更新日2017/04/12
九州国際センター

プロジェクト基本情報







30120


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


00326_九州国際センター


在外事務所






 


案件番号



1402841

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


フィリピン


11040












対象国(その他)







 





案件名(和)


マニラ首都郊外再定住地における貧困層の子どもを対象としたライフスキル教育プログラム構築事業

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(支援型)


JPP(Support Type)

 



協力期間20141219日20161218日
 









分野課題1


教育-ノンフォーマル教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-教育

 





プログラム名


基礎社会サービス拡充プログラム(基礎教育促進)


プログラムID


0120000000050


援助重点分野


貧困層の自立支援と生活環境改善


開発課題


基礎的社会サービスの拡充






実施状況


終了


備考



 

案件概要表


詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)マニラ首都郊外再定住地における貧困層の子どもを対象としたライフスキル教育プログラム構築事業




(英)Building life skills training program for the urban poor children in Kasiglahan Resettlement Area

 





対象国名


フィリピン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2014/12/08
 


プロジェクトサイト


リサール州ロドリゲス町、サンホセ地区、カシグラハン再定住地
 
協力期間20141219日201612月 18日
   


相手国機関名


(和)

NPO リカ


相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


特定非営利活動法人ソルト・パヤタス
 


プロジェクト概要




背景


対象地域はマニラ首都圏の開発や自然災害によって、都市部貧困地区から移転してきた住民のための再定住地である。多くの住民は非正規労働者であり「貧困」がこの地の主要な問題である。義務教育であるにもかかわらず中等教育の卒業率は55%と低く、それが就職の可能性を下げ、貧困の連鎖を生んでいる。就学継続を妨げるものについて調査した結果、経済的理由に加え「あきらめ」や「自己肯定感の低さ」といった心理的傾向や行動パターンがあきらかとなった。これを受け、弊団体では2010年より就学支援と日常の様々な問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力であるライフスキル教育を組み合わせた教育支援を実施し卒業率は33%向上した。
本事業は、貧困地区の子どもたちの心理的特性や傾向に合ったライフスキル教育プログラムを、住民自身が持続的かつ主体的に実施できるようにするため、場・カリキュラム・人材育成制度を整備するものである。貧しく困難の多い環境に生まれたとしても、自身の変わる力、変える力を信じ、周囲と助け合い困難に挑戦して改善や向上を生み出す人材を、貧困地区住民の中により多く増やすことを目指す。


上位目標


日常の様々な問題や要求に対し、建設的かつ効果的に対処するために必要不可欠な能力「ライフスキル」が、貧困家庭の子どもたちに強化される。


プロジェクト目標


貧困層の子どもたちの特性や傾向に合ったライフスキル教育プログラムが構築される


成果


1.子どもエンパワメントセンターが設立され、ライフスキル教育の拠点として維持管理される
2.ライフスキル教育プログラムのカリキュラムと教材が整備される
3.ライフスキル教育を実施するトレーナーが地域の中で育成される


活動


1.建築安全基準を満たしたセンターを住民参加型で整備、住民自身が運営できるよう維持管理能力を育成する
2.ライフスキル測定の指標を作成し、ライフスキル教育プログラム実施ガイドラインおよび実施マニュアルを作成する
3.ライフスキルトレーナー育成研修計画作成、育成する


投入




日本側投入


【人材】6名
プロジェクト・マネージャー
現地調整員        
日本事務局調整・管理・経理
専門家(建築士)
専門家(ライフスキル教育)
専門家(人材育成・組織運営)
【資機材】
子どもエンパワメントセンター建設用 工事資機材
センター内の図書室の図書・教材・教育用具・家具・備品
ライフスキル教育活動で出される子どもへの学用品


相手国側投入


【人材】5名
サブ・プロジェクト・マネージャー
プロジェクト・オフィサー(ライフスキル教育)
プロジェクト・オフィサー(組織化・人材育成)
フィールド・コーディネーター(設計・建設)
会計事務スタッフ


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


NPOリカ
ロドリゲス町


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet

詳細を表示:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet


詳細を表示:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト






各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/19/2014
12/18/2016