更新日2005/04/01
インドネシア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00360_インドネシア事務所


本部/国内機関






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0061457E0
 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020












対象国(その他)







 





案件名(和)


インドネシア初中等理数科教育拡充計画

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間19981001日20050930日
 
延長終了日20050930日
 









分野課題1


教育-基礎初中等教育(旧)


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


教員の質的向上


プログラムID


0060002


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)インドネシア初中等理数科教育拡充計画




(英)The Project for Development of Science and Mathematics Teaching for Primary and Secondary Education(IMSTEP)

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1998/07/14
 


プロジェクトサイト


バンドン(ジャカルタ市から南東に150km、鉄道で約2.5時間)ジョグジャカルタ(ジャカルタ市から南東に420km) マラン(スラバヤから南に80km)(長期専門家が常駐するプロジェクト常設オフィスはバンドンに設置)
 
協力期間19981001日200509月 30日
  
延長終了日20050930日
 


相手国機関名


(和)

国家教育省高等教育総局、インドネシア教育大学理数科教育学部、ジョグジャカルタ国立大学理数科学部、マラン国立大学理数科学部


相手国機関名


(英)

Directorate General of Higher Education (DGHE) of Ministry of Education and Culture, Indonesia UNiversity of Education(UPI), State University of Yogyagarta(UNY), State University of Malang(UM)









日本側協力機関名


文部科学省、東京学芸大学、宇都宮大学、群馬大学、静岡大学
 


プロジェクト概要




背景


 イ国は「第6次国家計画」において人的資源の資質向上を重点課題と定め、当面の課題として人材育成を重要な柱として位置づけている。 イ国における近年の初等教育における普及は目覚ましい一方で、低い教員の質、教育施設の不足等様々な問題が指摘されている。このような状況のもと、9年間の教育のユニバーサル化の方針が打ち出された他、1994年には小学校教員、中学校の教員資格取得に必要な修学年限が延長されている。義務教育延長に伴うカリキュラム改訂では、科学技術の進歩に対応した理数科教育の強化が必要とされている。
 以上のような背景のもと、3つの国立大学の理数科教育学部/理数科学部の教育の質向上、運営管理体制の強化を目的とした協力について日本政府に要請があった。


上位目標


インドネシアの前期中等教育において、生徒の科学的思考および実験技術ならびに理数科科目の理解が向上する。


プロジェクト目標


1)理数科分野の現職教員研修の質が、大学による支援の制度化により向上する。
2)3大学における理数科教員養成が改善される。


成果


1)既存の現職教員研修機関と大学との連携が強化される。
2)パイロティング活動(授業研究)の戦略および手法が標準化される。
3)パイロティング活動を通じて作成される授業案の汎用性が高まり、多様な学力レベルや物質的環境の学校で利用可能となる。
4)共通教科書の原稿が全て完成する。
5)共通教科書の質が改善される。
6)現職教員研修機関(MGMPなど)とプロジェクトの連携により、授業案などのプロジェクト成果品が非パイロット校の教員も利用可能となる。
7)3大学および関連機関における理数科教育関係者の当該分野の最新動向に関する理解が向上する。


活動


1)3大学ならびに地方政府教育事務所および国民教育省(MONE)が連携して現職教員研修のための枠組みを開発する。
2)パイロティング活動について、実施ガイドラインおよび成果品(授業案など)の質的評価指標を改訂する。
3)より多様なタイプの学校(学力面、物質的環境面など)を対象にパイロティング活動を行う。
4)共通教科書やその他の学部教材の改訂を継続する。
5)共通教科書を3大学にて試行し、結果を反映して教科書を改訂する。
6)現職教員研修機関(MGMPなど)との合同活動(ワークショップなど)を開催する。
7)理数科教育の最新動向に係るナショナルセミナーを開催する。


投入




日本側投入


長期専門家(チーフアドバイザー、業務調整、物理教育)
短期専門家(物理教育、化学教育、生物教育、数学教育、情報教育、地学/環境教育等)
研修員受け入れ(理科教育、数学教育、等)
機材供与(理数科教育実験用機材等)


相手国側投入


要員:Counterpart Personnel:29名及びタスクチームメンバー
Administrative Personnel:秘書、タイピスト、運転手他


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


各学科に垂直的な「ワークグループ」(生物・数学・化学・物理)と学科をまたいだ水平的な「タスクチーム」(A:教育課程および教授内容、B:カリキュラムおよびシラバス、C:教材開発、D:教育評価および学術交流)が設置されている。各学科、学部、3大学の間で定期的な協議が行われ、各レベルでの事業モニタリングにあたっている。


(2)国内支援体制


東京学芸大学を中心とした国内委員会が1998年9月1日に発足。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


無償資金協力により、インドネシア教育大学の理数科教育学部棟建設及び3大学への機材供与が実施された。また、現職教員研修の支援活動は、協力隊員(理数科教師)との連携により実施されている。


(2)他ドナー等の援助活動


世銀のPGSMプロジェクトが、教育大学を対象にした機材供与及びカリキュラム開発の支援を実施中である。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
JICA Indonesia Office00360JICA Indonesia Office







Project Overseas Office in charge

As of


Apr.01,2005







Overseas Office


JICA Indonesia Office


Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


The Project for Development of Science and Mathematics Teaching for Primary and Secondary Education(IMSTEP)






Country


INDONESIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Basic/Primary/Secondary Education


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


0060002


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Bandung (150 km southeast of Jakarta, 2.5 hours by railway), Yogyakarta (420 km southeast of Jakarta), and Malang (80 km south of Surabaya) (The standing project office where experts reside for a long period is located in Bandung.)





Jul.14,1998
Term of Cooperation1998/10 ~2005/09
End of Extension at Completion2005/09


Implementing Organization


Directorate General of Higher Education (DGHE) of Ministry of Education and
Culture, Indonesia UNiversity of Education(UPI), State University of
Yogyagarta(UNY), State University of Malang(UM)


Background


In the Sixth Five-year National Development Plan, Indonesia defined improvement of the quality of human resources as a priority issue and, as the pressing issue, positioned the development of human resources as an important pillar. Although primary education has spread remarkably in Indonesia in recent years, various problems have been pointed out, including the low quality of teachers and shortages of educational facilities. Under these circumstances, the Indonesian Government launched the policy of universalization of nine-year education, and in 1994, extended the period of education required to obtain the qualification of primary or secondary school teacher. In the curriculum revision resulting from the extension of compulsory education, enhancement of science and mathematics education commensurate to the advance of science and technology was necessary. Against this background, the Indonesian Government requested Japan to provide cooperation aimed at improving the quality of education and the administrativ























e management system in the science and mathematics education departments of the three national education universities.


Overall Goal




Project Purpose


To improve the quality of the lessons given by science and mathematics teachers who obtain qualifications at any of the three national education universities (IKIP).


Output




Project Activities


1) Conduct various investigations of actual conditions in educational fields. 2) Develop curriculum, guides for experiments and practice, and methods for evaluating courses. 3) Develop teaching methods and textbooks for departmental education and in-service education. 4) Review and revise the syllabi for university education. 5) Monitor education at the primary and secondary schools concerned. 6) Give recommendations on the curricula of teacher-training institutions. 7) Hold seminars and workshops intended for external instructors. 8) Revise the curricula and syllabi for in-service education. 9) Operate committees and working groups for project activities. 10) Enhance the administrative management system by providing training in operational methods and maintenance and management of facilities and equipment. 11) Issue newsletters and journals.


Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Basic Study

Nov.21,1995

 ~

Dec.06,1995



Preliminary Study

Apr.02,1997

 ~

Apr.12,1997



Supplementary Study

Mar.01,1998

 ~

Mar.14,1998



Implementation Study

Jul.06,1998

 ~

Jul.16,1998




Mar.21,2001

 ~

Apr.07,2001




Mar.23,2003

 ~

Apr.09,2003




Sep.25,2003

 ~

Sep.30,2003
































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


It is planned to construct the science and mathematics education department building of IKIP Bandung and provide equipment and materials for the three IKIPs as part of grant aid.






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(実施協議調査団報告書)(外部公開)2010/02/22
報告書(終了時評価報告書)(外部公開)2010/02/22
報告書(中間評価調査団報告書)(外部公開)2010/02/22
報告書(事前調査団報告書)(外部公開)2011/12/02
報告書(基本設計調査報告書)(外部公開)2011/12/02
報告書(基礎調査団報告書)(外部公開)2011/12/02

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


10/01/98
09/30/2005