPISA順位では、調査対象の65か国中、科学的リテラシーは64位、読解力は60位、数学的リテラシーは64位に位置しており、2009年PISAの結果(参加65か国のうち科学的リテラシー60位、読解57位、数学的リテラシー61位)と比較しても、教育の質の向上が図られているとは言い難い状況である。
(2)当該国における教育セクターの開発政策と本事業の位置づけ
 教育文化省は、2005 年に公布された教員法に基づく教員改革を推進しており、中期開発計画(2010-2014)で5つの優先課題の一つに「教員の質」を位置づけている。特に教員の専門性向上の観点から、同省は日本の教育システムで広く実践されている授業研究に注目し、教員養成大学教員が授業研究に関する理解を深めて学生に授業研究の意義と実践を適切に指導できるよう、本研修につき要請を行った。
(3)教育セクターに対する我が国及びJICAの援助方針と実績
 我が国の対インドネシア共和国国別援助方針において重点分野「その他」の中の初中等教育支援プログラムに位置づけられている。
JICAは、教育文化省および宗教省をカウンターパートとして2009年~2013年に技術協力プロジェクト「前期中等教育の質の向上プロジェクト(PELITA)」を実施し、8州を対象に授業研究と参加型学校運営改善を普及・実施するための中央・地方行政・学校の能力強化および連携強化を行った。その結果、授業研究は、国家教育政策「新任教員研修プログラム」に導入され、全国33の教育の質保証機関(教育文化省傘下)および全国12の地方教育研修センター(宗教省傘下)の研修に導入され、全国の主要な教員養成大学で授業研究活動が実施されている。また上記協力の結果153名の授業研究リソースパーソンが教育文化省と宗教省に認定されている。


上位目標


インドネシアの授業研究の質が向上し、もって教育の質が向上する。


プロジェクト目標


インドネシア教員養成機関の教員が日本の授業研究の意義・実践方法を理解した上で授業研究の普及に貢献する。


成果


① 授業研究の歴史的・文化的・理論的背景を理解する。
② 学校における授業研究の実践方法、その課題と成果を理解する。
③ 授業研究が学校改革に果たす役割、地域行政との関係を理解する。


活動


以下のとおり157名のインドネシア教員養成機関(国立大学を含む)の教員および教育文化省職員を対象として全8回実施する。

第1回:2013年10-11月(19名)
第2回:2014年5-6月(20名)
第3回:2014年10月(20名)
第4回:2015年5-6月(20名)
第5回:2015年9-10月(22名)
第6回:2016年10-11月(19名)
第7回:2017年10-11月(22名)
第8回:2019年2-3月(15名)


投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


政情不安、暴動等が起こらない。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


<技術協力>
1998-2005 初中等理数科教育拡充計画(IMSTEP)
1999-2001 地域教育開発支援調査(REDIP1)
2002-2005 地域教育開発支援調査(REDIP2)
2003-2008 地方教育行政改善計画(REDIP3)
2006-2008 前期中等理数科教員研修強化プロジェクト(SISTTEMS)
2007-2010 南スラウェシ州前期中等教育改善総合計画プロジェクト(PRIMA-P)
2009-2013 前期中等教育の質の向上プロジェクト(PELITA)


(2)他ドナー等の援助活動


2007- 世界銀行 運営改革・教員能力向上を通じた教育改善プロジェクト
(BERMUTU)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Human Development Department00138Human Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Jan.08,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Human Development Department






Project Number


1200260


Title


Short-Term Training for Lecturers of Institutes of Teachers Training and Education Personnel (ITTEP) to Japan






Country


INDONESIA






Project Type


Individual Training(Country focused training (Japan))






Field 1


Education-Lower Secondary Education


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Secondary Education






Program Title


Others


Program Number


0060000000080


Cooperation Priority Area


Others


Development Issue


Others






Project Site







Term of Cooperation2013/08 ~2019/12


Implementing Organization


Ministry of Education and Culture


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

その他(講義資料(第2回))(外部公開)2016/02/16
その他(講義資料(第4回))(外部公開)2016/02/16
その他(講義資料(第1回))(外部公開)2016/02/16

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


08/01/2013
12/31/2019