更新日2010/07/01
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0603068

プロジェクトID(旧)


2335043E0
 


200


北米・中南米地域




対象国名


グアテマラ


31150












対象国(その他)







 





案件名(和)


算数指導力向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20060401日20090331日
 









分野課題1


教育-初等教育


分野課題2


貧困削減-貧困削減


分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-基礎教育

 





プログラム名


保健衛生及び基礎教育改善プログラム


プログラムID


2330000000001


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表


詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)算数指導力向上プロジェクト




(英)The Project of Improvement on Mathematics Teaching for Primary Education

 





対象国名


グアテマラ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2006/03/20
 


プロジェクトサイト


グアテマラシティ
 
協力期間20060401日200903月 31日
   


相手国機関名


(和)

教育省


相手国機関名


(英)

Ministerio de Educacion









日本側協力機関名


筑波大学
 


プロジェクト概要




背景


グアテマラ政府はカリキュラム改編を中心とした教育改革を進めており「教育の質の国家・国際基準への適合」「教員養成・研修制度の強化」など8つの政策を掲げ最終的な目 標として地方中小企業強化を通じた国家経済活性化のボトムアップを目指している。優先課題は「社会的弱者集団」,「初等教育の中退率・退学率の減少」「児童の学習の質の改 善」「教員養成・研修システムの構築」「競争世界の中の教育」である。  しかしながら、2001年に実施されたPRONERE(国家児童学習達成度評価プログラム)によると、児童の成績は全般に低い(正答率は3年生:読み書き55.29%、 算数46.14%、6年生:読み書き48.52%、算数59.27%)。また、現職教員研修システムは現在デザイン見直し中のため機能していない。  かかる状況のもと、我が国は2002年より2005年まで、パイロット校(4県合計16校、教員300名、児童5000名)を対象とした青年海外協力隊員(JOCV)チ ーム派遣「初等教育算数科学力向上プロジェクト」を実施した。同チーム派遣は、ホンジュラス算数科指導力向上プロジェクト(PROMETAM)の教材を参考にしながらグア テマラのカリキュラムに沿った1-3年生の算数教材(教員用指導書、児童用作業帳)の開発や、同教材を活用するための教員研修などを行った。2005年11月に実施された 終了時評価では、パイロット校の児童の成績の向上など顕著な成果が確認された。  上記チーム派遣は2005年12月で終了するところ、グアテマラ政府は、PROMETAM広域協力(2006年4月開始予定)を活用し、4 -6年生の算数教材完成と教 育省職員等グアテマラ側人材の育成のための支援を我が国に対し要請した。


上位目標


初等教育においてプロジェクト対象地域の算数指導力が向上する。


プロジェクト目標


初等教育算数科第1学年から第6学年までの教員用指導書と児童用作業帳が完成する。


成果


1. コアグループの算数教育に関する能力が強化される。
2. 初等教育算数科第1学年から第6学年までの教員用指導書と児童用作業帳のドラフトのバリデーションが完了する。


活動


1-1.研修計画を作成する。
1-2.広域プロジェクトが実施する各種研修に参加する。
1-3.コミュニケーションネットワークを通じて他の広域対象諸国のコアグループと知識・経験を共有する。
1-4.プロジェクトの進捗状況について定期的に広報・発表する。
2-1.カリキュラム分析を行う。
2-2.PROMETAM教材の内容を分析する。
2-3.グアテマラの状況に合わせ、バリデーション用の指導書および作業帳を作成する。
2-4.バリデーションの計画を作成する。
2-5.バリデーション協力校の教員に対して指導書と作業帳の使用法に関する研修を行う。
2-6.バリデーション協力校の教員がコアグループの作成した指導書と作業帳を使用して授業を行う。
2-7.バリデーション協力校において調査を行う(授業観察、インタビューなど)。
2-8.バリデーション協力校における調査結果を分析する。
2-9.調査結果に基づき指導書と作業帳の内容を改訂する。


投入




日本側投入


a. 調整チーム(コーディネーター、技術コンサルタントなど、現地人材を活用)
b. コアグループに対する研修(日本およびホンジュラスなど)
c. プロジェクト実施に必要な経費(バリデーション対象校で試用する教材印刷費など)
d. ホンジュラスPROMETAMからの技術支援(保管研修およびモニタリング。対象国のニーズに基づく)


相手国側投入


a. カウンターパートの配置 (コアグループ3名:教育省教育開発局技術次長、同局継続研修コーディネーター、算数教育担当職員)
b. 教育省におけるプロジェクトオフィスおよびプロジェクト実施に必要な設備
c. プロジェクト実施に必要な経費


外部条件


・初等算数のカリキュラムに変更が生じない。
・現行の教育政策フレームワークに変更が生じない。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


筑波大学

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


青年海外協力隊派遣


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet

詳細を表示:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet


詳細を表示:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト






各文書へのリンク

R/D(外部公開)2006/04/01
プロジェクト・ドキュメント/PO(英・西)(外部公開)2006/04/01
PDM(英・西)(外部公開)2006/04/01
報告書(実施協議報告書(付・事前評価調査報告書))(外部公開)2011/09/07
報告書(中間評価調査報告書)(外部公開)2011/09/07
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2011/09/07

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表

18

04/01/2006
03/31/2009