更新日2010/05/18
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0331193E0
 


915


東アジア




対象国名


中華人民共和国


12010












対象国(その他)







 





案件名(和)


実験動物人材養成センター

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間199207199706
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


評価表を元に作成

 

案件概要表


詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)実験動物人材養成センター




(英)

 





対象国名


中華人民共和国


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


 
協力期間199207199706月 
   


相手国機関名


(和)

国家科学技術委員会、中国医学科学院実験動物研究所


相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


1-1 協力の背景
実験動物の利用は生命科学を発達させる上で必要不可欠だが、中国におけるこの分野の研究レベルは国際水準に照ら
して未熟で、系統的な研究体制も整っていなかったために、医学・薬学などの分野における研究や応用にマイナスの
影響を及ぼしていた。このため中国国家科学技術委員会は1988年、実験動物の育種、品質管理、技術者の育成、情報
収集の4点を重点項目に定めた「実験動物管理条例」を制定し、実験動物関連の研究開発を国家重点研究課題と位置
付けるとともに、89年、中国政府は我が国に対し実験動物人材養成センターにおけるプロジェクト方式技術協力を要
請した。
1-2 協力内容
中国における実験動物技術者を養成するために、実験動物人材養成センターに対して、都市開発手法の開発・研修教
材の作成・研修コースの開発及びインストラクターの養成、基礎コースの実施に関する協力活動を行う。


上位目標


中国で実験動物の飼育管理・利用にかかわる専門家が必要な人数養成される。


プロジェクト目標


実験動物人材養成センターの技術者が、7項目の実験動物技術研修を実施できるようになる。


成果


1)実験動物の維持・飼育管理技術が確立する。
2)実験動物の生産技術が確立する。
3)実験動物の利用技術が確立する。
4)実験動物に関わる研修の実施態勢が整う。


活動




投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet

詳細を表示:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet


詳細を表示:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト






各文書へのリンク

事後評価結果要約表(平成14年度) (外部公開)2011/05/30
報告書(終了時評価報告書)(外部公開)2013/06/11
報告書(実施協議調査団報告書)(外部公開)2013/06/11
報告書(事前調査団報告書 )(外部公開)2013/06/11
報告書(巡回指導調査団報告書)(外部公開)2013/06/11
報告書(計画打合せ調査団報告書)(外部公開)2013/06/11

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


07/01/92
06/30/97