更新日2017/12/05
ベトナム事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00362_ベトナム事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0902996

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


持続可能な農村開発のためのタイバック大学機能強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


有償技術支援-附帯プロ


T/A Pro. related to ODA Loan

 



協力期間20110208日20141220日
 









分野課題1


教育-高等教育


分野課題2


農村開発-その他農村開発


分野課題3




分野分類


農林水産-農業-農業一般

 





プログラム名


農業・地方開発プログラム


プログラムID


0270000000055


援助重点分野


脆弱性への対応


開発課題


社会・生活面の向上と貧困削減・格差是正






実施状況


終了


備考



 

案件概要表


詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)持続可能な農村開発のためのタイバック大学機能強化プロジェクト




(英)Project for Strengthening of Tay Bac University for Sustainable Rural Development of the Northwest Region

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2009/09/01
 


プロジェクトサイト


ソンラ省ソンラ市(タイバック大学本部所在地)/トゥアンチャウ郡(同大農林学部所在地)
 
協力期間20110208日201412月 20日
   


相手国機関名


(和)

タイバック大学


相手国機関名


(英)

Tay Bac University









日本側協力機関名


九州大学、宮崎大学
 


プロジェクト概要




背景


ベトナム国は、ドイモイ(刷新)政策」導入以降、市場経済の導入などで著しい経済成長を遂げており、また、経済成長が進む中、同国の貧困率は1998年の37.4%から2006年の16.0%へと著しい改善を見せている。他方で、都市・地方間の格差が拡大傾向にあり、同国の持続的発展にとって、このような格差是正が大きな課題となっている。中でも、北西部山岳地域4省(ライチャウ省、ディエンビエン省、ソンラ省、ホアビン省)は、少数民族が人口の約8割を占め、貧困率もいまだ50%近く(2006年)であり、貧困削減の重点地域とされている。かかる状況下、ベトナム政府は、ベトナム社会経済開発5ヵ年計画(2005-2010)において、北西部山岳地域の貧困削減への取り組みとして、地域の中核となるタイバック大学(Tay Bac University、以下TBU。Tay Bacとは「西北」を意味する)含む研究機関等の教育・研究活動との連携による地域のニーズに即した農村開発及び地域振興、少数民族への職業訓練の充実等を目標として掲げている。
 TBUはソンラ省ソンラ市に位置し、北西部山岳地域における唯一の総合大学で、地域における人材育成、地方公務員に対するトレーニング、地域社会経済発展に資する研究活動を行うことを目的に2001年に設置された。TBUは教育訓練省傘下の教育機関であり、北西部山岳地域開発において重要な役割を果たすことが期待されており、同大学農林学部が中心となり、地域の農村開発に資する人材の育成、公務員や普及員に対する短期トレーニング、コミュニティ支援活動が開始されている。
 しかし、大学自体が2001年に短期大学のステータスから総合大学になったばかりであること、特に2004年に新設された農林学部は若く経験の不足した教員が多いことなどから、上記の活動は十分に行われていない状況にある。また地方公務員や普及員に対するトレーニングのニーズが高いものの、ニーズを満たすためのTBUの研究実績やノウハウも少なく、また地域の特性に合った農業・農村開発の技術も十分に確立されていない。また、教育方法について、地域のニーズに沿った実践的な実習や実験等を踏まえた教育方法の確立も求められている。かかる状況に対し、TBUでは、大学・農林学部ともに、大学教育はもとより、地域公務員に対するトレーニングや、コミュニティ・地域支援活動を拡大・改善していく方向性を示しているものの、それを展開してくための教育・研究能力の不足、農村開発のための企画・実践の方法が十分に確立されていない状態にある。


上位目標


タイバック大学が地域をリードする人材育成・研究機関として、北西部地域の農業・農村開発の中心的役割を果たす。


プロジェクト目標


北西部地域での農村開発のためのタイバック大学の教育・研究・アウトリーチ能力が強化される。


成果


成果1:農林学部において農業・農村開発に関する地域ニーズにより適切に応えるための教育方法が改善される。
成果2:農林学部において農村開発促進のための研究活動が促進される。
成果3:農林学部において農業・農村開発に関する知識や技術を広めるためのアウトリーチ活動が促進される。


活動


1-1 農林学部における教育能力に関する現状能力評価を行う。
1-2 農業農村開発分野における地域の教育ニーズ調査を行う。
1-3 農林学部における教育活動促進のための実施体制を整備する。
1-4 教授方法を改善する。
1-5 視覚教材(写真、図、発表資料、実物教材)を開発する。
1-6 農林学部において定期的な授業観察・研究を実施する。
1-7 地域の特性に合わせるよう農林学部のカリキュラム・教材を改訂・開発する。

2-1 農林学部における研究能力に関する現状能力評価を行う。
2-2 農林学部における研究活動促進のための実施体制を整備する。
2-3 農林学部における研究環境を整備する。
2-4 農林学部における研究能力を改善する。
2-5 北西部地域の農林分野におけるニーズを分析する。
2-6 農林学部により研究活動が実施される。

3-1 農林学部におけるアウトリーチ活動実施能力に関する現状能力評価を行う。
3-2 農林学部におけるアウトリーチ活動のための実施体制を整備する。
3-3 農林学部におけるアウトリーチ活動実施能力を改善する。
3-4 北西部地域の農林分野におけるニーズを分析する。
3-5 農林学部によりアウトリーチ活動が実施される。
3-6 情報共有を促進する。


投入




日本側投入


・長期専門家派遣:業務調整
・短期専門家:チーフアドバイザー、農林分野において必要な専門家
・機材供与 :車輌(2台)、オフィス用資機材、研修機材、その他プロジェクト活動に必要な機材
・研   修:短期研修(大学の地域連携、研究能力向上等)
・在外事業強化費:プロジェクト活動に必要な経費(研修/セミナー開催費用、共同研究実施経費等)
         ベトナム人コンサルタント・専門家傭上経費(ハノイ農業大学、林業大学等)


相手国側投入


・人材の投入:プロジェクトダイレクター、プロジェクトマネージャー、プロジェクトコーディネーター、カウンターパート(数名)、庶務関連スタッフ及びその他プロジェクト活動に必要な人員(TBU農林学部関係者等により構成)
・建物・施設:プロジェクト活動に必要な日本人専門家執務室、施設の提供
・プロジェクト運営経費:カウンターパート人件費や活動費等プロジェクトに必要な経費の確保


外部条件


・教育訓練省が引き続きTBUに必要な予算を配置する。
・大学の自主性が少なくとも現状程度確保される。
・大学・学部のリーダーがプロジェクトにコミットしている。
・TBUと地元の関係機関や住民との緊密な関係が保たれる。
・トレーニングを受けたTBUの講師が継続的に大学での業務に従事する。
・TBUの使命・役割が変わらない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


タイバック大学内にプロジェクト事務所を設置し、長期専門家とTBUカウンタパートが活動を実施する。
またハノイ農業大学等、過去の技術協力案件で繋がりがある機関より、協力を得ながら活動を実施する。


(2)国内支援体制


国内支援委員会(メンバーは九州地域大学コンソーシアム、農学知的支援ネットワーク等)を設置し、専門家派遣への協力やプロジェクト運営にかかる助言を行う。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


北西部山岳地域において以下のプロジェクトが実施中、実施予定
・北西部山岳地域農村開発プロジェクト(技術協力)
・北西部水源地域における持続可能な森林経営プロジェクト(技術協力)
・貧困地域小規模インフラ整備計画にかかる参加型水管理推進プロジェクト(技術協力)
・農村地域における社会経済開発のための地場産業振興にかかる能力向上計画(技術協力)
・中小規模酪農生産技術改善計画(技術協力)
・貧困地域小規模インフラ整備事業(III)(円借款)


(2)他ドナー等の援助活動


・世界銀行:北部山岳地域を対象にNorthern Mountainous Poverty Reduction Project (NMPRP)を実施済み。
・アジア開発銀行(ADB):が地方道路、病院、学校の建設、農村インフラの整備などを実施中。
・デンマーク(DANIDA):北西部においてライチャウ、ディエンビエン、ラオカイ省を対象に農業農村開発分野における総合的支援を実施中。
・SNV (Netherlands Development Organization):ディエンビエン省やソンラ省に対して、農産品のマーケティングや観光振興などの支援を実施中。

 

Project Outline / Aperçu du Projet

詳細を表示:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet


詳細を表示:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト






各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


02/08/2011
12/20/2014