更新日2017/11/25
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1400293

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


セネガル


41240












対象国(その他)







 





案件名(和)


初等教育算数能力向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20150901日20190831日
 









分野課題1


教育-初等教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


基礎教育向上プログラム


プログラムID


6420000000009


援助重点分野


基礎的社会サービスの向上


開発課題


教育の向上






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表


詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)初等教育算数能力向上プロジェクト




(英)Project for Improving the Learning of Mathematics in Primary Education

 





対象国名


セネガル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2015/05/20
 


プロジェクトサイト


セネガル国全州
 
協力期間20150901日201908月 31日
   


相手国機関名


(和)

国民教育省初等教育局


相手国機関名


(英)

Direction of Primary Education, Ministry of National Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


1990年に約60%であったセネガルの初等教育総就学率は2013年には約94%に達し、大きな改善がみられる一方、急速な就学者数増加に対し、十分な能力を伴った教員の養成及び増員が追いついていない。また、小学校6年生まで進級できなかったり中退したりする児童も多く、初等教育修了試験合格率は約50%程度、総修了率も約60%程度に留まっている。加えて、教育行政の地方分権化が進められ、2002年より全ての学校に学校運営委員会を設置することが決定されたが、その全校設置や機能化は達成されておらず、地方自治体やコミュニティによる学校運営及び施設の維持管理が十分には行われていない。よって、セネガルにおける初等教育分野においては、教育の質の改善が未だ大きな課題となっていると言える。これらの課題に対し、セネガル政府は教育・訓練開発計画である「教育・訓練にかかる質・衡平性・透明性改善計画(2013-2025)」において、引き続き基礎教育の普遍化、教育法および訓練・研修にかかる質の改善、教育計画管理の地方分権化/地方分散化の強化などを主要優先課題として取り組んでいくとしている。本プロジェクトは、教育の質の改善に寄与するため、算数分野における教員用の参照教材の開発によってより質の高い授業が提供されるようになることを目指すとともに、学校運営委員会の枠組みを活用したコミュニティによる児童の学力向上のための取り組みを促進することで、コミュニティレベルからも教育の質向上に取り組むものであり、上記のセネガル国教育開発計画に沿った妥当性の高いプロジェクトである。


上位目標


セネガルの初等教育における児童の算数学力が向上する。


プロジェクト目標


児童の算数学力向上を目指したより良質な教育を提供するための取り組みがセネガル全国で実施される。


成果


1. 初等教育教員がより良質な授業を実施するために参照可能な算数分野の教員用参考書が開発される。
2. 開発された教員用参考書が小学校の授業で活用される。
3. 学校運営委員会による児童の学力向上に資する各種活動がとりまとめられ、普及される。
4. 学校運営委員会によって、児童の学力向上に資する各種活動が継続的に実施される。


活動


1-1. 算数分野の初等教育新カリキュラムおよび既存の教員用算数教材の構成や内容を分析する。
1-2. 算数分野の初等教員用参考書として開発されるべき項目内容を整理する。
1-3. 初等教育関係者間の議論に基づき、算数の教員用参考書を完成させる。
2-1. 開発された教員用算数参考書を活用するための研修を各州教員研修センターで実施する。
2-2. 教員研修センターでの研修をモニタリングし、同研修改善のための活動を実施する。
2-3. 開発された教員用算数参考書を現職教員が活用するためのクラスター研修を実施する。
3-1. CGEによる児童の学力向上のための取り組みにかかるグッドプラクティスを整理する。
3-2. CGEによって取り組み可能な児童の学力向上に資する取り組みを提案する。
3-3. 3-1および3-2で整理された活動が、普及可能な形態にとりまとめる。
4-1. CGEによる児童の学力向上に資する取組に必要な副教材を開発し、CGEの活動に導入する。
4-2. CGEによる児童の学力向上に資する活動を継続的にモニタリングおよび支援する。


投入




日本側投入


日本側投入 Input from Japanese Government
専門家:チーフアドバイザー、教員用教材開発、教員研修、CGEモニタリング、業務調整
本邦研修
供与機材:モニタリング用車輌、教員研修用資機材、事務機器


相手国側投入


カウンターパートの配置、専門家執務スペースの提供、ローカルコスト負担


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


国民教育省初等教育局が実施機関となる。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1) 我が国の援助活動 Cooperation of the Japanese ODA
 2007年より、教育の質および学校運営の改善に資する協力として、教員の理数科教授法を改善するための「理数科教育改善プロジェクト」および学校運営委員会を中心としたコミュニティによる学校運営を実現するための「教育環境改善プロジェクト」を実施し、両プロジェクトともフェーズ2にて全国展開中。
2) 他ドナー等の援助活動 Cooperation by Other Donor Agencies, etc.
【世界銀行】「初等教育の質及び衡平性改善プロジェクト(PAQUEEB)」(2013-2017)において、学校運営委員会への補助金交付、前期中等教育の理数科教授法改善、教員研修改善による教員能力向上、小中学校建設等を全州対象に実施中。
【USAID】「初等教育国語および算数改善パートナーシップ(PALME)」(2012-2015)において、国語および算数の学習成果向上を目指した教員研修、生徒の成績アセスメント、研究・評価能力向上への支援を全州対象に実施中。
【CIDA(カナダ)】2012年まで初等教育カリキュラム改訂を支援(但し、財政的支援が中心)。同カリキュラムに基づく現職教員に対する研修を2014年まで実施。また、教育省が民間出版社


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet

詳細を表示:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet


詳細を表示:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト






各文書へのリンク

事前評価表(外部公開)2017/03/03

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


09/01/2015
08/31/2019