更新日2010/05/18
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


5151045E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


ケニア


41040












対象国(その他)







 





案件名(和)


NYS技術学院プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間198801199212
 
延長終了日199412
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


評価表元に作成

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)NYS技術学院プロジェクト




(英)

 





対象国名


ケニア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


 
協力期間198801199212月 
  
延長終了日199412
 


相手国機関名


(和)

ケニア・ナショナル・ユース・サービス(NYS)・NYS技術学院(NYSEI)


相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


1-1 協力の背景
ケニアのNYSは、主に貧困・低所得地域の若者が対象であり、公共事業へのボランティア従事と国
費による技術訓練を組み合わせたプログラムを通じ、青少年育成・公共事業促進・貧困地域の人材
育成を同時に目指している。1982年にNYSは、当時人材ニーズの高かったエンジニア分野での訓練
プログラムを開始するために、NYS技術学院(NYSEI)を設立した。NYSEIには、ボランティア事
業従事期間の終了した隊員(NYSに参加した青年は「隊員」と呼ばれる)から選抜された者のみが
入学でき、除隊後の再就職に必要な技術の習得ができるという仕組みになっている。ケニア政府
は、日本政府に対してNYSEIの訓練用機材の無償資金協力を要請し、機材が調達された。これを
きっかけに、両国において、機材のみでなく、訓練の質的向上を目指した技術協力プロジェクトの
実施が検討され、98年より、機械工学・自動車工学・建設機械工学・電気工学・電子工学の5分野
に対する5年間のプロジェクト方式技術協力が行われることとなった。このプロジェクトは2度延長
されており、最終的に、97年末までの9年間のプロジェクトとなった。
1-2 協力内容
我が国はケニアにおける貧困・低所得者地域の青少年の人材育成を図るため、NYSEIに対して、
「クラフト」(学位の一つ)習得のための訓練プログラムから、一つ上の「ディプロマ」習得のた
めの訓練プログラムに発展させることを目指し、カリキュラム開発、教材開発、教員の訓練に対す
る協力を行った。


上位目標


基礎と応用を習得したディプロマレベルの技術者が、ケニアの社会経済開発に貢献する。


プロジェクト目標


NYSEIにおいて、基礎と応用の両方を習得した技術者が育成される。(協力対象分野:機械工
学・自動車工学・建設機械工学・電気工学・電子工学)


成果


1)NYSEIの運営・管理制度が確立される。
2)NYSEIに必要な施設・機材が準備される。
3)NYSEIのケニア人教員の技術力が向上する。
4)5分野の訓練カリキュラムが決定され、これに基づいて適切に訓練が実施される。


活動




投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


May.18,2010







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title








Country


KENYA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Term of Cooperation1988/01 ~1992/12
End of Extension at Completion1994/12


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事後評価結果要約表(平成14年度) (外部公開)2011/05/30
報告書(終了時評価報告書(1997年9月))(外部公開)2013/06/20
報告書(巡回指導調査団報告書)(外部公開)2013/06/20
報告書(事前調査チーム報告書)(外部公開)2013/06/20
報告書(基本設計調査報告書 )(外部公開)2013/06/20
報告書(実施協議調査団報告書)(外部公開)2013/06/20
報告書(計画打合せ調査チーム報告書(1991年1月))(外部公開)2013/06/20
報告書(終了時評価報告書(1994年7月))(外部公開)2013/06/20
報告書(計画打合せ調査団報告書 (1993年12月))(外部公開)2013/06/20

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/01/88
12/31/94