更新日2018/04/13
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1000429

プロジェクトID(旧)


 


200


北米・中南米地域




対象国名


ボリビア


31300












対象国(その他)







 





案件名(和)


教育の質向上アドバイザ-

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20100621日20120731日
 









分野課題1


教育-教育行政


分野課題2


教育-初等教育


分野課題3


教育-高等教育


分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


3069999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)教育の質向上アドバイザ-




(英)Coordinator for the Quality Improvement Program of Education Sector

 





対象国名


ボリビア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


ラパス
 
協力期間20100621日201207月 31日
   


相手国機関名


(和)

教育省


相手国機関名


(英)

Ministry of Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


1980年代に始まった構造改革の流れを受け、ボリビア多民族国(以下、ボ国)は1994年に教育改革を開始した。教育改革では、初等教育の量的拡大と質的向上が第一に掲げられた。教育改革は一定の成果をあげたものの、(1)就学困難児童への対応の不備、(2)地方、学校における経営努力の不足、(3)適切な教師教育の不在などが課題として指摘されてきた。これを受け、我が国の協力で「学校教育の質向上プロジェクト」が2003年7月に開始された。また、2010年6月頃から新たに「特別支援教育教員養成プロジェクト」が実施されることとなっている。
 ボ国では教育分野への協力を「学校教育の質向上プログラム」として実施しており、技術協力プロジェクト、無償資金協力、ボランティア事業等の活動を有機的に連携させ、効率的な実施を図っている。同プログラムの中において、「学校教育の質向上プロジェクト」はその中核をなすものであるが、同プロジェクトの終了が2010年7月に予定されていることから、教育省と緊密な連携のもと、同プロジェクトの成果を活かしつつ本プログラムの新たな具体的戦略を策定し、推進していく必要がある。このためには、技術協力プロジェクトや無償資金協力、ボランティア事業など各種援助活動の調整、プログラム実施におけるボ国教育関係機関や他ドナーとの協議・調整等、全体を統括できる人物が必要とされている。
 現在ボ国は大きな教育制度の改革に取り組んでいる。2009年6月に発布された大統領最高令第156号の中で改革の大枠は示されたものの、より具体的な内容を定めた新教育法や省令は、2010年4月現在において制定されていない。本専門家の派遣は、2007年3月に実施された「ボリビア国学校教育の質向上プログラム戦略化支援調査」において当国教育省と本邦派遣調査団による意見交換を受けてのものであるが、教育省が導入を予定している「多民族教育システム」に係る政策の不在に対応し、新教育制度の構築過程に積極的に働きかけながら、ボ国への教育協力をより効果的・効率的に進めていくために欠かせないものである。


上位目標


我が国の各種教育協力が有機的に連携し、効率的・効果的に行われることで、ボリビア国の教育の質向上に貢献する。


プロジェクト目標


「教育の質向上プログラム」が、教育省の政策や他ドナー援助活動との整合性をもって計画・運営される。また、教育分野における我が国協力の成果が持続・発展するための取組みが行われる。


成果


1. JICA教育分野の各種協力(技術協力プロジェクト、無償資金協力、ボランティア事業、本邦研修等)が、ボ国の教育政策に合った形で効率的・効果的に行われるよう、「教育の質向上プログラム」全体の調整が行われる。
2. 教育省、県教育事務所、高等師範学校など、教育省関連機関の「教育の質向上」にかかる施策能力が強化される。
3. 「学校教育の質向上プロジェクト」の成果を持続・発展させるためのフォローアップ計画が策定され、必要に応じて実施される。
4. 「学校教育の質向上プロジェクト」の後継案件の必要性及びその協力内容が検討される。
5. 我が国の協力により建設・改修した学校と上記プログラムの連携が強化される。


活動


1-1. ボ国教育省の推進する政策やその実施状況を把握する。
1-2. JICA報告書の分析や関係者への聞取り等を通じて、日本のこれまでの協力概要を把握する。
1-3. ボ国の教育分野における他ドナーの協力の内容や実施状況を把握する。
1-4. より効率的・効果的なボランティア派遣のため、ボランティア調整員と連携しながら適切な派遣先を検討する。
1-5. 上記活動の結果等をもとに、JICA教育分野の協力が効率的・効果的に実施されるよう、「教育の質向上プログラム」の改善策を提案する。
1-6. 同プログラムの円滑な実施のために、日本側・ボ国側・他ドナー等の関係者間における連絡調整を行う。また、必要に応じて技術的支援や助言を行う。

2-1. 教育分野における我が国協力の成果がボ国の教育制度に反映、活用されるよう、教育省に対して政策的助言を行う。
2-2. 教育省、県教育事務所、高等師範学校などの教育省関連機関に対して、教育の質向上、特に現職教員研修や新規教員養成に関する政策的助言や支援を行う。

3-1. 「学校教育の質向上プロジェクト」の対象校の視察、関係者からの聞取り、報告書の精読等を通じ、同プロジェクトの成果を把握する。
3-2. 3-1で把握した成果を持続・発展させていくためのフォローアップ計画の作成を支援する。また、必要に応じて同計画の実施に際して技術的支援や助言を行う。
3-3. 3-2に関して、当該専門家による技術的支援や助言が困難な事項については、必要な技術的支援や助言ができるよう対応を行う。

4-1. 上記プロジェクトの後継案件の必要性及びその内容を検討する。
4-2. 必要に応じて後継案件に係る要望調査に協力する。

5-1. 我が国の協力により建設・改修した学校と上記プログラム内の各種活動(技術協力プロジェクト、ボランティア事業、本邦研修など)との連携を図る。


投入




日本側投入


長期専門家の派遣 1名(24MM×2年間)
現地業務費


相手国側投入


執務室および同室に必要となる什器等の提供
C/Pの配置
移動手段の提供(教育省公用車の優先的使用)


外部条件


教育の質的向上を目指した政策の継続。
 


実施体制




(1)現地実施体制


教育省(Ministerio de Educacion)
専門人材育成・高等教育担当次官室(Viceministerio de Educacion Superior de Formacion Profecional)


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・技術協力プロジェクト「学校教育の質向上プロジェクト」(2003.7-2010.7)
   同プロジェクトの活動や成果をいかに教育省の政策に取り込んでいくかを先方と検討していく。
・技術協力プロジェクト「特別支援教育教員養成プロジェクト」(2010.6-2012.11)

・無償資金協力 
   無償資金協力で建設した学校と教育の質向上プログラムの連携を図る。
  一般無償:        「小学校整備計画」(ラパス市・コチャバンバ市)
  コミュニティ開発支援無償:「教育施設建設計画」(ポトシ市・スクレ市)
  草の根無償資金協力:    小学校校舎補修(ボリビア国内各地)

・教育分野ボランティア派遣
   教育の質向上プログラム内の他の活動との連携を図る。


(2)他ドナー等の援助活動


財政支援を行うドナーに加え、ドイツ、ベルギー、スペイン、デンマーク等が技術協力を行っている。スペインはAECI(スペイン国際協力庁)を通じた、新規教員養成への支援実績がある。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Apr.13,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000429


Title


Coordinator for the Quality Improvement Program of Education Sector






Country


BOLIVIA






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Education-Education Administration


Field 2


Education-Primary Education


Field 3


Education-Tertiary Education






Sector


Human Resources-Human Resources-Education






Program Title


-


Program Number


3069999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


La Paz





Term of Cooperation2010/06 ~2012/07


Implementing Organization


Ministry of Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/21/2010
07/31/2012