更新日2003/04/30
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0061344E1
 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020












対象国(その他)







 





案件名(和)


インドネシア・国立障害者職業リハビリテーションセンター

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間199712200212
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


社会福祉の充実プログラム


プログラムID


0060035


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)インドネシア・国立障害者職業リハビリテーションセンター




(英)The Project for the National Vocational Rehabilitation Center for Disabled People

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1997/11/17
 


プロジェクトサイト


ボゴール県チビノン市(ジャカルタ中心部から南に約55km)
 
協力期間199712200212月 
   


相手国機関名


(和)

(主管機関)社会省(Ministry of Social Affairs)


相手国機関名


(英)

(Supervisory body) Ministry of Social Affairs









日本側協力機関名


厚生労働省 雇用能力開発機構 日本障害者雇用促進協会
 


プロジェクト概要




背景


近年の「イ」国の急速な経済成長の反面、社会福祉・保健医療等の社会インフラ整備は立ち遅れが目立ち、全人口の3.1%(約6百万人)が障害者であるにも関わらず、リハビリテーション体制等が未整備のため、障害者の社会的地位は低いままとなっている。このような状況の中で「イ」国政府は、障害者に対して一般雇用に結びつく職業訓練を行う新たなリハビリテーション(職業リハビリテーション)システムの構築を目指し、将来の「イ」国の中心センターとなる国立障害者職業リハビリテーションセンター(NVRC)の建設を計画した(施設は無償資金協力により建設されている)。
NVRCでは、パイロットプロジェクトとして実施された「ソロ身体障害者職業リハビリテーションセンター」の成果を踏まえ、全国の身体障害者を対象とする募集・評価・就職斡旋システムの確立、5つの職業訓練コース(金属加工、電子、印刷、縫製、コンピュータ)の実施、他の公立リハビリテーションセンター職員等に対する職員研修、身体障害者の雇用・労働市場等に関する調査・研究を行うことを計画しており、わが国に、同センターの運営に係る人材育成を目的としたプロジェクト方式技術協力を要請してきたものである。


上位目標




プロジェクト目標


国立障害者職業リハビリテーションセンター(NVRC)において、職業リハビリテーションシステムが確立される。


成果


1.NVRCの運営管理体制が確立される。
2.募集・選考システムおよび職業紹介システムが広域において実施される。
3.職業訓練が実施される。
4.社会福祉施設等の職員が養成される。
5.調査・研究の機能が確立される。


活動


1)職業指導・評価
2)職業訓練(金属加工、電子、印刷、縫製、コンピュータ)
3)職員研修
4)調査・研究


投入




日本側投入


長期専門家(チーフ・アドバイザー、職業指導・評価、職業訓練(電子)、業務調整員 計4名)
短期専門家(4~5名程度・年 職業訓練(印刷、金属加工、小型エンジン等)、調査研究他
研修員受け入れ(年間4名程度)
機材供与(知能検査・身体測定計等の測定装置、調査研究用コンピュータ、職業訓練用の追加機材等)


相手国側投入


要員:職員数11名
施設等整備:国立障害者職業リハビリテーションセンター施設


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


無償資金協力:96.97年度 約16.5億円


(2)他ドナー等の援助活動


特になし

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Apr.30,2003







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


The Project for the National Vocational Rehabilitation Center for Disabled People






Country


INDONESIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


0060035


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Cibinong City, Bogor Prefecture (Approx. 55 km south of the center of Jakarta)





Nov.17,1997
Term of Cooperation1997/12 ~2002/12


Implementing Organization


(Supervisory body) Ministry of Social Affairs


Background


In spite of rapid economic growth, Indonesia has lagged behind considerably in terms of social infrastructure such as social welfare and health care. Although the disabled accounted for 3.1% (approx. 6 million persons) of the total population, because rehabilitation systems were underdeveloped, the social status of the disabled remained low. Under these circumstances, the Indonesian Government planned to construct the National Vocational Rehabilitation Center for the Disabled People (NVRC), which would become the core facility in Indonesia in the future, with the aim of building a new rehabilitation (vocational rehabilitation) system that would provide vocational training leading to ordinary employment of the disabled. (The center is being constructed by means of grant assistance.) Based on the results of the National Rehabilitation Center for the Physically Disabled People, PROF. Dr. Soeharse, Surakarta, which was implemented as a pilot project, the NVRC was planning to set up a system for the recruitment, assessment, and placement of the disabled throughout the country, implement five vocational training courses (metal working, electronics, printing, sewing, and computing), provide training to the employees of other public rehabilitation centers, and investigate the employment and labor market for the disabled. Against this background, the Indonesian Government requested Japan to provide project-type technical cooperation aimed at training the personnel involved in the operation of the NVRC.


Overall Goal




Project Purpose


Vocational rehabilitation system is established in the National Vocational Rehabilitation Centre for Disabled People (NVRC).


Output




Project Activities


1) Vocational guidance/assessment 2) Vocational training (Metal works, Electronics, Printing, Machine sewing, and Computer) 3) Staff training 4) Research and Development


Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preliminary Study

Apr.06,1997

 ~

Apr.18,1997



Supplementary Study

Aug.17,1997

 ~

Sep.11,1997



Implementation Study

Nov.09,1997

 ~

Nov.19,1997



Management Consultation

Oct.10,1999

 ~

Oct.17,1999



Management Consultation

Jun.12,2000

 ~

Jun.30,2000




Jun.23,2002

 ~

Jul.06,2002






































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


Grant aid: approx. \1.6 billion in FY 1996 and 1997






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

終了時評価結果要約表(平成14年度) (外部公開)2010/03/05
事後評価結果要約表(平成17年度) (外部公開)2011/05/30
R/D(外部公開)2005/08/16
PDM(外部公開)2005/08/16
報告書(運営指導調査団報告書)(外部公開)2011/12/28
報告書(運営指導調査団(中間評価)報告書)(外部公開)2011/12/28
報告書(終了時評価報告書)(外部公開)2011/12/28

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

その他関連文書
FM0203XX05
R/D
案件概要表


12/01/97
12/31/2002