更新日2010/04/05
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0601673

プロジェクトID(旧)


0271043E1
 


913


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


リプロダクティブヘルスフェーズ2プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20000901日20050831日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


ベトナム その他プログラム


プログラムID


0279999999999


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)リプロダクティブヘルスフェーズ2プロジェクト




(英)

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2000/07/14
 


プロジェクトサイト


ゲアン省
 
協力期間20000901日200508月 31日
   


相手国機関名


(和)

ゲアン省人民委員会・保健局・母子保健・家族計画センター


相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


財団法人 ジョイセフ(家族計画国際協力財団)、他
 


プロジェクト概要




背景


ベトナムは低所得国であるにもかかわらず、少ない予算で全国民をカバーする効率的な保健医療政策が行われてきたため、乳児死亡率は32.6(1995)、妊産婦死亡率は 100前後と保健指標は開発途上国の中では中位に位置している。  医療従事者数は周辺国より多いものの、ベトナム戦争当時に行われた暫定的な人材育成であったことから、医療従事者は十分な訓練を受けていない状況にある。このため特に妊 産婦のケアが不十分な状況にあり、公的医療施設においては周産期障害が第一の死亡原因となっている。また、妊産婦死亡率は1980年代から今日まで減少を見ていない。  このような背景のもと、ベトナム国の中でも特に貧困で、助産婦数が少ない北中部のゲアン省をモデル地域として妊産婦ケアに関わる保健行政の強化および村でのサービスの向 上を図ることを目的とする内容のプロジェクト方式技術協力をわが国に対し要請してきた。


上位目標


ゲアン省において出産年齢の女性のリプロダクティブヘルスが向上する


プロジェクト目標


ゲアン省のリプロダクティブヘルスサービスが向上する。


成果


(0)全てのレベルにおいて運営委員会が設置され、定期的かつ継続的に機能する (1)コミューンにおける安全で清潔なお産が推進される。 (2)母子保健家族計画センター(MCH/FPセンター)及び選ばれた郡保健所の管理、指導、カウンセリング能力が向上する (3)MCH/FPセンター及び選ばれた郡保健所における人工妊娠中絶数が減少する (4)MCH/FPセンターおける生殖器系感染症(RTI)の実態調査能力及び予防能力が向上する (5)RHに関するMCH/FP及び選ばれた郡、女性連合及び郡保健所の住民教育活動(IEC)の質が向上する。 (6)省保健サービス、MCH/FPセンター及び選ばれる郡における保健情報管理システム(HMIS)の質が向上する


活動


0-1 全てのレベルの運営委員会の機能や責任を明確化する。 0-2 コミューンレベルで運営委員会を接地する。 0-3 運営委員会の会合を定期的に開催する。 1-1 助産婦の再教育を実施する。 1-2 村のヘルスワーカーや産婆に対する清潔なお産の教育を行う。 1-3 医学ハンドブック・住民教育のマニュアルを作成し、郡やコミューン保健所に提供する。 2-1 1 MCH/FPセンター及び選ばれた郡保健所にモニタリング・チームを設置する。 2-2 モニタリングに関してスタッフを訓練する。 2-3 モニタリング計画を作成し、実施し、報告する。 3-1 人工妊娠中絶の現状を把握する。 3-2 カウンセリング技術についてスタッフを訓練する。 3-3 広報活動の教材を開発し、提供する。 3-4 予防活動についてモニタリングを行う。 4-1 調査チームを設置する。 4-2 RTI調査計画を作成し、実施する。 4-3 MCH/FPセンター及び選ばれた郡保健所の検査機能を強化する。 4-4 RTI予防の戦略を立てる。 5-1 IEC計画を策定する 5-2 健康教育に関するマニュアル・ガイドライン等を作成する 5-3 IECについてスタッフを育成する 6-1 HMIS向上のモデル計画を策定する 6-2 HMISについてスタッフを育成する。 6-3 定期的なモニタリングを行い、その結果を中央のHMISにフィードバックする。


投入




日本側投入


(1) 専門家派遣:    長期4名(チーフアドバイザー、業務調整、保健婦、助産婦)、各5年間(120M/M)    短期年約10名(助産婦教育、母子保健、生殖器感染症調査、臨床検査、広報教育等)、    各1ヶ月(50M/M)    民間活用(ベースラインサーベイ)3名、2年間(国内、現地 計約6M/M) (2) 研修員受入:年間3名程度 (3) 機材供与(保健所用出産キット、保育器、コンピュータ、車輌等)約1.4億円


相手国側投入


(1)カウンターパートの配置: (2)母子保健/家族計画センターにおける活動スペースの提供 (3)ローカルコストの負担: (4)その他:プロジェクトフェーズ1において研修室、プロジェクト事務所等を省MCH/FPセンター内に増築


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


国内支援委員会 有  (ジョイセフ)

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


人口特別機材(平成10年度から4年間)による分娩台、基礎医薬品、避妊具、IECキット等の供与を実施中


(2)他ドナー等の援助活動


UNFPA連携(人口特別機材供与)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Apr.05,2010







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601673


Title








Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


0279999999999


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Provincial People's Committee of Nghe An Province





Jul.14,2000
Term of Cooperation2000/09 ~2005/08


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities


For Output 0 0.1 Review and define the function and responsibilities of SCs at all levels 0.2 Review SC members in the experienced districts (8 districts) 0.3 Establish SC at district and commune levels in new project area (11 districts) 0.4 Conduct orientation of the Project to SC members of new project area 0.5 Conduct exchange of experience among experienced districts and new districts 0.6 Conduct regular meeting of DSC and PSC (quarterly) For Output 1 1.1 Retrain midwives and assistant doctor of ob/gyn 1.2 Train hamlet health worker/TBA of mountainous districts on hygienic delivery and quality RH/FP services 1.3 Provide medical book for CHCs & DHCs 1.4 Provide all commune with IEC means and materials 1.5 WU carry out IEC activities on hygienic and safe delivery 1.6 Conduct preventive activities for better understanding of implications of abortion including MRs at all levels For Output 1-1 1.1.1 Provide pregnancy check-up means 1.1.2 Promote pregnant women 2 tetanus vaccination 1.1.3 Provide pregnant women with guidance & counselling services 1.1.4 Train women's union members to have good IEC skills to promote pregnancy check-up, utilization of HBMR, and RH/FP services 1.1.5 Train midwives at district and commune level to have good skill of using Maggie Apron 1.1.6 Provide CHC with enough Maggie apron 1.1.7 Implement Aiiku-han model to manage pregnancy at hamlet level 1.1.8 Organise RH/FP promotion classes in the selected CHCs, DHCs and MCH/FP Centre 1.1.9 Increase the usage of pregnancy management box 1.1.10 Make use of HBMR in all areas of Nghe An 1.1.11 Have correct monthly data for pregnant women 1.1.12 Refer high risk pregnant women to the upper level as soon as possible For Output 1-2 1.2.1 Strengthen the capacity of MCH/FP Centre on delivery assistance skill 1.2.2 complete procedure (process) of infection control 1.2.3 Promote delivery at CHCs 1.2.4 Train on usage of partograph 1.2.5 Use partograph for deliveries at health facilities For Output 1-3 1.3.1 D


Input Summary byJapanese Side


1 Human Resource 1.1 Long-term experts Team Leader Administrative Coordinator, Midwife Public Health Nurse Demographer and others 1.2 Short-term experts MCH/FP administration RH Survey IEC Midwife Public Health Nurse Community-based MCH promotion Project Management Others 2. Equipment 3. Training 3.1 Counterpart Training in Japan 3.2 Local Training Estimated budget for 5 years Equipments: J.Yen 120~150 million Local Training and others: J.Yen 40~60 million Counterpart training in Japan: 13~16 persons The budget mentioned above is subject to change






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Supplementary Study

Apr.06,2000

 ~

Apr.28,2000



Implementation Study

Jul.09,2000

 ~

Jul.16,2000



Advisory Study

Aug.19,2001

 ~

Aug.25,2001



Advisory Study

Aug.20,2002

 ~

Aug.31,2002



Advisory Study(Mid-term Evaluation)

Aug.21,2003

 ~

Sep.02,2003




Jun.08,2005

 ~

Jun.24,2005






































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成12年度) (外部公開)2011/08/30
中間レビュー(平成15年度) (外部公開)2011/10/13
終了時評価(平成17年度) (外部公開)2011/10/13
R/D(外部公開)2006/02/06
報告書(運営指導調査団)(外部公開)2011/10/13
報告書(短期調査団および実施協議調査団)(外部公開)2011/10/13
報告書(中間評価報告書)(外部公開)2013/10/11
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2013/10/11

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

事業事前評価表/事後評価結果要約表
FM0203XX06
案件概要表


09/01/2000
08/31/2005