更新日2010/04/06
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0605426

プロジェクトID(旧)


6365005E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


ルワンダ


41070












対象国(その他)







 





案件名(和)


障害を持つ除隊兵士の社会復帰のための技能訓練プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20051226日20081225日
 









分野課題1


社会保障-障害者支援


分野課題2


平和構築-DDR(除隊兵士支援)


分野課題3


教育-職業訓練・産業技術教育


分野分類



 





プログラム名


科学技術教育・訓練プログラム


プログラムID


6360000000011


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


なし

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)障害を持つ除隊兵士の社会復帰のための技能訓練プロジェクト




(英)The Skills Training for the Reintegration of Demobilised Soldiers with Disabilities

 





対象国名


ルワンダ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/12/26
 


プロジェクトサイト


キガリおよび東・西・南・北部州
 
協力期間20051226日200812月 25日
   


相手国機関名


(和)

ルワンダ動員解除・社会復帰委員会、技能訓練センター


相手国機関名


(英)

Rwanda Demobilisation and Reintegration Commission(RDRC), Skills Training Centres









日本側協力機関名


なし
 


プロジェクト概要




背景


長年にわたるフツ族対ツチ族の内戦及び94年の大虐殺後、ルワンダにおいては、肥大化したルワンダ愛国軍(RPA、2002年以降ルワンダ国軍(RDF)に改名)を適正規模まで縮小するとともに、コンゴ民主共和国(DRC)に流出した民兵(Armed Group)の動員解除と帰還の推進は、政治面、治安面、及び経済的な側面からも喫緊の課題であった。ルワンダ政府は「ルワンダ動員解除・除隊兵士社会復帰委員会(Rwanda Demobilisation and Reintegration Commission、以下RDRC)」を設置し、世銀等の支援を受け、1997年にルワンダ動員解除・除隊兵士社会復帰プログラム(Rwanda Demobilization and Reintegration Program、以下RDRP)を開始した。RDRPは2004年末までに、RPA、94年以前の旧政府の兵士(ex-FAR)、及びDRCで活動していた元民兵(以下、ex-armed group)の3グループから合計33,945名の兵士を除隊させた。
この中には障害を持つ元兵士が多く含まれているが、RDRPにおいては、これらの障害者に対する支援は医療支援、及びリハビリテーション器具の支給に限定されており、社会復帰を達成するための技術研修支援は含まれていない。また、ルワンダにおいて、障害者に対する技術研修を専門的に行っている機関は限定されており、障害を持つ除隊兵士が社会的、経済的にコミュニティに統合していくための制約は大きい。これらの除隊兵士の多くは生活手段がなく、希望を失っているだけでなく、戦傷した兵士に何のケアも施さない政府に不満を募らせている。RDRCの作成した報告書は、失業率の高い「ル」国において障害を持つ除隊兵士が、就職することは容易ではないとしながらも、技術を習得することは、彼らが社会の一員として認識し、自信を与え、農業以外の収入機会を与える意味で有効であると述べられている。
このような状況下、ルワンダ政府の要請を受け、わが国は2004年4月から6月にかけ、短期専門家「障害を持つ除隊兵士へのスキル・アドバイザー」を派遣するとともに現状調査(事前評価調査)を実施し、技プロを立ち上げた。


上位目標


障害を持つ除隊兵士*の技能訓練を所掌する政府機関および技能訓練センターの協力により障害を持つ除隊兵士の経済的・社会的自立が促進される。
* 除隊兵士とは、元ルワンダ国軍兵士、旧政府軍(1994年以前)兵士、元民兵が含まれる。


プロジェクト目標


技能訓練を通じ、障害を持つ除隊兵士がコミュニティに復帰するための経験・知識がルワンダ動員解除社会復帰委員会(RDRC)および技能訓練センターにおいて蓄積・共有される。


成果


1: 技能訓練センターにおける障害者受入れ能力が強化される。
2: 障害を持つ除隊兵士が技能を習得する。
3: 障害を持つ除隊兵士のための技能訓練の改善のために、技能訓練センター及び障害を持つ除隊兵士に関する情報を蓄積・分析・活用するシステムが構築される。


活動


1-1: 施設のバリアフリー化改修工事の実施。
1-1-1: バリアフリー化のための適切なデザイン企画及び改修工事の設計。
1-1-2: 業者による改修工事の監督。
1-1-3: バリアフリー化改修工事に係る評価の実施。
1-1-4. 上記活動(1-1-1~1-1-3)を技能訓練センターが実施するための能力強化を支援する。
1-2: 技能訓練センターの講師に対する研修(ToT)。
1-2-1: カリキュラム開発及び障害者の技能訓練に対する意識向上を目的としたToTの企画。
1-2-2: 周辺国からのToT講師選定。
1-2-3: ToTの実施。
1-2-4: ToTに係る評価の実施。
1-2-5. 上記活動(1-2-1~1-2-4)を技能訓練センターが実施するための能力強化を支援する。

2-1: 訓練生選考基準の構築。
2-2: 障害を持つ除隊兵士を受け入れる技能訓練センター**の選定。
2-3: 技能訓練の情報を障害を持つ除隊兵士に提供。
2-4: 受講者の選定。
2-5: 技能訓練センターにおける技能訓練の実施。

3-1: 訓練生(障害を持つ除隊兵士)のモニタリング及び評価の実施。
3-2: 障害を持つ除隊兵士に係るベースライン調査(社会・経済・身体的状況)の実施。
3-3: 障害を持つ除隊兵士及び技能訓練センターに関するデータベースの構築。
3-4: データベースを定期的に更新するためのノウハウの開発。
3-4. 技能訓練センターを卒業した障害を持つ除隊兵士に関する追跡調査を実施する。
3-5. 追跡調査(3-4)の結果を分析する。
3-6. 追跡調査結果分析(3-5)に基づき、技能訓練を改善する。
3-7. 障害を持つ除隊兵士に対し、就職先の開拓や協会、協同組合の設立に関する情報を提供する。
** 西部州の技能訓練センターを含む。


投入




日本側投入


長期専門家 1名(業務調整)
短期専門家 近隣国からのToT講師
プロジェクト活動経費
技能訓練センターのバリアフリー化改修


相手国側投入


カウンターパート
ToTのための施設
事務所
JICA専門家執務室
会議室
事務機材
機材の維持費と機材関連消耗品


外部条件


a)障害を持つ除隊兵士に技術研修を提供する機関が、案件実施期間中、運営管理に必要な経費、機材を確保・維持する
b)技術研修機関において元兵士間、元兵士と非兵士間で和解が推進される
 


実施体制




(1)現地実施体制


JICA直営方式(人間開発部主管、ルワンダ駐在員事務所実施)


(2)国内支援体制


外部機関なし
本部関係部署は人間開発部(技術教育チーム)、アフリカ部東部アフリカチーム、平和構築支援室

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


除隊兵士に対する技術研修は、カンボジア、エリトリア、アフガニスタンにおいて実施している。但し、障害を持つ除隊兵士に焦点を充てた技術研修支援は、JICA案件として初めてである。


(2)他ドナー等の援助活動


GTZが除隊兵士(非障害者)に対する技術研修を実施中。キガリを除いて除隊兵士が多い3県(キブンゴ県、ギセニ県、ブタレ県)において、青年職業訓練センター、技術学校等既存の施設を活用し、各施設で受入れ可能な人数の除隊兵士を派遣し、技術研修を提供している。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Apr.06,2010







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0605426


Title


The Skills Training for the Reintegration of Demobilised Soldiers with Disabilities






Country


RWANDA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Social Security-Support for Persons with Disabilities


Field 2


Peace-building-Disarmament,Demobilization&Reintegration


Field 3


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training






Sector








Program Title




Program Number


6360000000011


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Kigali and Eastern, Western, Southern and Northern Provinces





Dec.26,2005
Term of Cooperation2005/12 ~2008/12


Implementing Organization


Rwanda Demobilisation and Reintegration Commission(RDRC), Skills Training Centres


Background


After the long standing civil wars and the genocide occurred in Rwanda in 1994, the demobilisation of Armed Group (AG) that flowed out to Democratic Republic of Congo (DRC) and the promotion of their return as well as downsizing the distended Rwanda Patriotism Army (RPA: it was renamed to Rwanda Defense Forces (RDF) after 2002) to the appropriate size were imperious problems in Rwanda.The Rwanda government set up Rwanda Demobilisation and Reintegration Commission (RDRC), receiving the support from partners e.g. World Bank, and began the Rwanda Demobilisation and Reintegration Program (RDRP) in 1997. RDRP conducted the demobilisation from 3 groups namely RDF, Forces Armees Rwandaises (FAR: soldiers of the former government before 1994) and AG, and demobilised 33,945 soldiers by the end of 2004. Support to the demobilised soldiers with disabilities is limited to the medical treatment support and the provision of the rehabilitation orthosis, and the technical training to achieve the reintegration is not included. The organization providing the technical training to persons with disabilities is limited in Rwanda, and demobilised soldiers with disabilities face the social and economic restrictions in their reintegration. Most of them do not have the means of livelihood and moreover, they express the dissatisfaction to the government that doesn't care for wounded ex-combatants.The report from RDRC
mentions that although it is not easy for demobilised soldiers with disabilities to find employment as the unemployment rate is high in Rwanda, the acquisition of skills is effective upon their participation into the society, the development of self-confidence and the creation of income generating
opportunity other than agriculture. Under such a situation, the Japanese Government that received the request from the Rwandan government dispatched a short-term expert from April to June of 2005,
executed a preliminary evaluation study, and started up the technical assistance.


Overall Goal


The economic and social self-support of Demobilised Soldiers with Disabilities (DSwDs) is promoted by government institutions concerned with skills training of DSwDs and Skills Training Centres (STCs).


Project Purpose


Expertise to reintegrate DSwDs into communities through skills trainings is strengthened and shared among RDRC and STCs.


Output


1. STC's capacity to accept Persons with Disabilities (PwDs) is strengthened.
2. DSwDs acquire vocational skills.
3. A system to accumulate, analyze and utilize information on STCs and DSwDs is developed for improvement of skills training for DSwDs.


Project Activities


1-1. Barrier-free renovations
1-1-1. To plan appropriate designs for barrier-free facilities and arrange renovation as required
1-1-2. To supervise the renovation by contractors
1-1-3. To evaluate the outcome of barrier-free renovations for further improvement
1-1-4. To assist STCs in developing their capacity to carry out the activities above (1-1-1 to 1-1-3)
1-2. Training of Trainers
1-2-1. To plan ToTs on development of curriculum and awareness-raising of skills trainings for PwDs
1-2-2. To select trainers including some from the neighbouring countries
1-2-3. To conduct ToTs
1-2-4. To evaluate the outcome of ToTs for further improvement
1-2-5. To assist STCs in their capacity to carry out the activities above (1-2-1 to 1-2-4)

2-1. To develop criteria for selecting trainees
2-2. To select the STCs that accept DSwDs
2-3. To provide information on skills training to DSwDs
2-4. To select trainees
2-5. To provide the skills training in STCs

3-1. To conduct a baseline survey on the situations of DSwDs (their social, economic and physical situation)
3-2. To develop a database on DSwDs and STCs
3-3. To develop a know-how to update the database periodically
3-4. To carry out tracer survey of DSwDs who graduated STCs
3-5. To analyze the result of the tracer survey (3-4)
3-6. To improve skills training based on the analysis of the tracer survey results (3-5)
3-7. To provide DSwDs with information on how to find employment/how to establish associations and cooperatives


Input Summary byJapanese Side


Long-term expert: Project Coordinator (one person)
Short-term experts: ToT trainers from neighbouring countries
Project expenses:
Equipment: Barrier-free renovations in STCs






Consultant Name


N/A






Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preliminary Evaluation Study

May.02,2005

 ~

May.06,2005



Monitoring Mission

Feb.23,2007

 ~

Mar.08,2007



Mid-term Evaluation Study

Oct.20,2007

 ~

Nov.08,2007




Jul.26,2008

 ~

Aug.12,2008


















































Related Project




(1)Japanese side


Technical training to the demobilised soldiers is executed in Cambodia, Republic of Eritrea, and Afghanistan. However, the technical training targetting on the demobilised soldiers with disabilities is the first time as the JICA matter.


(2)Collaboration with Other Donors


GTZ is executing technological training to the discharge from army soldier
(healthy person).






Remarks


N/A





 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(中間評価報告書 )(外部公開)2012/01/04
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/06/10
プロジェクトホームページ(英語) 2010/06/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/26/2005
12/25/2008