更新日2014/11/06
東京国際センター

プロジェクト基本情報







30050


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


00283_東京国際センター


在外事務所






 


案件番号



1103010

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


マリ


41190












対象国(その他)







 





案件名(和)


サヘル地域における基礎教育向上事業

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(パートナー型)


JPP(Partner Type)

 



協力期間20111020日20141019日
 









分野課題1


教育-ノンフォーマル教育


分野課題2


教育-その他教育


分野課題3


市民参加-市民参加


分野分類


人的資源-人的資源-基礎教育

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


6219999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)サヘル地域における基礎教育向上事業




(英)Project of improvement for literacy education in Sahel area in MALI

 





対象国名


マリ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2011/10/20
 


プロジェクトサイト


マリ共和国 クリコロ県 クーラ、ドゥンバ及びトゥグニコミュン(86カ村)
 
協力期間20111020日201410月 19日
   


相手国機関名


(和)



相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


本事業の対象地域の3コミュン(クーラ、ドゥンバ 及び トゥグニコミュン)は86カ村を含み、流動的ではあるが人口は約45,000人を有している。この地域は、首都のバマコ市から100km以北から北東へ約300kmの距離に位置し、生業は農業の地域である。医療施設は各コミュンに1ヶ所で看護師、助産師が各1人のみである。人々は病気予防や公衆衛生に対する知識が欠如して、風土量が蔓延している。教育的状況は86カ村中約2割の村に小学校が建設されており、中学校は各コミュンに1校のみである。人々の識字率は7%前後で、識字教室が建設されて成人を含んだ住民が学んでいる。しかし、識字教師の不足や教室の不足で充分な学習が行われていない。また、近年小学校への就学率が高まりつつある。住民に教育の必要性が認識されてきた証拠である。


上位目標


教育の必要性を人々が認識すること。


プロジェクト目標


3コミュン(クーラコミュン、ドゥンバコミュン、トゥグニコミュン)に於いて、地域住民のバンバラ語とフランス語の識字率が向上する。


成果


1:村の識字教師が増える。
2:識字教師の質が向上する。
3:地域で識字学習出席者数が増加する。
4:新規に10カ村へ識字教室が新築され10カ村の教育環境を整備する。
5:全地域に於いて、識字教育環境が整い、識字学習の必要性が人々の意識に固定化する。


活動


1-1:教師育成研修上級コース(フランス語)を行う。
1-2:上級コースの試験を行う。
1-3:教師育成研修初級コース(バンバラ語)を行う。
1-4:初級コースの試験を行う。
2-1:研修会では教科書による研修に加え会計簿、出席簿、作文、日誌、手紙の書き方等の指導方法を教える。
2-2:指導方法についてモニタリングを行なう。
2-3:指導方法の助言を行ない、指導方法を改善しマンネリ化を防ぐ。
   ※教科書のページ順でなく、また教科書以外の例で指導。
3-1:村の識字学習は毎週最低3回行う。
3-2:担当教師が不在でも、他の教師が代行するようなシステムを整える。
3-3:識字学習で作文、日誌、手紙の書き方についての授業も行う
3-4:成績優秀者を公表する
4-1:識字学習自主管理委員会が組織されていない村に委員会を組織。
4-2:村自体が運営し継続出来るように指導する。(教師への報酬、生徒のリクルート、備品の管理その他)
4-3:10カ村へ新識字教室を建設し教材・備品を整備する。
4-4:毎月生徒数を確認する。
5-1:村の人々に識字学習に関する聞き取り調査を行う。
5-2:就学児童、進級学童数、進歩状況を1年に一回調査してコミュン庁に報告、村々へ発表してもらう。
事業全体のまとめ
本事業の終了に当たり、その成果について内部評価を行い、結果をディナフィラ、及びOHVNに報告する。
なお、評価は3コミュン長、自主管理委員会代表、当会スタッフの他、日本人2名を派遣して実施する。


投入




日本側投入


<人材>
・プロジェクトマネージャー 日本人1名
・日本事務局業務担当   日本人1名
・内部評価者 日本人2名

<プロジェクト運営管理費>
・運送費
・自動車賃貸(トヨタ4×4)(交通手段の確保)
・燃料費(自動車用、バイク用)
・事務管理費(文具、事務所 借上げ等)
・自転車購入          9台

<基礎インフラ整備費>
・識字教室建設        10ヶ所

<啓発活動費>
・識字教師育成研修会開催費
 講師謝金・文具・教材(教科書)費等

遠隔地出張所の設置      1ヶ所


相手国側投入


<相手国実施機関人材>
・プロジェクトコーディネーター(現地業務調整員) 現地人 1名
・現地業務調整員補助
(現理担当、その他) 現地人 2名
・業務補助員(輸送担当含)  現地人 3名
・補助員補佐係      現地人 12名
・研修会講師       現地人 15名
・(識字教室)建設技術指導者 現地人 2名
・新規識字教室を建設する村で、建設に無料奉仕する村人たち


外部条件


・育成した教師が住民へ指導を実施
・識字学習振興省(ディナフィラ)との協力の継続
・識字学習指導者の協力
・極端な自然環境の悪化が無い(豪雨が継続しない)
・極端な凶作にならない
 


実施体制




(1)現地実施体制


現地に特定非営利活動法人カラ=西アフリカ農村自立協力会スタッフが居住して、現地の住民と共同で事業を進める。
<バマコ事務所>
<コニナ事務所>


(2)国内支援体制


<東京事務所>
国内調整員 1名

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00283







Project Domestic Office in charge

As of


Nov.06,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1103010


Title


Project of improvement for literacy education in Sahel area in MALI






Country


MALI






Project Type


JPP(Partner Type)






Field 1


Education-Nonformal Education


Field 2


Education-Other Education Issues


Field 3


Citizen Participation-Citizen Participation






Sector


Human Resources-Human Resources-Primary Education






Program Title


-


Program Number


6219999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


86 villages in Koula, Dounba and Touguni rural communes, Koulikoro region, Republic of Mali





Oct.20,2011
Term of Cooperation2011/10 ~2014/10


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side












Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

終了時評価(平成26年度) (外部公開)2015/02/06

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/20/2011
10/19/2014