更新日2014/12/18
ガーナ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00448_ガーナ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0800840

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ガーナ


41150












対象国(その他)







 





案件名(和)


現職教員研修運営管理能力強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20090615日20130314日
 









分野課題1


教育-初等教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-基礎教育

 





プログラム名


貧困地域基礎教育改善支援


プログラムID


5120000000011


援助重点分野


地方農村部の活性化


開発課題


基礎生活分野の改善






実施状況


終了


備考


特になし

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)現職教員研修運営管理能力強化プロジェクト




(英)Project for Strengthening the Capacity of INSET Management

 





対象国名


ガーナ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2009/03/31
 


プロジェクトサイト


全国
 
協力期間20090615日201303月 14日
   


相手国機関名


(和)

ガーナ教育サービス


相手国機関名


(英)

Ghana Education Service









日本側協力機関名


特になし
 


プロジェクト概要




背景


ガーナ国(以下ガ国)は、教育を国家開発における枢要と位置づけ、1992年の憲法改正では「基礎教育は国民の義務であり無償で提供される」と定める他、国家開発計画にあたる『第2次貧困削減戦略(GPRSII)2006-09年』でも重点分野に位置づけ、1994年には基礎教育無償義務化プログラム(fCUBE)を開始、セクター開発計画にあたる『教育戦略計画 (ESP) 2003-2015』を策定、2004年の教育白書からの一連の教育改革、2005年のキャピテーション・グラントの導入等に取り組んできた。特に基礎教育の量的な拡充に優先的に取り組み、初等教育における総就学率は、2006年には9割強に達した。
 しかしながら、教育の質の改善については多くの課題を残している。特に公立学校の教員の質の低さ(基礎学力及び指導力不足)は深刻であり、児童の学習理解向上を妨げる最大の要因となっている。教員の質の低さの主な要因としては、体系的な現職教員研修(INSET)制度の未構築が挙げられる。そのため、これまでも複数のドナーの支援によりINSETプログラムが実施されてきたが、その多くは「供給主導型」で単発的であり、汎用性が高く制度化された「需要主導型」のINSETが必要とされてきた。
 かかる状況の下、我が国はガ国政府の要請を受け、2000年3月から2005年8月まで技術協力プロジェクト「ガーナ小中学校理数科教育改善計画(STMプロジェクト)」、また2005年12月から2008年11月まで「現職教員研修政策実施支援計画(INSETプロジェクト・フェーズ1)」を実施し、全国138郡のうちパイロット10郡を対象として、理数科のINSETモデル{校内研修(SBI)/クラスター研修(CBI)}の開発、INSET実施ガイドラインや教授法改善マニュアルの作成、実施体制・能力の強化、啓発・制度化支援等を行った。
 これらの我が国の支援実績を受け、ガ国政府は同INSETモデルを全国展開するため、2009年に第1グループ57郡、2010年に第2グループ71郡を対象にINSET活動を順次拡大していくINSET全国展開プログラムの詳細計画および予算を策定し、我が国に本プログラムの円滑な促進に係る支援を要請した。かかる要請を受け、体系的かつ質の高いINSETの運営管理体制の強化に係る支援を目的に、本案件は2009年から2013年を実施期間として開始された。なお、プロジェクト開始後に郡が分割したため、現在の対象郡は全国170郡となっている。


上位目標


理数科分野における公立小学校教員の指導力が向上する。


プロジェクト目標


理数科分野において、体系的かつ質の高い現職教員研修(INSET)を全国展開するための運営管理体制が確立・強化される


成果


1.国家INSETユニット(NIU)のINSETに関する運営管理能力が強化される。
2.リージョナル・マスター・トレーナー(RMT)およびディストリクト・マスター・トレーナー(DMT)のINSETに関する指導力が向上する。
3.郡INSET委員会(DIC)のINSETに関する運営管理能力、ならびに郡教員支援チーム(DTST)のINSETに関する指導力が強化される。
4.INSETの体系化および質の向上に向けたモニタリング・評価体制が確立・強化される。
5.INSET支援体制が強化される。


活動


1-1 INSET関連活動の年間スケジュールを作成する。
1-2 INSETソースブックを印刷する。
1-3 INSETソースブックを配布する。
1-4 NIUを対象としたINSETに関する運営管理研修を実施する。
1-5 郡教育事務所長(DDE)に対してINSET関連予算の確保を働きかける。
1-6 DMT、DICおよびDTSTを対象としたオリエンテーション/研修実施のための調整を行う。
1-7 HTオリエンテーションおよびCLオリエンテーション/研修の実施に向けてDDEを支援する。
1-8 HTオリエンテーションおよびCLオリエンテーション/研修の実施をフォローする。
1-9 INSET全国展開プログラムの内容を再検討・改訂する。
1-10 必要に応じてINSET国家ガイドラインおよびINSETソースブックの内容を再検討・改訂する。
1-11 ガーナ教育サービス(GES)および教育省(MOE)内のINSET関連事項を調整する。
1-12 国家INSET委員会(NIC)会議を開催する。
2-1 NIUはREOおよび郡教育事務所(DEO)を対象としたオリエンテーションを行う。
2-2 MTを選定する。
2-3 MTを対象としたINSETの指導に関するオリエンテーションおよび研修を行う。
2-4 MTを対象としたモニタリング研修を行う。
2-5 NIUはMTに対して、効果的なINSET指導およびモニタリングのための専門的な支援を提供する。
2-6 MTは郡レベルの活動をモニタリングする。
3-1 NIUはDICを対象としたINSET運営管理のためのオリエンテーションを行う。
3-2 NIUおよびMTはDICに対して、DTSTメンバーを選定するための支援を行う。
3-3 MTは、DTST、郡研修担当官(DTO)、指導担当郡教育事務所次長(AD-Sups)を対象としたINSET指導に関するオリエンテーションおよび研修を行う。
3-4 NIUおよびMTは、DICに対して、HTおよびCS対象のオリエンテーションおよび研修の円滑な実施のための専門的な支援を提供する。
3-5 MTはDTSTに対して、CL対象のオリエンテーション/研修の円滑な実施のための専門的な支援を提供する。
3-6 NIUおよびMTはDICおよびDTSTの課題を確認する。
3-7 NIUは新しく任命されたDICメンバーに対するオリエンテーションを行う。
3-8 MTは定期的なDTST研修を促進する。
4-1 NIUはAIPRの作成状況をモニタリングする。
4-2 NIUは各DEOからAIPRを収集する。
4-3 NIUはAIPRを分析する。
4-4 NIUは分析結果を次年度の年間活動にフィードバックする。
4-5 NIU年次報告書を作成する。
4-6 教員のための授業観察ツールを改訂する。
4-7 サンプリング調査として、NIUはパイロット10郡および第1バッチ郡から選定された学校において授業観察を行う。
4-8 エンドライン調査(サンプリング調査)を行う。
5-1 パイロット10郡から抽出された経験、教訓および結果を共有する。
5-2 INSETに関する情報を普及させるための関係者セミナーを開催する。
5-3 年次ニュースレターを発行する。
5-4 ベスト教員賞、ベストCL賞、ベストDTST賞、ベストMT賞のような奨励制度を推進する。
5-5 INSET実践内容を教育政策文書/プログラムに組み込むために、MOE関連組織・部局およびGES部局との連携を進める。


投入




日本側投入


1.専門家(チーフ・アドバイザー/INSET制度1、INSET制度2、INSET計画・管理・調整、理数科教育/SBI/授業観察1、理数科教育/SBI/授業観察2、モニタリング・評価、業務調整)
2.本邦および第三国研修
3.プロジェクト活動に必要な機材供与
4.JICA専門家の活動に必要な現地活動費


相手国側投入


1.カウンターパートの配置(プロジェクト・ディレクター(GES総裁)、プロジェクト・マネージャー(TED局長)、NIUプログラム・コーディネーター、NIUアシスタント・プログラム・コーディネーター、NIU内のナショナル・トレーナー(NT)4名)
2.事務職員3名の配置(秘書1名、運転手2名)
3.TED施設内に専門家及びカウンターパートの執務室および研修室の提供
4.州教育事務所(REO)、州レベルのNT、郡INSET委員会(DIC)、郡教員支援チーム(DTST)、郡研修担当官(DTO)、指導担当郡教育事務所次長(AD-Sups)、指導主事(CS)、校長(HT)及び教務主任(CL)を対象としたオリエンテーション及び研修に必要な費用
5.INSETソースブックの印刷・配布費
6.郡レベルでのモニタリング活動に必要な現地活動費


外部条件


【活動→アウトプット】1.INSET全国展開プログラムに必要な予算が、ガーナ国政府により国家・郡・学校それぞれのレベルで提供される。2.オリエンテーション/研修を受講したINSET関係者の離職率が急激に増加しない。
【アウトプット→プロジェクト目標】オリエンテーション/研修を通じて習得されたHTやCLの知識や技能が、学校内で共有される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


<C/P機関:ガーナ教育サービス(GES)>
・中央レベル:最高意思決定機関-国家INSET委員会(NIC)/運営管理部隊-教師教育局(TED)内国家INSETユニット(NIU)
・州レベル:州教育事務所(REO)、教科・指導支援者-リージョナル・マスター・トレーナー(RMT、主に教員養成校教員(TTC)兼務)
・郡レベル:実施運営管理部隊-郡教育事務所(DEO)内郡INSET委員会(DIC:事務所長・指導担当次長・計画担当官・会計担当官・調達担当官・研修担当官等を含む)/教科・指導支援者-DEO内郡教員支援チーム(DTST:DEO内指導主事(CS)・中学高等学校教員等)/DEO内指導主事(CS)
・学校レベル:実施運営管理者-校長(HT)、研修企画調整者-教務主任(CL)、一般教員


(2)国内支援体制


特になし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


【技プロ】「小学校理数科教育強化計画」(2000年3月-2005年8月)、「現職教員研修政策実施支援計画」(2005年12月-2008年11月)
【JICAボランティア派遣】JOCV「小学校教諭」、「理数科教師」が郡教育事務所、教員養成校に配属。
【本邦研修】国別研修「理数科教授法改善」(JICA中国)、他課題別研修。
【SMASE-WECSA(アフリカ理数科教育強化)ネットワーク】2001年設立。2009年2月時点で加盟国33カ国。主な活動はネットワーク内の研修や経験共有、人材交流など。役員は加盟国から選出、事務局はケニア理数科教育強化プロジェクト内に設置。


(2)他ドナー等の援助活動


1. DFID:セクター財政支援:本案件が支援するINSET全国展開プログラムの内、郡レベル支出活動(HT/CL研修など)はガ国政府中期支出枠組(MTEF)の予算の中で、DFIDの資金により支援されている。
2. キャピテーション・グラント:2005年度から開始され、現在児童一人あたり4.5セディが補助金として学校レベルに配賦される。学校は本補助金をSBI/CBIの実施経費と活用している。
3. USAID、NGO等が郡レベル活動への支援を行っている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Dec.18,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800840


Title


Project for Strengthening the Capacity of INSET Management






Country


GHANA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Primary Education


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Primary Education






Program Title


Improvement of Basic Education in Deprived Areas


Program Number


5120000000011


Cooperation Priority Area


Rural Development


Development Issue


Improvement of Basic Social Services in Deprived Areas






Project Site


Nationwide





Mar.31,2009
Term of Cooperation2009/06 ~2013/03


Implementing Organization


Ghana Education Service


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Feb.08,2009

 ~

Feb.27,2009




Feb.08,2011

 ~

Feb.27,2011




Oct.12,2012

 ~

Oct.31,2012
























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成20年度) (外部公開)2011/02/17
中間レビュー(平成22年度) (外部公開)2011/10/26
終了時評価(平成24年度) (外部公開)2013/04/10
PDM((英))(外部公開)2009/03/31
プロジェクト・ドキュメント/PO(和・英)(外部公開)2009/03/31
R/D(外部公開)2010/03/19
PDM((和))(外部公開)2011/07/25
報告書(実施協議報告書)(外部公開)2011/08/08
報告書(中間レビュー調査報告書)(外部公開)2011/12/27
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2013/06/03
事業完了報告書((和・英))(外部公開)2017/05/11
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/07/06

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/15/2009
03/14/2013