更新日2002/07/24
東南アジア・大洋州部

プロジェクト基本情報







20111


























主管区分


本部


本部/国内機関


02130_東南アジア・大洋州部


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0185224C0
 


910


東南アジア




対象国名


タイ


11060












対象国(その他)







 





案件名(和)


シリントン青少年職業訓練センター職業訓練計画

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間199901200201
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


旧スキーム: 個別専門家チーム派遣(旧)

 

案件概要表


詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)シリントン青少年職業訓練センター職業訓練計画




(英)Rehabilitation Program Development in the Sirindorn Vocational Training School

 





対象国名


タイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1999/01/04
 


プロジェクトサイト


ナコンパトム県
 
協力期間199901200201月 
   


相手国機関名


(和)

司法省中央観察保護センター


相手国機関名


(英)

Central Observation and Protection Center, Ministry of Justice









日本側協力機関名


法務省
 


プロジェクト概要




背景


我が国の無償資金協力により、ナコンパトム県に青少年職業訓練センターが設立され、1996年1月から使用が開始された。現在、1名のJICA個別派遣長期専門家が司法省に派遣され、技術指導を行っているが、今般、同センターをタイにおける青少年の再教育、能力開発のモデル施設とし、今後タイ全域で同様の施設を建設することが決まったことから、施設の管理運営面においても効果的・効率的なものとすべく協力要請があがった。


上位目標




プロジェクト目標


青少年の再教育、能力開発に関わる人材が養成され、全国の施設に配置されることで、青少年の社会復帰が促進される。


成果




活動


以下の4つの柱を基に活動を行う。
1. 処遇プログラム(教育・心理)の開発
2. 職員研修プログラムの開発
3. 職業訓練プログラムの開発
4. 保安システムの開発


投入




日本側投入


長期専門家(企画開発、職業訓練、フォローアップ、評価)
短期専門家(空調設備、木工、農業)
研修員受入(職業訓練センター管理運営、矯正、各訓練科目)
機材供与 (フライス盤、ホイールアライメント盤、型削り盤等)


相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


無償資金協力「青少年職業訓練センター」


(2)他ドナー等の援助活動


なし

 

Project Outline / Aperçu du Projet

詳細を表示:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet


詳細を表示:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト






各文書へのリンク

終了時評価結果要約表(平成13年度) (外部公開)2011/07/12

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/01/99
01/31/2002