更新日2014/06/20
セネガル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00456_セネガル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0700740

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


セネガル


41240












対象国(その他)







 





案件名(和)


教育統計/分析セミナー

 





スキーム







名称(和)


個別案件(国別研修)


Aid in singular form(Country focused training)

 



協力期間20080401日20110331日
 









分野課題1


教育-教育行政


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


6429999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)教育統計/分析セミナー




(英)Regional Seminer for Educational statistics and analysis

 





対象国名


セネガル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/12/01
 


プロジェクトサイト


ダカール
 
協力期間20080401日201103月 31日
   


相手国機関名


(和)

教育省


相手国機関名


(英)

Ministere de l'Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


近年西アフリカ諸国では、MDGsに掲げられた初等教育の普遍化達成に向け、急速に就学率の改善が進み、各国教育省及びドナーの関心は、教育の量から、児童の修了率や学習到達率といった質の改善に移っている。かかる教育指標は、中央及び地方教育行政官の基礎的な統計知識の不足により、数値の信憑性は低く、中央及び地方の教育省職員の統計能力強化は喫緊の課題として認識されている。統計知識やデータ処理・解釈能力の不足は、プロジェクト活動計画の策定や評価分析といった実務的な日常のプロジェクト管理能力の欠如でもあり、かかる視点からも統計能力の向上は高いニーズを持っている。
 他方、JICAは現在セネガル、ニジェール及びブルキナファソの3カ国を対象に、現職教員研修システムの確立を支援する技術協力プロジェクト(SMASE関連プロジェクト)を実施しているが、研修トレーナーである地方教育省職員の統計能力の不足は、プロジェクトで得られるデータを適切に分析することができておらず、その能力の改善が課題とされている。
 これらのことから、本研修は仏語圏SMASE関連プロジェクトと連携し、セネガル、ニジェール及びブルキナファソの技プロのカウンターパートである研修トレーナーを中心に、教育行政官の統計能力強化を図る。
 また、近年のSMASE英語圏技術会合開催の流れを受けて、本年は仏語圏SMASEプロジェクトの主要関係者が集う本研修機会を活用し、セミナー期間中に仏語圏SMASE関連プロジェクト経験共有の場を設け、関係国の共通課題を模索し、今後の展望を検討する。


上位目標


対象3カ国参加者の教育計画策定に必要なデータ収集・分析能力が強化される。


プロジェクト目標


対象3カ国参加者の教育統計収集・処理能力が強化される。


成果


本研修に参加した研修生は、以下の知識と技能の獲得が見込まれる。
1.統計の基礎に関する理解
2.教育統計データの収集に係るデータサンプリング方法
3.教育データ処理に係る統計ソフトの活用方法


活動


初年度でExcelの基礎的な使用方法や基礎統計理解、データサンプリング方法を学び、次年度でSMASEプロジェクトで収集したデータを活用した分析・解釈、最終年度でExelを応用した統計処理、分析・解釈、評価方法について研修を行う。
1.教育省企画改革局(DPRE)及び初等教育局(DEE)とともに、研修テクニカルチームを形成する。
2.研修モジュールの策定及び研修を実施するローカルコンサルタントと業務委託契約を行う。
3.研修を実施する。
4.報告書を策定し、関係各国へ配布する。


投入




日本側投入


1.研修実施に必要な会場、機材等の借上費
2.外部講師委託費
3.モジュール等教材作成費
4.各国研修参加者旅費


相手国側投入


1.別添1と類似する研修カリキュラムを毎年JICAとの協議を行い策定する
2.研修の調整役を任命する
3.JICAとともに参加各国向け研修募集要項(G.I)を策定する
4.対象国政府に対し同G.Iを送付する
5.JICAとともに研修候補者を選定する
6.各国政府に選考結果を通知する
7.研修実施に伴う調整を行う


外部条件


対象3カ国のSMASE関連プロジェクトが、それぞれの協力期間中継続される。
本研修員の異動が研修協力期間中、頻繁に発生しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


教育省初等教育局職員、企画改革局職員、「理数科教育改善プロジェクト」専門家及び事務所担当2名並びにローカルコンサルタント計7名のテクニカルチームを形成し、企画、運営及び管理を行う。


(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


技プロ「教育環境改善プロジェクト」(2007年-2010年)
技プロ「理数科教育改善プロジェクト」(2008年-2011年)
地域別研修「アフリカ地域(仏語圏)INSET運営管理」
地域別研修「教員養成課程における教育改善方法の検討(仏語圏アフリカ)」
地域別研修「中西部アフリカ幼児教育」


(2)他ドナー等の援助活動


世銀…PEQT (Projet Education de Qualite pour Tous) II(2007-2010)により、教室建設、教員支援(マニュアル配布、再訓練)、地方分権化支援(識字教育、IA、IDEN活動計画への資金支援、PE支援)、セクター財政支援等総合パッケージでの支援を実施中。
カナダ…カリキュラム策定支援、現職ボランティア再訓練(PAVE II)、ボランティア教員資格化研修、識字支援、学校環境改善支援(CAREES)、教科書配布、学校環境整備(塀の建設、倉庫、校長室建設)、教室備品の整備
フランス援助庁…APSE(地方分権化支援、教育省への機材購入、各局支援の組織強化支援)、METEP(人的資源強化支援)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.20,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0700740


Title


Regional Seminer for Educational statistics and analysis






Country


SENEGAL






Project Type


Aid in singular form(Country focused training)






Field 1


Education-Education Administration


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title


-


Program Number


6429999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Dakar





Dec.01,2008
Term of Cooperation2008/04 ~2011/03


Implementing Organization


Ministere de l'Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


04/01/2008
03/31/2011