更新日2015/04/21
関西国際センター

プロジェクト基本情報







30090


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


02276_関西国際センター


在外事務所






 


案件番号



0802553

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


知的障害児の就学率向上及び教育プログラム開発を支援するプロジェクト

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(パートナー型)


JPP(Partner Type)

 



協力期間20080813日20110812日
 









分野課題1


教育-その他教育


分野課題2


社会保障-障害者支援


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0279999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)知的障害児の就学率向上及び教育プログラム開発を支援するプロジェクト




(英)Developing Education Programs for Children with Intellectural Disabilities in order to Raise the Attendance Rate at Primary Schools in Vietnam

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/07/30
 


プロジェクトサイト


ハノイ市
 
協力期間20080813日201108月 12日
   


相手国機関名


(和)

ハノイ師範大学


相手国機関名


(英)

Hanoi National University of Education









日本側協力機関名


立命館大学
 


プロジェクト概要




背景


ベトナム政府は「教育発展戦略10年:2001年~2010年」を策定し就学率の向上を目指しているが、未だ多くの未就学児童がおり2005年の到達目標50%は未達成で、学校に就学している障害児は26万9千人(24.22%)にとどまっている。特に知的障害児の分野では未就学児童が多い。
その背景として、①発展途上国に共通する医療・保健分野の未発達、②ベトナム戦争による傷病後遺症や枯葉剤被害による障害児・者の存在、③未就学児の実態調査が不十分で、親や家族のニーズは手付かずの状態にある、④その結果、教育制度上の問題と相まって知的障害者の分野が大きく立ち遅れてきている、⑤障害児教育の分野では、専門教員養成は著しく遅れ、知的障害児へのカリキュラムは未整備で幼児教育分野のカリキュラムが準用されている。
この状況を大きく転換するために障害児教育の分野で先進的知識と技術の集積がある日本の援助が今求められている。


上位目標


プロジェクトを通じて育成された知的障害児専門教員(ホープセンター職員含む)が知的障害児教育プログラム指導案(個別指導計画を含む)の作成を各地(ホープセンター内を含む)で普及する。


プロジェクト目標


知的障害児教育プログラム指導案(個別指導計画を含む)を作成・指導できる人材が育成される


成果


1.第1ホープセンター在園児(約40名)を対象にした効果的な個別指導計画及び知的障害児教育プログラム指導案がつくられる。
2.知的障害児教育専門家コースで30名の教員養成が行われる。
3.ベトナムの知的障害児教育分野の幹部研修員(教育訓練省・教員養成大学・知的障害児施設幹部)が義務教育としての障害児教育制度の改革の必要性にについて理解を深める。
4.ホープセンター職員、ハノイ師範大学のベトナム人講師及び障害児教育学科教員に技術が移転される。


活動


1.知的障害児に対する個別指導計画及び知的障害児教育プログラムを開発するための具体的活動として以下の活動に取り組む
①ホープセンターの未就学児童の実態及びニーズ調査 ②ホープセンター対象児童の発達診断
③ホープセンター対象児童に対する個人別指導計画の作成と検証
④ホープセンターの対象児童に対する知的障害児教育プログラム(カリキュラム・技法・評価)の作成と検証
⑤ホープセンターでの知的障害児教育専門養成コースでの実習
2.ハノイ師範大学障害児教育学科の知的障害児教育専門教員養成コース(2年間のプログラムを履修し、障害児教育の学位を取得する)で知的障害児分野の専門教育をおこなうための具体的活動として
①日本人及びベトナム人講師による障害児教育の理論・方法の講義 ②教材開発 ③実習・演習での指導(個別指導計画案の作成のための理論と方法、知的障害児教育プログラムのための理論と方法を含む)④卒業研究での指導
3.ベトナムの知的障害児教育分野の幹部(教育訓練省、教員養成大学、知的障害児施設)が日本に派遣され、それらの幹部に対して視察、研修プログラム(10日間)が実施される。そのための具体的活動として、
①受け入れプログラムの作成 ②研修前オリエンテーションの実施 ③(関係者を集めての)報告会の開催
4.ホープセンター職員、ハノイ師範大学のベトナム人講師及び障害児教育学科教員に技術移転を行う為の具体的活動として
①日本人専門家がホープセンター職員に個別指導計画及び知的障害児教育プログラムを開発するための技術移転を行う ②日本人専門家がハノイ師範大学のベトナム人講師及び障害児教育学科教員に知的障害児分野の専門教育をおこなうための技術移転を行う


投入




日本側投入


<人材>
プロジェクトマネージャー(1名/9ヶ月)
現地業務統括者(1名/27ヶ月)
現地業務副統括者(1名/12ヶ月)
障害児教育分野専門研究者(8名/0.5ヶ月)
国内調整員(3名/0.5ヶ月)
<資機材>
診断トレーニング用視聴覚教材
教材・教育プログラム開発用教材
乳幼児発達検査用具(6セット)ノート型パソコン(1台)等


相手国側投入


<人材>
現地業務総括者(ハノイ師範大学障害児教育学科学科長兼第1ホープセンター教育担当責任者:Yen氏)(1名/3ヵ年)
現場責任者(第1ホープセンター運営委員長)(1名/3ヶ年)
障害児教育専門研究者(3名/3ヵ年)
招聘研修で派遣される幹部(3名×2回/いずれも10日間)
<資機材>
オフィス用家具・電子機器(電話、FAX)
テレビ、ビデオデッキ(1台ずつ)観察用ハンディカメラ・デジタルカメラ(1台ずつ)プロジェクター(1台)
デスクトップパソコン・プリンター(2台ずつ)等


外部条件


・ベトナム政府が現在の教育分野10ヵ年計画(2000年-2010年)の目標値を目指した障害児の就学率向上の取り組みを継続すること。・ベトナム政府が障害児教育分野の強化と改革努力を継続すること ・教育訓練省障害児教育委員会が政策方針を変更すること ・ハノイ師範大学が知的障害児教育分野教員養成支援を継続すること
ホープセンターが知的障害児教育プログラム指導案(個別指導計画含む)作成支援を継続すること。
・知的障害児教育プログラム指導案(個別指導計画を含む)を学んだ30名が活躍できるようなサポートを出身地の在籍校が行うこと
 


実施体制




(1)現地実施体制


ハノイにハノイ師範大学と共同で現地事務所を設置し、現地業務統括者を配置予定。また、第1ホープセンターで個別指導計画を開発するための活動を行い、知的障害児教育専門養成コースの実習等を実施する。


(2)国内支援体制


立命館大学が実施体制を整備し、事業を推進

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
02276







Project Domestic Office in charge

As of


Apr.21,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0802553


Title


Developing Education Programs for Children with Intellectural Disabilities in order to Raise the Attendance Rate at Primary Schools in Vietnam






Country


VIET NAM






Project Type


JPP(Partner Type)






Field 1


Education-Other Education Issues


Field 2


Social Security-Support for Persons with Disabilities


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title


-


Program Number


0279999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Jul.30,2008
Term of Cooperation2008/08 ~2011/08


Implementing Organization


Hanoi National University of Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side












Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


08/13/2008
08/12/2011