更新日2003/09/25
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0604962

プロジェクトID(旧)


5451011E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


ウガンダ


41080












対象国(その他)







 





案件名(和)


ウガンダ・ナカワ職業訓練校

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間19970520日20040519日
 
延長終了日20040519日
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ウガンダ・ナカワ職業訓練校




(英)Nakawa Vocational Training Institute Project in Uganda/ NAVTI

 





対象国名


ウガンダ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1997/03/05
 


プロジェクトサイト


カンパラ市 (カンパラ中心部から東に4Km、車で5分)
 
協力期間19970520日200405月 19日
  
延長終了日20040519日
 


相手国機関名


(和)

教育・スポーツ省(Ministry of Education and Sports) ナカワ職業訓練校(Nakawa Vocational Training Institute)


相手国機関名


(英)

Ministry of Education and Sports Nakawa Vocational Training Institute









日本側協力機関名


厚生労働省、雇用・能力開発機構
 


プロジェクト概要




背景


ウガンダ国は、アミン政権以降の政治・社会混乱状況を経て、1986年の現ムセベニ政権樹立以来、復興開発計画(1993/94~1995/96)に基づき国家の再建を進めてきた。しかしながら、長期にわたる内戦による技能労働者の不足は、同国の産業振興、経済発展にとって大きな阻害要因となっており、同国政府は同計画において人的資源開発を最重点課題とし、教育の再建、職業訓練及び雇用の問題に優先的に取り組んでいる。
本プロジェクトは、ナカワ職業訓練校において従来から実施されてきた在職労働者に対する徒弟訓練、向上訓練に加え、産業界から特にニーズの高い若年無技能者に対する養成訓練を実施すべく、優先度が高い電気、電子、機械、自動車、溶接、板金、木工の7分野についてわが国への協力要請を行ったものである。


上位目標




プロジェクト目標


ナカワ職業訓練校において、7分野(電気、電子、機械、自動車、溶接、板金、木工)で産業界の求める技能者(Craftsman/woman)が養成される。


成果


1.各分野の職業訓練に必要な体制が整備される。
2.各分野の職業訓練指導員の能力が向上する。
3.各分野の養成訓練、向上訓練の訓練コース内容が設定され適正に実施される。
 徒弟訓練はDITの要請に基づいて実施される。


活動


1-1.訓練に必要な人員を確保する。        
1-2.訓練管理体制を確立する。          
1-3.インカムジェネレーション活動を実施する。        
1-4.委員会により校を運営する。         
1-5.訓練に適した機材を選定し、据え付ける。   
1-6.訓練機材の適切な保守管理を行う。      
2-1.各分野の職業訓練指導方法を評価し、改善する。 
2-2.機材を活用した実習を導入する。
2-3.訓練用教材を作成する。
3-1.企業のニーズを把握し、コース内容を決定する。
3-2.カリキュラム、シラバスを作成・改定する。
3-3.教材を作成、選択する。
3-4.訓練生を募集する。
3-5.企業実習に適した企業を選択する。
3-6.コース評価を行う。


投入




日本側投入


長期専門家(リーダー、業務調整、訓練管理、電気・電子、機械、自動車、溶接、板金、木工)
短期専門家(訓練指導技法、木工金座屋塗装、等 年間3名程度)
研修員受入(7分野 計20名程度)
機材供与 (シーケンス負荷モデル、平面研削盤、噴射ポンプテスター、木工施盤、プレスブレーキ、等)


相手国側投入


要員:全52名(2001年7月現在)校長1名、副校長1名、教務課3名、電子科6名、電気科8名、
   機械科5名、自動車科8名、木工科7名、板金科7名、溶接科6名

施設等整備:背説周辺のフェンス建設


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


国内支援委員会なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


プロ技「ウガンダ職業訓練センター」68.6.28~74.6.27 無償協力(施設・機材) 97年度 約9.8億円 個別専門家派遣(「職業訓練計画」('94.4~'97.4)及び「機械」('95.5~'97.5))


(2)他ドナー等の援助活動


UNIDOが実施している「特定地域における零細・中小企業振興プロジェクト」との連携として、2000年8~10月に、UNIDOのMaster Craftsman(7地区から選抜されたテクニシャンで起業家育成指導者候補)向け研修をナカワ職業訓練校が実施した。今後の連携については、卒業生の雇用機会拡大のためにUNIDOの協力を得てナカワ職業訓練校の訓練コースに起業家訓練を導入する等の検討が進められている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Sep.25,2003







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0604962


Title


Nakawa Vocational Training Institute Project in Uganda/ NAVTI






Country


UGANDA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Kampala City (4 km east of the midtown area of Kampala, about 5 min. by car)





Mar.05,1997
Term of Cooperation1997/05 ~2004/05
End of Extension at Completion2004/05


Implementing Organization


Ministry of Education and Sports Nakawa Vocational Training Institute


Background


Uganda experienced political and social disturbances after the Amin Administration and has promoted the reconstruction of the State based on a Rehabilitation and Development Programme (1993/94 to 1995/96) since the establishment of the current Musebeni Administration in 1986. However, the long civil war brought about a lack of skilled workers and this is a great hindrance to the industrial promotion and economic development of this country. The Government positions human resource development as the most important subject in the Programme and attaches priority to dealing with the issues of educational reconstruction, vocational training and employment. This Project aims at conducting apprenticeship training and upgrading training of workers in service, which have been conducted at Nakawa Vocational Training Institute heretofore, as well as fosterage basic training of unskilled young workers which is highly required by the industrial world. Therefore, cooperation was requested from Japan in the 7 fields of high priority: electricity, electronics, machinery, motor vehicle, welding, sheet metal, and woodworking.


Overall Goal




Project Purpose


The goal of this project is to foster craftsmen/craftswomen required by the industry in 7 sections of the Institute (electricity, electronics, machinery, motor vehicle, welding, sheet metal, and wood).


Output




Project Activities


To transfer to the counterpart the knowledge and skills necessary for curriculum development, expertise, equipment operation and maintenance, educational material development, instruction techniques, classwork preparation, training course operation, and training evaluation in the above-mentioned 7 departments.


Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preliminary Study

Jul.09,1994

 ~

Jul.29,1994



Implementation Study

Feb.22,1997

 ~

Mar.09,1997




Mar.01,1998

 ~

Mar.14,1998



Advisory Study

Jan.09,2000

 ~

Jan.22,2000



Evaluation Study

Oct.28,2001

 ~

Nov.11,2001




Nov.09,2003

 ~

Nov.22,2003






































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


Grant aid (facilities and equipment) エ980 million in 1997 Dispatch of experts on individual request (""Vocational Training Programme"" from Apr. 1994 to Apr. 1997, and ""Machinery"" from May 1995 to May 1997)






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

終了時評価結果要約表(平成15年度) (外部公開)2010/03/09
終了時評価結果要約表(平成13年度) (外部公開)2010/03/09
報告書(基礎調査団報告書)(外部公開)2013/06/19
報告書(巡回指導調査団報告書)(外部公開)2013/06/19
報告書(フォローアップ終了時評価報告書 )(外部公開)2013/06/19
報告書(計画打合せ調査団報告書)(外部公開)2013/06/19
報告書(基本設計調査報告書)(外部公開)2013/06/19
報告書(事前調査団報告書)(外部公開)2013/06/19
報告書(終了時評価報告書 )(外部公開)2013/06/19
報告書(実施協議調査団報告書)(外部公開)2013/06/19

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

その他関連文書
FM0203XX05
PDM
案件概要表


05/20/97
05/19/2004