更新日2017/02/08
セネガル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00456_セネガル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0801053

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


セネガル


41240












対象国(その他)







 





案件名(和)


タンバクンダ州及びケドゥグ州母子保健サービス改善プロジェクト(別称:安全なお産プロジェクト)

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20090101日20111231日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2


ジェンダーと開発-ジェンダーと開発


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


ユニバーサルヘルスカバレッジ支援プログラム


プログラムID


6420000000004


援助重点分野


基礎的社会サービスの向上


開発課題


ユニバーサルヘルスカバレッジ支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)タンバクンダ州及びケドゥグ州母子保健サービス改善プロジェクト(別称:安全なお産プロジェクト)




(英)Project for Reinforcement of Maternal and Child Health Care in Tambacounda and Kedougou Region

 





対象国名


セネガル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/10/22
 


プロジェクトサイト


旧タンバクンダ州(タンバクンダ州、ケドゥグ州)
 
協力期間20090101日201112月 31日
   


相手国機関名


(和)

保健予防省


相手国機関名


(英)

Ministere de la Sante et de la Prevention









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


セネガルは後発開発途上国(LDC)、低位人間開発国(156位/177国)に位置づけられ、現在の貧困削減戦略文書(2006-2010)では、「MDGs指標の改善」と「貧困層への支援」が重視されている。これらに基づき、日本は2005年から貧困州の1つである旧タンバクンダ州を保健分野の協力の重点地域としており、2007年から「タンバクンダ州保健システム強化プログラム」を実施している。同州の保健関連指標は一様に悪く、例えば5歳未満時死亡率は全国平均の約2倍にあたる200である(全国平均は121、出生1000人当たり、2005 Demographic Health Survey)。

同保健プログラムは、「タンバクンダ州の住民、特に母と子の健康状態の改善」を目標として、母子保健サービスのアクセス改善や地域住民の能力強化等の課題を定め、「母子保健サービスの質の改善」はそのうちの1つである。これに沿って2008年に本プロジェクトが採択された。本プロジェクトの主な内容は、タンバクンダ保健地区を中心とした、正常出産介助および妊産婦ケアの改善である。

なお、本プロジェクトの要請・採択までの背景として、セネガルに派遣された看護師・助産師隊員が、現場における医療従事者の妊産婦・新生児ケアの不足、清潔操作の欠如、不適切な出産介助等を提起してきた。また2006年、2007年には2名の短期専門家が派遣されて、(旧)タンバクンダ州における母子保健サービスの課題と改善の方向性を提言している。さらに2008年にはセネガル側関係者2名が日本を訪問し、根拠に基づく正常出産介助や人間的なお産を調査している。


上位目標


セネガル、特にタンバクンダ、ケドゥグ州の妊産婦・新生児の保健サービスの質が改善される。また、これにより同州の母と子の健康状態が改善される


プロジェクト目標


タンバクンダ、ケドゥグ州の対象施設(注)において「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」モデルが実践される
注:タンバクンダ保健センター、リプロダクティブヘルスセンター、保健ポスト、州病院、保健センター、保健ポスト


成果


1.基幹施設(注)において「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」モデルが確立される
2.タンバクンダ、ケドゥグ州に「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」モデルが普及する
注:タンバクンダ保健センター、リプロダクティブヘルスセンター、保健ポスト


活動


0-1.合同調整委員会を設置し、プロジェクトの方向性の決定、全体管理ならびに評価を行い、必要な環境を整える
0-2. 合同調整委員会のもとにワーキンググループを設置し、プロジェクトの実施管理を行う
1-1. 「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」のガイドライン案およびベースライン調査の必要項目を検討し、ガイドライン案を策定する
1-2. ベースライン調査を実施し、結果を分析し、ガイドラインに調査結果を反映させる
1-3. 勉強会・研修会を通じて、基幹施設の母子保健医療従者が「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」を実践する
1-4. 基幹施設における「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」をモニタリング・評価する
2-1. 基幹施設と州人材研修センターが共同で研修プログラムを策定する
2-2. 対象施設の母子保健医療従事者に対し、研修を実施する
2-3. 対象施設内での研修受講者の「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」の実践状況をモニタリング・評価し、研修にフィードバックする
2-4. 対象施設において「根拠に基づいた妊産婦・新生児ケア」を定着させるための方策をワーキンググループが策定し、実施する
2-5. タンバクンダ、ケドゥグ州内で、プロジェクトの取り組みを保健医療従事者や裨益者などと情報共有する


投入




日本側投入


1.日本人専門家派遣
・母子保健(長期)
・研修計画/業務調整(長期)
・疫学(短期)
・産科、助産(短期)
2.活動を支援する経費
3.本邦・在外研修(年に3、4名)
4.その他、成果達成に必要な人員・機材・情報・経費


相手国側投入


1.プロジェクトに必要な施設の確保
・専門家執務室
2.カウンターパートの任命
・中央レベルの関係者
・州レベルの関係者
・プロジェクトダイレクター
・プロジェクトマネージャー
・プロジェクトマネージャー代理
・対象施設におけるカウンターパート
3.カウンターパートの人件費
4.その他、成果達成に必要な人員・施設・機材・情報・経費


外部条件


・タンバクンダ、ケドゥグ州の社会・経済状況が悪化しない
・関連政策の変化がマイナスの影響を与えない
・実施機関を中心とする関係者がプロジェクトを引き続き実施、支援する
・研修受講者が離職しない
 


実施体制




(1)現地実施体制


保健予防省、タンバクンダ州医務局、ケドゥグ州医務局、ダカール大学
日本人専門家、JICA事務所


(2)国内支援体制


JICA本部、IMCJ、国内有識者

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・タンバクンダ州保健システム強化プログラム(2007~2011)
 ・保健アドバイザー(個別専門家)
 ・看護師・助産師・村落普及員(JOCV)
 ・本邦・在外研修(例:仏語圏アフリカ母子保健研修、モロッコ母子保健研修等)
 ・タンバクンダ州及びケドゥグ州保健施設整備計画(無償)
 ・5S/TQMによる保健サービスの質の改善(本邦研修等)
 ・保健行政能力強化(個別専門家)
 ・保健システムサービス強化プロジェクト(2011-2014)
・他国における我が国の協力(例:マダガスカルの母子保健プロジェクト等)


(2)他ドナー等の援助活動


・国連機関(WHO、UNICEF、UNFPA)による旧タンバクンダ州への協力
・イスラム開発銀行によるタンバクンダ州への協力(主に施設建設)
・スペインによる保健人材分野の協力

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Feb.08,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0801053


Title


Project for Reinforcement of Maternal and Child Health Care in Tambacounda and Kedougou Region






Country


SENEGAL






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2


Gender and Development-Gender and Development


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Universal Health Coverage Support Program


Program Number


6420000000004


Cooperation Priority Area


Improvement of Basic Social Service


Development Issue


Support for Universal Health Coverage






Project Site


Tambacounda, Kedougou





Oct.22,2008
Term of Cooperation2009/01 ~2011/12


Implementing Organization


Ministere de la Sante et de la Prevention


Background


In response to the request submitted by the government of the republic of Senegal (here after called "Senegal"), the government of Japan informed the Senegal the implementation of the project.

The series of discussions, which took place from 25 August to 8 September 2008 between the Japanese mission and the authorities of Senegal on the project to reinforce maternal and newborn health care in the region of Tambacounda, has agreed on key points, such as the logical framework of the project below.


Overall Goal


Contribute to improve maternal and infant health in Senegal in the regions of Tambacounda and Kedougou particularly

Enhance the use and quality of maternal and newborn health in Senegal in the regions of Tambacounda and Kedougou particularly


Project Purpose


Implement the model of "evidence based maternal and newborn health care" in target institutions in the regions of Tambacounda and Kedougou


Output


1. The model of "evidence based maternal and newborn health care" is established in main target institutions
2. The model of "evidence based maternal and newborn health care" was promoted in the regions of Tambacounda and Kedougou


Project Activities


0-1. Establish a joint coordinating committee to determine guidelines, monitor, and evaluate the project and set up its working environment
0-2. Establish a working group under the joint coordinating committee to manage and implement the project
1-1. Consider the points necessary to develop a draft guide of "evidence based maternal and newborn health care", conduct a baseline study, and elaborate the guide
1-2. Implement the basic study, analyze results, and revise the guide
1-3. Implement "evidence based maternal and newborn health care" by the health workers in the main target institutions through meetings and study sessions
1-4. Ensure monitoring and evaluation of "evidence based maternal and newborn health care" at the main targets institutions
2-1. Develop a training program with the main targets institutions and regional training center
2-2. Provide training to mothers and health workers in main target institutions
2-3. Ensure post training to the health workers and give feedback to the trainers
2-4. Develop approaches to ensure the continuity of "evidence based maternal and newborn health care" in the target institution and implement these approaches
2-5. Share project activities with health workers and beneficiaries in the regions of Tambacounda and Kedougou


Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side


"Program to Reinforce the Health System in the Regions of Tambacounda and Kedougou"


(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2013/10/17

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/01/2009
12/31/2011