更新日2012/06/08
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0900815

プロジェクトID(旧)


 


925


南アジア




対象国名


アフガニスタン


14080












対象国(その他)







 





案件名(和)


職業訓練実施支援

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20090630日20100629日
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-職業訓練

 





プログラム名


その他プログラム


プログラムID


4039999999999


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)職業訓練実施支援




(英)Policy Advisor on Vocational Training

 





対象国名


アフガニスタン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


 
協力期間20090630日201006月 29日
   


相手国機関名


(和)

労働社会福祉・殉教者・障害者省


相手国機関名


(英)

Ministry of Labor, Social Affairs, Matyrs and Disabled (MoLSAMD)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


2001年から始まったアフガニスタン(以下「ア」国)の国家再建プロセスにおいて、雇用の確保は国民の生活を保障し、社会的安定を取り戻すための重要な課題で
あった。このため同国政府は、NSDP(国家技能開発プログラム)等を通じて職業・技能訓練を提供し、就職を支援してきた。2008年2月に承認されたANDS(アフガニスタン国家開発戦略)の教育分野におけるセクター戦略においても、こうした技能開発(Skills Development;SD)の重要性が確認されている。
 JICAでは、2004年1月のDDR職業訓練アドバイザー派遣を端緒として、アフガニスタンのSD分野に対する協力を行ってきた。2005年5月の技術協力プロジェクトRD締結により、プロジェクト第一ステージとして「除隊兵士の社会復帰のための基礎訓練プロジェクト」(2005年5月~2006年5月)、第二ステージとして「基礎職業訓練プロジェクト」(2006年5月~2009年6月末)を実施し、除隊兵士や社会的弱者の生計向上を目的とした職業訓練事業の実施と、それを担う労働社会・福祉・殉教者・障害者省(MoLSAMD)の能力強化を行っている。特に、プロジェクト第二ステージでは、プロジェクト成果の自立発展性確保を主な目的として、当初予定期間から1年3ヶ月の延長を行い、新たにNSDPの訓練委託資金を活用しながら訓練を継続している。当該事業は年度ごとに申請・採択の手続きを経るが、2009年4月現在、新たに1年間の委託が決定される方向でMoLSAMD・NSDP間の調整が行われているところである。
 一方で、「ア」国のSD分野は、NSDPを中心としつつも、その主務官庁であるMoLSAMDや参画メンバーに名を連ねる教育省(MoE)、「ア」国における訓練実施の大部分を担うNGO等多様なアクターが存在し、ドナーも世界銀行(WB)、ドイツ、韓国、イラン等多くの機関が関与している。ANDSによれば、将来的にはNSDPが新たにNVETB (National Vocational Education and Training Board)という当該分野全体のマネジメント機関として編成され、基本的職務遂行能力・技術水準(competency)の設定、訓練プロバイダーの許認可、訓練の質確保を目的とした検査を担うことが想定されている。しかし、その実現に向けたタイムフレームや関係者の役割分担等は未だ明らかでなく、MoLSAMDもこの中で自身が果たすべき機能や具体的事業計画を明確化しているとは言えない状況である。
 こうした中、「ア」国政府は、MoLSAMDが現在行っているNSDP活用訓練の実施を支援し、併せて今後のSD分野の動向をふまえたMoLSAMDの事業方針の策定・実施に係る支援を日本に要請してきた。


上位目標


労働社会福祉・殉教者・障害者省(MoLSAMD)により、職業訓練事業が適切に実施される。


プロジェクト目標


MoLSAMDによる職業訓練事業の計画・実施体制が整備される。


成果


1. MoLSAMDによる9地域職業訓練センター(VTC)等を活用した職業訓練事業の運営が促進される。
2. MoLSAMDが職業訓練に係る情報を管理する能力が向上される。


活動


1-1. MoLSAMDがNSDPスキームを活用し9VTCで実施する職業訓練について、以下の点を中心に運営を側面支援する。
・訓練のモニタリング・進捗管理
・実施した訓練の評価と同結果のフィードバック
1-2. 1-1で実施した訓練の修了者に対しMoLSAMDが実施する就業支援活動の側面支援を行なう。
1-3. 1-1の訓練についてMoLSAMDがNSDPに行う報告書の作成・提出を側面支援する。
1-4. MoLSAMDがこれらVTCを使用した職業訓練を実施するために活用しうる外部リソースについて、情報収集・分析の側面支援を行う。
1-5. 1-4で把握された外部リソースとの調整、及び必要手続きに係る側面支援を行なう。
1-6. KOICAとの連携によりMoLSAMD傘下のアフガニスタン・韓国職業訓練センター(AKVTC)で行う指導員能力強化のための第三国講師派遣について、講師の受入に必要な調整を日・韓・イラン側関係者と行なう。
1-7. イラン指導員訓練センター(ITC)が行なうアフガニスタン向け第三国研修について、MoLSAMD及びイラン側関係者と調整し、アフガニスタンにおける準備・調整を行なう。

2-1. MoLSAMD傘下の職業訓練の現状(保有訓練施設、及びその活用状況等)を調査・把握する。
2-2. MoLSAMD傘下の職業訓練機関のための現状の登録システムを再調査する。
2-3. 2-1と2-2を踏まえ、MoLSAMD監督下で行われている職業訓練に係るデータベースの作成を支援する。
2-4. MoLSAMDとTVETセクターの関係機関との関係を強化する。
2-5. MoLSAMDがTVETセクターの情報収集・分析することを側面支援し、その活動に反映させる。


投入




日本側投入


長期専門家:職業訓練実施支援 1名×12ヶ月(12MM)
在外事業強化費:10,350千円程度


相手国側投入


カウンターパートの配置、専門家執務室の確保


外部条件


「ア」国における治安が極端に悪化しないこと。
 


実施体制




(1)現地実施体制


MoLSAMDのSkills Development関連部局ディレクターをカウンターパートとして業務を行う。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


(ア)基礎職業訓練プロジェクト(旧:除隊兵士の社会復帰のための基礎訓練プロジェクト)の実施(2004年~2009年6月)
(イ)日本大使館 草の根無償資金協力による全国9箇所におけるVTC(職業訓練センター)の建設
(ウ)韓国KOICAとの連携による指導員能力強化(2009年5~7月頃に実施予定)


(2)他ドナー等の援助活動


(ア)国家技能開発プログラム(National Skills Development Program;NSDP)による職業・技能訓練の全国実施(~2010年)
(イ)韓国KOICAによる韓国・アフガニスタン職業訓練センター(AKVTC)の建設と職業訓練の実施(~2011)
(ウ)世界銀行(WB)による技能資格制度(National Qualification Framework)の構築、及びNSDP支援
(エ)ドイツによるマザリシャリフでの職業訓練(自動車整備分野)実施
(オ)インド、イラン政府による職業訓練センターの建設・運営

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jun.08,2012







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0900815


Title


Policy Advisor on Vocational Training






Country


AFGHANISTAN






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Vocational Training






Program Title




Program Number


4039999999999


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Term of Cooperation2009/06 ~2010/06


Implementing Organization


Ministry of Labor, Social Affairs, Matyrs and Disabled (MoLSAMD)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/30/2009
06/29/2010